ピクシブ百科事典

バックベアード

ばっくべあーど

「このロリコンどもめ!」
目次[非表示]

バックベアードとは、水木しげる氏がデザインした、設定上アメリカ妖怪
現実的に言うと、日本人の創作(多分)なので、アメリカの妖怪ではないと思われる。

ゲゲゲの鬼太郎』で西洋妖怪の親玉として登場する他、『変身忍者嵐』『超神ビビューン』等の特撮モノや『悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架』等のゲームにもエネミーとして登場している。

概要

漢字表記は「馬句部阿度」(5期)。
「大きな黒い球体に放射状の枝が何本も生えたような一つ目お化け」の姿は『ゲゲゲの鬼太郎』で有名な水木しげる氏のデザイン。
夕方あたりにビル街上空に出没し、目線を合わせると気を失うとされる。

水木しげるワールド内でも屈指の視覚的インパクトを誇るその風貌からか、『ゲゲゲの鬼太郎』がアニメ等でリメイクが重ねられる毎に彼(?)の強さ・地位・カリスマ性などもどんどんガッツリと盛られてゆき、アニメ5期では「妖怪大統領」という設定がフィーチャーされ、西洋妖怪を束ねる大統領」という何だか凄い役職にまで祀り上げられており、完全に「勝てる気がしない」系のキャラと化していた。
その一方、バルモンドやパンサーなどの長い歴史を持つ妖怪からは新参の妖怪として嫌われていたりする等、嫉妬されていた。

原作では元々は人間と共生していたり、『鬼太郎のベトナム戦記』と『妖怪ロッキード』では、度々色ボケした鬼太郎を助けてくれた強力な仲間であり、西洋妖怪たちを倒すのにも協力してくれた (『妖怪ラリー』でも他の西洋妖怪たちとはライバルであった)。

『国盗り物語』では、手足を生やしてまわしをしめた姿が見られる。

水木しげる氏の創作妖怪である、と現在では考えられているが、一応ゲゲゲの鬼太郎の設定上妖怪は伝承として描かれているので、他者がバックベアードを作品に出すことも多い。ちなみにデュエル・マスターズの《バックベアード》は「水木しげる/水木プロ」とイラストレーター欄に描かれているので本家である。



二次創作

近年では「このロリコンどもめ!」の決め台詞がよく知られる(発祥は「ふたば☆ちゃんねる」)。
なお妻子持ち。娘の名前はベア子
この設定は当然二次創作であるため、扱いには気をつけよう。

ベア子と生きるぜ!
ベア子


<右側のイラストは本家『とろてい』氏のイラスト>
ちなみに、ロリコンは罵倒するがショタコンは容認することもある。たまにはいいよね!

バックベアードの声を演じた人々

※富田耕吉(『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ第1作)
柴田秀勝(『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ第3作、第5作)
佐藤正治(『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ第4作)
八代駿(『変身忍者嵐』)
納谷悟朗(『超神ビビューン』)
富田耕生氏の本名、かつて耕吉名義で活動していた。

デュエル・マスターズにおけるバックベアード

バックベアードP闇文明(8)
クリーチャーダークロード8000
W・ブレイカー

このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、他のアンタップされているクリーチャーをすべて破壊する。

真・女神転生におけるバックベアード

記念すべき第一作目に種族外道の悪魔でも上位の存在として登場。
その後、ライドウイチモクレンのデザインに流用された。
デビルチルドレンでは「ばっくべあーど」名義で登場。

関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪 西洋妖怪
ベアード様 ベア子
このロリコンどもめ!:決め台詞
のびあがり:御大つながりで見た目が似ている
フラスコの中の小人サウロン:見た目が似ている
アメノサギリ:カップやきそば現象
ドロンコ魔王:そっくりさん
デュエル・マスターズ

pixivに投稿された作品 pixivで「バックベアード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1526244

コメント