2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

主にコミックガムで活動している。作品の多くはクロスオーバー になっており、大体大召喚という儀式が行われた後の世界観となっている。
そのため多くの妖怪悪魔妖精が登場する、中にはUMA都市伝説が登場することも。
作中の妖怪などは自身の作品の付喪神文車妖妃のしおりちゃんが解説する。

作風

作中の妖怪などは実際の伝承を元にアレンジした者が多いが、中央七支柱など佐藤有文の著書のオマージュも見受けられる。
オノマトペはアメコミを元にしたアルファベット表記のものや鬼印(キィン)雑ッ(ザッ) などの当て字も多い。
登場人物は日本人のような名前でも苗字と名前を「・」で区切るのが特徴。
実在の人物も水木・茂伊藤・潤二かない・みかとなる。
パロディも多いが、モブキャラに版権キャラらしき者も登場する、読む時に探すのもおもしろいかもしれない。
長らく作画はアナログだったが、現在はデジタル。
アシスタントは足洗邸の住人たち。連載中から募集しているがなかなか見つからない。

人物

2017年に結婚、2018年に第一子が誕生している。

コミックガムや単行本のコメントによると、仮面ライダーシリーズ(モブに仮面ライダークウガが登場)や水木しげる作品は好きだが、仮面ライダー響鬼5期鬼太郎はあまり好きではない。
貧乳派、らしい。
格闘ゲームファンであり、作中で登場人物がそのこだわりを語るシーンもある。

作品

「大召喚」が起こる遥か前の時代が舞台。主人公は仙・義虎

以下の作品は、「大召喚」から20年以上経った時代が舞台。

主人公は須美津・義鷹。『足洗邸』第4~7巻と同時期に、別の場所で起こった事件を描く。

主人公は田村・福太郎

主人公は二ツ岩・魔魅久木・初音光前寺・保由

主人公は吾田・鹿葦津吾田・石長

主人公はアブラアム・トゥルビヨン

作品世界設定

みなぎ作品のほとんどは同一の世界を舞台にする、アメコミ映画で用いられる「ユニバース」方式が採用されている。
ある作品が別の作品の過去、あるいは未来の出来事、同時期に起きた別の場所の出来事を描いており、キャラクターも複数の作品に登場する。
正式な名称はないが、劇中での表現から「混淆世界」、作者の名前から「みなぎワールド」と呼ばれることもある。

概要

とある人間の魔術師と、十柱の神(悪魔)「十支王」による大規模儀式「大召喚」により、それまで空想上の存在として人間に認知されていた神・悪魔・妖精・精霊・妖怪・都市伝説の怪物と言ったものが人間世界に「召喚」された世界。
召喚された異世界の住人達はそのまま人間世界に定住し、人間と人間以外が共存する「混淆世界」が成立した。

中央

既存の規範が無意味となった世界を魔術結社「北方の混沌(アー・グラ・ケイオス)」が掌握し、そのまま政府機関となった。
その政府機関と、彼らが支配する世界7か所の都市国家を「中央」と呼ぶ。
トップは大召喚の首謀者たちである「十支王」が務め、軍部として地獄の七大悪魔を軍団長とした「七支柱」および各セクションが存在する。
市民は、「666」の獣の数字を用いた「社会保障ナンバー」を額か手の甲に刺青として刻まれ、それが「中央の市民」である証拠となっている(数字がない者は、各種保障制度はおろか、買い物すらできない)。

鎮伏屋(ハンター)

いわゆる賞金稼ぎ。市井で起きる怪異絡みの事件は軍だけでは対処しきれないため、認可が下りた鎮伏屋に怪異を討伐させている。
鎮伏屋にはハンターネーム(H.N.)が与えられる。これは、現実世界で出版された本とその作者名という構成になっている(例:「失ワレタ世界」と書いて「ドイル」と読む)。

怪異

中央によって怪異認定を受けた、人民や世界に危険を及ぼす存在。協議では「大太解体魔人」とその僕使を指す。

関連タグ

妖怪 悪魔 クロスオーバー

猫車 イラストを多数投稿している。

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「みなぎ得一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95496

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました