ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

TRPGダンジョンズ&ドラゴンズ』に登場するオリジナルモンスター。

手足のない球形の体、その体とほぼ同じ大きさの巨大な目玉を持ち、その目玉の視線の及ぶ範囲ではあらゆる魔法が無効化される。更に頭頂部から10本の触手が伸びており、この触手の先にはそれぞれ小さな目玉が付いていて魅了・睡眠・恐怖・石化・即死・金属分解などの強力な効果を持つ光線を発することが出来る。1体で手練れの冒険者パーティーを相手取ることが出来る強力なモンスターである。

単なるモンスターではなく、独自の文明・文化や持つ高度な知的種族であり、いくつかの世界では支配的地位にいる。

多数のバリエーションも存在しており、その強さたるや、下級の種族が数体出ただけでいくつかの冒険を経てきたパーティーを一方的にハメ殺しにできるほどである。

D&Dの版権は1997年にTSR社からウィザーズ・オブ・ザ・コースト(WotC)社に移った。これが縁となりWotC社のトレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング(MTG)』にも客演している。
登場エキスパンションは2021年7月発売の「フォーゴトン・レルム探訪」。

その他の創作での扱い

RPGや西洋風ファンタジーが日本にも根付き始めた1980年代のこと。
当時の国産のRPGやファンタジー漫画の多くが『ダンジョンズ&ドラゴンズ』と『ウィザードリィ』をネタ元として使っていたのは有名な話であり、簡単に言えばパクリが横行していた
当時の日本はまだ著作権がおおらかな時代であったので珍しいことではなかったのだが、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の日本における販売代理店は権利関係で非常に厳しい規制を敷いていた。

漫画『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』でビホルダーを無断で登場させたところ『ダンジョンズ&ドラゴンズ』側から激しいクレームを突きつけられ、単行本化の際には手足がつけられたうえに「鈴木土下座衛門」と言う名称に変更されたのは有名な話。

国産TRPG『ソードワールド』ではビホルダーそっくりの姿と能力を持つモンスターが「バグベアード」の名前で登場している。こちらのお方に姿がよく似ていることからの名前であろう。ただしD&Dには「バグベア」というモンスターが別に存在している(大きなゴブリンといった感のモンスター)。

 またスクウェア社(現:スクウェア・エニックス)のファミコンソフト、『ファイナルファンタジー』の一作目に登場した魔物「ビホルダー」と「デスビホルダー」はリメイクにあたって「イビルアイ」「デスアイ」と改名され、デザインも変更されている。その余波で、『Sa・Ga』シリーズにおいても「ビホールダー」がデザイン的には問題ないにも関わらず「デスアイ」へと変更された。

カプコンの『大魔界村』ではアーケード版ではビホルダーが登場したが、移植版では「バイホルダー」という名前に変更された。

そういうわけで「名前を言ってはいけない魔物」などと揶揄されていたりもするが、実際は
名称を使うだけなら問題ない
そもそも"behold"(意訳すると注視・ガン見)という一般的に使われている英単語があるので、名前自体は著作権の範疇には入っていないのである。
パクリとみなされるのは、「手足のない球形の体に、その体とほぼ同じ大きさの巨大な目玉を持つというデザイン」に対して「ビホルダーという名前」をくっつけることである。
例えば、上記のファイナルファンタジーでは後年の作品で「ビホルダー」という名称のモンスターが登場しているが、これは無数の眼を持つモンスターではあるものの『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のビホルダーとは似ても似つかないデザインで、大目玉もついていない。

著作権に関する意識が厳しくなった2010年代後半でさえ、『Fate/GrandOrder』にビホルダーをモデルにしたゲイザー(「見つめる者」の意味)という「一つ目大目玉で手足がなく邪眼で攻撃する、球形のモンスター」が登場しているが、別段問題にはなってない(ただしデザイン自体は結構変えている)
なおゲイザーというのは一般名詞なので『ドラゴンズクラウン』にも同名のモンスターが存在し、やはりビホルダーがモデルである。

また、日本ファルコムのPCソフト『ザナドゥ』や『ソーサリアン』やナムコの『カイの冒険』にはデザインも名前も丸パクリでビホルダー登場しているが、後年のリメイクや復刻でも修正されておらず、実際のところはそこまでの絶対的タブーというわけではない模様。(まあ、リメイクや復刻の際に話を通したのかも知れないが)
なお、鈴木土下座衛門事件は当時の『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の日本販売代理店である新和がクレームをつけたものであり、当時の著作権所持者である米国のTSR社が何か言ってきたわけではないことにも注意が必要であろう。

ゴブリンスレイヤー』では「混沌の眷属であるため、真なる名前を口にしてはならない」というなんともメタな設定で登場している。当然作中では名前が明かされておらず「大目玉の怪物」とのみ呼ばれた。

関連タグ

D&D 一つ目
鈴木土下座ェ門 目玉おやじ 
ゲイザー バックベアード

関連記事

親記事

モンスター(D&D) だんじょんずあんどどらごんずのもんすたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ビホルダー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ビホルダー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52109

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました