ピクシブ百科事典

アガリアレプト

あがりあれぷと

アガリアレプト(Agaliarept)は、ヨーロッパの伝承に伝わる悪魔の1人。
目次[非表示]

概要

魔術や悪魔学に関して記したグリモワールと呼ばれる一連の文献においてその名前が見られる。18世紀もしくは19世紀に民間に流布したグリモワールの1つである『真正奥義書』によれば、アガリアレプトはルシファーの配下の悪魔であり、ルシファーサタナキアとともにヨーロッパ・アジアに住まう。
『大奥義書』によれば、地獄の3人の支配者ルシファー、ベルゼブブアスタロトに仕える6柱の上級精霊の1柱であり、サタナキアとともに将軍・司令官を勤める。精霊の第2軍団を指揮しており、ブエルグシオンボティスを配下に持つ。

また、世界中の宮廷や政府が秘している機密を明らかにし、どんなに崇高な謎でも解明してしまう力を持つとされる。

アガリアレプトの名を冠したキャラクター

  1. 東方オリジナル』の一つ『東方焜夢燿』に登場するキャラクター。
  2. 足洗邸の住人たち。』などのみなぎ得一作品に登場するキャラクター。
  3. まじしゃんず・あかでみい』に登場するキャラクター。
  4. 左門くんはサモナー』に登場するキャラクター。


東方焜夢燿のアガリアレプト

東方焜夢燿5面ボス、6面中ボス。
二つ名は「謎解きのスペシャリスト」、能力は「封を操る程度の能力」。
その体は小さく、本含めてひまわり妖精ほどしかない。
封を操るは謎を解くと同じような感じで使われている。
夢幻泡影の従者かつ、邯鄲の塔の門番。



足洗邸の住人たち。のアガリアレプト

基本的には概要の悪魔学におけるアガリアレプトと同一の存在。。
H.N.「失ワレタ世界(ドイル)」。
肩書は中央七支柱第二軍団長「解明大公」「解王」。
悪魔を模したようなコートを羽織り、フードを目深にかぶっている白髪紅眼の少年の姿を取る。
司令として実質的に七支柱を指揮する立場にある。大太テロ事件においては、
中央に関する機密データが保存された廃棄王のメモリーを得るため、わざわざ前線にまで出向いた。
メフィストバアル・ゼブスとは裏で意見を交わしている。
非常に扱いにくい、面倒くさい性格をしている。七支柱司令として世界統治を担う傍ら、様々な実験的行動も厭わない。
一癖も二癖もある七支柱の軍団長に手を焼いている

アガリアレプト司令



まじしゃんず・あかでみいのアガリアレプト

魔界の大悪魔で、長髪の美形だが独特の美学を持ち特攻服を着たり痛車に乗っていたりする。
ライトノベル作家の浅井ラボがモデルになっている。一応シンクラヴィアの上司。
18禁のDVDを大人買いすることや痛車の基盤に高級車を使う、萌グッズに付いてくる特典にうるさい、趣味はギャルゲーと美少女アニメの編集などの重度のオタク。

左門くんはサモナーのアガリアレプト

アガっち


赤き竜の六柱の第三柱にして司令。地獄のNo.6。ネビロス少将の上官で見た目とは裏に結構部下思いでフランクな悪魔。
見た目はおっさんでドラマの私立探偵のようなスーツ+サスペンダーの出で立ち。
能力はあらゆる機密を解明すると言う、謎を解くのには便利だがそれ以外だとカードの絵柄を当てたりすることにしか使われない。
明かすべきではない秘密は能力で明かせても明かさないようにしている。(パソコンのパスワード)

サタナキアとよく行動することが多い。
サルガタナスとのコンビは泥棒コンビと呼ばれて、上司であるルキフグスよりも、
ネビロスの恋を応援したりしている。

六将の中では仕事に一番不真面目(本人評価)その割には仕事が出来る方。
そのためかは不明だが四将であるフルーレティには頭が上がらず、振り回され、こき使われている。上司のハズなのに。
フルーレティの自分以外の将評価その2は他がスイーツ軍団長やヒキオタ宰相と言われていたのに対し、彼だけオッサンだった。

関連タグ

悪魔 デーモン 東方焜夢燿 足洗邸の住人たち。 まじしゃんず・あかでみい 左門くんはサモナー

pixivに投稿された作品 pixivで「アガリアレプト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60711

コメント