ピクシブ百科事典

傘化け

かさばけ

唐傘お化けの表記揺れの1つだが、ここでは主にゲゲゲの鬼太郎に登場する唐傘お化けについて解説する。

CV/兼本新吾(2期)、小林通孝平野正人(3期)、草尾毅(4期)、小西克幸高戸靖広(5期(第53話以降))、稲田徹(6期)、金子はりい(異聞妖怪奇譚)、デーブ・スペクター(実写映画版)

概要

初出は原作では貸本「ボクは新入生」(ブリガドーンに住んでいる幼い個体)、連載作品では「電気妖怪」、アニメでは第1期、第7話「幽霊列車」に登場。
カサちゃん、カサやん、 からかさ小僧、 唐傘など作品ごとに複数の呼び名で呼ばれる、ご存じ付喪神の中でも割とポピュラーな、古びた傘が妖怪化した唐傘のお化け

傘に、口の無い大きな一つ目の顔に両腕と一本足が生えた姿をしており、作品によっては口がある場合もある。両腕は引っ込めることが可能。ちなみに体の色は原作では茶色だがアニメでは暗い赤色である場合が多い。

一本足を軸にして回転に由来する多彩な技を持ち合わせており、飛行、催眠術、体を鋸に見立てた切断技に攻撃の跳ね返し、強風を起こす事や目から高出力の熱線を発射する必殺技など、見た目に反して実はものすごく強い妖怪だったりする。
なお、熱線は輪入道同様、鏡で反射されてしまう弱点が存在する。

「電気妖怪」(第1期、第25話)ではゲゲゲの森の住人である2人の傘化けが鬼太郎子泣き爺の2人をかみなりの住み家に運ぶ活躍を見せた他、第1期第7話では妖怪ショーに参加するも乱暴な2人組に骨を抜かれてしまうという憂き目を見てしまった。

第2期(原作サンデー版)第24話「傘化け」ではねずみ男に騙されて鬼太郎から霊毛ちゃんちゃんこを奪い、その霊力をもってしてとある大富豪の一人息子に化けると本物と入れ替わって全財産を奪い取り遊んで暮らそうと目論む。一度は鬼太郎にその多彩な能力を十二分に発揮して勝利を収めるほどの実力者だが、最後は熱線を鏡で反射され自身が黒焦げになり敗北。その後、実はねずみ男が鬼太郎に自分を退治させた上で、真相を知った富豪から礼金をたんまりせしめようとしていた事を知り激怒。ねずみ男を勘弁する代わりに当分の間召使としてこき使うことにした。

また、彼とは別人の「カサやん」との愛称(?)で呼ばれる傘化けも登場しており、「鬼太郎のお化け旅行」の第15話では海外遠征中の鬼太郎ファミリーたちの元へとやってくると、彼らが日本を留守にしている事を良い事に再び日本の悪い妖怪たちが活動を開始し始めた事を告げると、彼らには約日本へと帰還できるようにするためにバックベアードとの戦いに加勢する。続く16話では帰途の途中で遭遇したハイジャック犯たちを撃退するが、ねずみ男とともにブードーの秘曲を盗んでしまった為にその後どえらい事態を招く事となってしまった。

雪姫編では悪い妖怪として生を受けた存在という設定で登場し、熱線を放ちながら暴れ回ったり、雪姫を攫ってこき使うなどの悪事を働くも、最後は鏡台で熱線を反射され燃え尽き退治された。

第3期では6話、26話で「からかさ小僧」、23話などでは「化け傘」という名で登場。
本作では終始味方として登場しており、23話では雨山博士が施してくれたコーティングでかみなりの放電攻撃を防いだり、26話では妖怪野球チームの選手としてバット代わりに和傘を振って試合初のヒットを放つなどの活躍をするほか、空輸力として頻繁に準レギュラーとして頻繁に登場し、多数の傘化け達が飛び回る事もあった。また、「幽霊大戦争」では複数の傘化けたちがぬりかべを事件現場へと運ぶ活躍を見せていた。

第4期では31話で初登場。目玉おやじ曰く「オバケの良い性格」だが、頭はあまり良い方ではないらしい。
こちらの設定では無人となった炭鉱でひっそりと暮らしていたが、仙人を語るねずみ男に唆されて鬼太郎に襲い掛かり(実際にはねずみ男が犯人なのだが)霊毛ちゃんちゃんこを奪い取るとその霊力で1年前に亡くなった大富豪の老人・伊集院寿太郎に化けてその妻であるタエの前に現れて屋敷で暮らすが、自分を夫だと思い込んでいるタエの語った「多忙な金持ちになる前の貧乏な暮らしのほうが長く一緒にいられて幸せだった」という言葉を受け「幸せとは決してお金があることではない」という事に気付かされる。
その後、ちゃんちゃんこの反応を辿ってやって来た鬼太郎と再び対峙するが、激闘の末にちゃんちゃんこを奪い返されてしまい、最後は奪い返されたちゃんちゃんこで目隠しをされ落下してきた所に逆エビ固めを受けギブアップし敗北。敗北後、鬼太郎に自分を唆した千人の似顔絵を描いて黒幕がねずみ男であったことを伝えた。
その後、鬼太郎に最後にもう一度だけちゃんちゃんこを貸してほしいとお願いすると、大切な事を教えてくれたお礼として寿太郎を演じてタエの前に現れると、「自分はもう死んでいるが、のんびりと待っている。だから、子供や孫たちと長生きして欲しい」と別れを告げて彼女の元から去って行った………。
そのほか、映画「おばけナイター」では、第3期同様に打席に普通のバットを持って立ち、頭上に打ち上げた球を傘(自分自身)の上で回す芸を披露するも審判から自分の打球を最初に触ったという事でアウトを喰らってしまった。また、79、80話ではチー率いる中国妖怪軍団との戦いに加わるものの、最初の城攻めの際に敗れて反物にされてしまった。

妖怪千物語での設定では、何者かによって封じ札を貼られ封印された状態で、とあるお堂に転がっていた。ところがそのお堂で雨宿りした子供たちの1人が、封じ札を剥がしてしまった事で復活。熱線を放ちながら暴れ回るも、ぬりかべが反射鏡で熱線を撥ね返し、自分が焼け焦げに成り敗北。最終的には鬼太郎が火を消して助命してくれたことに対して恩義を感じ改心し、以降鬼太郎たちの仲間となって活躍する。

第5期での設定では妖怪長屋の住人として登場。普通の唐傘になりすますことができ、人間が側にいる時はただの傘を装っている。かつてある女性と親しかったが何かしらの理由で別れてしまったという過去を持つことから、人間とは距離を置かなければならないと考えている。根はいい奴なのだが、鷲尾とデートの準備をするろく子の邪魔をしたり、雑巾妖怪キュギュ(白うねり)を飼い始めた子供たちに成長して手に負えなくなることを見越して早く成長させる方法を吹き込んだりするなどの行動を起こしていた。
また、回転を得意としている事から横丁一のコマ回しの名人でもあり、自身をコマ、一反木綿を紐に見立てた連係技を得意としている設定も加わっている。

第6期では“唐傘”という名前で登場。本編では第5話で鬼太郎を助ける為に子泣き爺を現場に連れてきたり、第7話で今まで行いの報いで亡くなったブラック企業の社長を、幽霊列車で自分が犯した罪を自覚させて地獄へ送り届ける為に協力する、などの形で登場するが、既にオープニングで神社を歩いていたり、綱引きをしていたり、エンディングで鬼太郎の傘として登場している。

本格的な活躍は第23話の「妖怪アパート秘話」で、50年前にろくろ首垢舐めと共に様々な条件が合致して居心地の良い爽快アパートに住み着き、アパートの住人たちを驚かして楽しんでいたが、彼らの行為にほとほと困り果てた大家に呼ばれた鬼太郎と対峙。
妖怪のくせに人間に味方するとは何事だ!!と言わんばかりに、ろくろ首(三人のまとめ役ポジション)に巻きつかれた鬼太郎に回転攻撃を仕掛けようと飛び掛かるもののあっさり成敗されて敗北。大家に出て行くように言われると、居心地の良いアパートを出て行きたくないとろくろ首たちと共に号泣する姿を観て彼らを憐れんだ大家に決して人間たちに悪さをしないという条件で住むことを許された。

本作では豪快な性格だが、以外にも情に厚く涙もろい性格の漢で、澄むことを許された恩義もあって自分たちの居住区であるアパートを護るために鬼太郎ファミリーと協力して悪徳地上げ屋を追っ払ったり、大家夫妻の孫娘の夏美の遊び相手になったりと以外にも面倒見の良い一面を覗かせており、特に夏海とは仲が良いらしい。
彼女と遊ぶことを特に気に入っていた為に、妖怪ばかりと遊ぶことに夢中になるあまりに人間と遊ばなくなった彼女の将来の事を危惧し、ほかの仲間と共に夏海の前から姿を消す事を決めた際は涙を流して名残を惜しんでおり、当時の事を知らない結婚詐欺まがいの方法で土地を奪いにやって来た彼女の交際相手=地上げ屋の若い衆を追っ払うために再び姿を現した時は久しぶりの再会に感動して感涙していた。

なお、無事にアパートが妖怪専用のアパートとして再出発する事になった後は、子泣き爺や岸涯小僧と共に酒を飲み交わしたり、アパートに遊びにやって来た夏海を喜んで迎える等の行動を取っている。その後はちょくちょくゲスト出演として本編に登場しており、西洋妖怪編では西洋妖怪軍団との戦いに身を投じたり、バックベアードの計略で現在のアパートの大家を務める砂かけ婆が行方不明になった際はカミーラに唆されてアニエスをゲゲゲの森から追い出す事を先導するねずみ男の煽り文句を受けて本心では気乗りしないものの彼女を森から追い出す側に回る等の行動を取っている。

ゲーム「異聞妖怪奇譚」では竹切り狸にそそのかされ、鬼太郎の霊毛ちゃんちゃんこを盗みだしてその力を持ってしてねこ娘や子泣き爺に成り済まして放火をするなどの悪事を働き、鬼太郎たちを大いに苦しめる事となる。
ちなみに特定条件下で仲間(体力を半分以下にして鬼太郎で説得)にする事が出来るので、忘れずに仲間にしておこう。

関連項目

唐傘お化け ゲゲゲの鬼太郎

関連記事

親記事

唐傘お化け からかさおばけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「傘化け」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34481

コメント