ピクシブ百科事典

目次[非表示]

名もなきなきなき泣きくれて さいの目ごとくさいなまれ 人を恨んで恨み抜く。
名もなき者に名前なし 名無し名無しと人の言う。
食らう夢。食らうクロウクロー 真黒きカラスの爪の先 
お前を食らうがわが快楽。

CV/銀河万丈

概要

第6期『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する謎の怪人
不気味な黒いオーラを漂わせ、全身黒ずくめの衣装を纏った死神のような出で立ち。その素顔は不気味な面を被っている為に伺うことはできず、掛詞を多用する独特のセリフもあいまって得体のしれない不気味な雰囲気を醸し出している。

25話では冒頭のシーンで仮面を一時的に外しているシーンがあるがその顔はどこか人間離れした印象を与えた。
オープニングの描写から、背丈が人間とくらべ異様に高いことがわかる。また、第12話で覗かせた腕は干からびた老人のような感じとなっていた。19話では人間とは思えない細長い舌を覗かせ、SNSに悪意ある言葉を書き込む少年から立ち上る悪意をなめとる様な仕草を行っていた。

のびあがりを始め見上げ入道等々、かつて人間たちに対して悪行三昧をした為に封印された邪悪な妖怪たちの活動に大なり小なり関わっている節がある。さらに、その様な妖怪たちの中でもたんたん坊率いる妖怪城の一派や刑部狸を頂点とする八百八狸たちと、特に強力な妖怪たちを怪しげな術(陰陽道?)を用いて自ら直接封印を解くなど、物語の裏で暗躍する。


その目的及び正体は未だ謎に包まれており、一切が不明。
佇まいや行動・能力からして、正体が人間である可能性は薄いように思えるが、かと言って妖怪ともつかない。いかにも邪悪な雰囲気をまとっていることから、この世の怨念の集合体か、悪魔・悪霊などの化身のようにも見える。
少なくとも、戦いが終わって気が緩んでいた鬼太郎を“逆五芒星”が刻まれた矢で射殺そうとした事から、悪意ある存在であることには間違いがないようだ。

また、刑部狸達やくびれ鬼の事件のように多数の人間を巻き込んだ事件にて、人間たちから発せられた邪気(黒いオーラの様なものとして表現されている)らしきものを大量に集め利用し、まなに12話では右腕に『木』、25話では額に『火』と読める何かの呪いをかけていたようだが、それが何を意味するのかは全く分かっていない。少なくとも25話のセリフや『木』『火』と五行に通じると思われる呪いの内容から、今後彼女に更に呪いを刻もうとしているのだけは間違いない。

なお、まなと何か繋がりがある事(12話の最後に一瞬彼女そっくりな少女が、鎌や刀を振りかざした侍風の男に切り殺される場面が挿入される)が示唆されている。さらに彼女を傍観している最中に「うつろなうつわ、うつろなうつわ…」と不気味に呟いていたが、それが何を意味するのかも今の所不明。

19話では見上げ入道やたんたん坊たちを再生させて『おばけの学校』騒動を引き起こし、まなや鬼太郎たちの前にも初めて明確に姿を現している。
まなに対しては物語冒頭で『木』の印を確認するような挙動を見せた後、彼女の身体を通り抜けて姿を消した。
鬼太郎たちはたんたん坊を倒した際、彼の今わの際の言葉により、『名無し』こそが彼らを蘇らせた人物であることを知る。
鬼太郎父子は、鬼太郎が矢を背中に射られた事件以降、妖怪が人間に悪事を働くことが増えたことを思い返す。名無しはその直後、鬼太郎の背後に音もなく出現し、その存在と目的について問うた鬼太郎に、記事トップのセリフを詠うようにつぶやいたのち、空気に溶けるようにして消え去った。


25話では物語の冒頭、周りからの誹謗中傷に追い詰められた末に自ら命を絶った者の傍へと、何処からともなく現れるというショッキングな演出で出現。さらに、残されたスマートフォンから立ち込める悪意に引き寄せられるように近づくと、おもむろに仮面を外し、立ち込める悪意をむさぼるかのように啜っていた。

また、首吊り自殺の現場らしき場所に出現していた事や、“ネット世界”へと侵入していた事、“呪のアプリ”のマークが逆五芒星だったことからも分かるように、くびれ鬼の事件にも深く関与している様子が伺えた。
“呪のアプリ”は、くびれ鬼が鬼太郎に退治されると同時に消滅した。しかしそれも彼(?)の計画の内であったらしく、今回の事件で大発生した悪意を吸収すると、『木』に続きまなの額に『火』の刻印を彼女が眠っている間に刻んでいる。

目玉おやじは「“逆五芒星”が刻まれた矢で鬼太郎を射殺そうとした者」と半ば見抜いているが、妖怪について詳しい彼も「名無し」を見たことはなく、何者なのかも知らず「本当に名前が無いのかもしれん」と解釈している。
ゲゲゲの森の図書館にも記録のある文献は見当たらず、鬼太郎親子も調査に難渋している。


第27話から始まった西洋妖怪編でも登場。西洋妖怪の秘宝アルカナの指輪を持ち去って逃亡中の魔女アニエスの前に現れて、彼女を日本に逃げ込むように仕向ける。そして日本妖怪と西洋妖怪による妖怪大戦争を引き起こそうと暗躍する。

そして第35話でアルカナの指輪を自らの能力で引きずり出し、続く36話では、偶然見つけた指輪をついはめてしまい、抜けなくなって困惑するまなに「魔女なら抜ける」とささやいた。
その後、ブリガドーン計画は鬼太郎たちによって阻止されるが、その陰で妖怪にされた人間たちの邪気を吸収。
37話のラストシーンで、アニエスとの別れを惜しむ彼女の左脚に『土』の刻印を刻んだ。

41話では、百々爺を「鬼太郎を陥れれば妖怪界のナンバーワンにしてやる」とそそのかし、百々爺を鬼太郎に変身させて一つ目小僧を抹殺させたほか、鬼太郎の妖怪大裁判を傍聴していた妖怪たちから出た邪念のようなものを口で吸い込んでいた。
そしてラストシーン、まなの左額に『金』の刻印を刻んだ。この際、自分のことを「あやかしものでもなし人でなし」「命あるものでもなし死者でなし」と騙っている。
この発言が事実なら、彼は妖怪でも人間でもなく、生者でも死者でもない、鬼太郎シリーズでも極めて異質な存在であるということになる。


38話以降は『名無し最終決戦編』と表記されていることから、いよいよ物語の核心に迫る、所謂『ラスボス』として登場することが明らかとなる。

47話では、表社会にまで入り込んで人間と妖怪の全面抗争を実現し、近年急速に膨れ上がっていた双方の「悪意・邪念・利己心」を取り返しのつかないレベルにまでエスカレートさせてしまう。

まなの母・純子も「妖怪じみた姿」にして暴走させてねこ娘にけしかけ、そうとは知らないねこ娘が爪で純子を切り倒し術が解けたところを誘い出したまなに目撃させる。
誤解を解こうと近づいたねこ娘に怯えて思わずまなが右手を突き出すと、そこから麻桶毛を消滅させた時の五芒星の光がねこ娘に放たれてしまい、直撃を受けたねこ娘は消滅。間接的ではあるが、鬼太郎ファミリー初の犠牲を出すという最悪の事態を引き起こした。

続く第48話では、上記の件で決裂した鬼太郎とまなを中心についに爆発した日本中の膨大な邪念を吸い込み、まなの右額に『水』の刻印を刻んで逆五芒星を完成させる。
そのまま仮面を外して彼女の体を取り込み、正体と思われる「四つ目の巨大な赤ん坊」の姿を現して、戦う理由を見失った鬼太郎を一蹴しつつ世界終焉の大破壊を開始した。 

49話で正体が人間と妖怪が一緒に暮らしていた頃、結婚を拒絶された人間の母親と妖怪の父親の間に生まれる筈だった子供である事が判明した。つまり、半妖怪(現世に生まれずして死んだ為、厳密にはそのカテゴリーにすら入れない)である。その為、人間にも妖怪にも厄介者扱いされて来た半妖怪たるねずみ男には名無しの心境が理解できたのである。
更に言えば、名前を捨てて『名無し』になったのではなく、最初から名前が無くて『名無し』となってしまったこと、この世に現れる引き金になった物も糧にしてきたものも、世に溢れる悪意と呪詛だけであったことも判明した。
最期はまなに名前を貰い、この世に生まれた事を祝福されると喜びながら成仏した。

余談

  • 初登場は第1話の終盤だが、その名(あるいは仮称)が判明したのは第11話と結構遅かったりする。
  • オープニングでは駅のホームに佇むまなの背後に現れるという、不吉な登場をした。
  • 鬼太郎に対して使われた逆五芒星は「地獄」や「悪魔」との繋がりがあるとされるが、シリーズを通してみれば鬼太郎一行は閻魔大王をはじめとする日本の地獄とは信頼関係を築いているし、有力な魔神と仲間でもある(とはいえ、地獄関係者ではアニメ3期では奪衣婆と戦っており、悪魔に関しては原作やアニメにてブエルベリアル、果てには『妖怪千物語』でデビル・プルートーとも戦っている)。陰陽五行とも関連ありそうな術ながら、詳細は一切謎なままである。
  • 6期恒例のアイキャッチでは何故かLINEスタンプになっていた。12話では名無しのスタンプが3つ並ぶという、不気味ながらもどこかシュールな光景になっていた。
  • 47話では姿を見せないまま犬山純子を秘書に雇い「オメガ」の社長「ジョン・童」を名乗る。「ジョン・ドゥ」とは「名無し」「身元不明の男性の死体」を表すものであり、純子や社員が会話していた相手は「名無し」であり「身元不明」である。
  • まなの漢字表記『真名』と名無しで対になる他、名無しの父親は鬼に似た姿であったが、奇しくも名無しの野望を打ち砕いた鬼太郎の名前に『鬼』の字が入っている。なお、母親がまなにそっくりだったのはまなの遠い祖先である事が示唆されている。
  • 名無しがまなの一族を監視していた理由は現界する為の『器』を探していたからであるが、この『器』とは言い換えると母親とも解釈できる。『母親に似た外見(その上血が繋がっていて)で、自分と対になる名前を持ち、妖怪と親しい女性』が器になる為の条件(いわば誕生の再現)だったと思われる。
  • 49話のアイキャッチで紹介された妖怪は『ノツゴ』と『赤ん坊時代の鬼太郎』。前者は地に埋められた水子が正体とされる妖怪である。二者とも赤ん坊に関する妖怪であるが、鬼太郎は媒体によっては人間の母と目玉おやじとの間に生まれた子(名無しとは似た境遇にある)とするものもある。ちなみに前者のノツゴは名無しの正体をさり気なく暗示したものとなっているとも考えられる(実際に名無しの本体の姿もそれに近いものであった)。
  • 体内にある大量の「手」は、地獄編での「手」や「手足の怪」に登場した「手足の神」にも似ている。


関連項目

6期鬼太郎 悪意 怨念 終末論 水子 哀しき悪役

心の闇…「負の感情の集合体」はこちらを参照。

一刻堂アニメ4期に登場した陰陽師京極堂とも関連が示唆されるが、その点の詳細は不明)。五芳星を鬼太郎側に対して使ったという共通点がある。

天狗塚の悪霊…4期の『大海獣』の同時上映作品『地獄先生ぬ~べ~』に登場した仮面の黒マントで大岩の封印にも関係があるなど、似ているような部分がある (参照)。

Vフォー・ヴェンデッタアノニマス…見た目が似ているが正義の味方。後者は、文字通り「名無し」でもある。

白面の者うしおととらに登場するラスボス。人間の負の感情を糧にし、憎しみや猜疑心を利用した策を巡らす等、名無しとの共通点が多い。一見すると名前がある様にも思えるが、それは妖怪や人間が勝手に名付けたものであり、本人自身もこの名前を嫌っている。「名無し」というある種の「名」は人間が呼ぶものにすぎない彼と同じく、「白面の者」もまた「白面の者」と呼ばれ続けた名も無き何かなのである。

ジャック・オー…GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-の登場人物。プロフィール設定には「まだ生まれきっていない」というものがあり、生年月日がはっきりしていない。

篠崎さち…コープスパーティー BLOOD DRIVEの登場人物。篠崎サチコと一緒に生まれるはずだった双子。この世に生を受けられなかったことが原因で、サチコ以上に邪悪で力の強い存在と化し、天神小学校をさらに凶悪な場所へと変質させていった。

関連記事

親記事

6期鬼太郎 ろっききたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「名無し(ゲゲゲの鬼太郎)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78301

コメント