ピクシブ百科事典

名無し(ゲゲゲの鬼太郎)

ななし

『ゲゲゲの鬼太郎』の第6期に登場する謎の怪人。
目次[非表示]

CV/銀河万丈

概要

第6期『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する謎の怪人
不気味な黒いオーラを漂わせる全身黒ずくめの衣装を纏った死神のような出で立ちをしており、その素顔は不気味な面を被っている為に伺うことはできない為、得体のしれない不気味な雰囲気を醸し出している。
オープニングの描写から、背丈が人間より高い様である。また、第12話で覗かせた腕は干からびた老人のような感じとなっていた。

のびあがりを始め見上げ入道等々、かつて人間たちに対して悪行三昧をした為に封印された邪悪な妖怪たちの活動に大なり小なり関わっている節があるようで、その様な妖怪たちの中でもたんたん坊率いる妖怪城の一派や刑部狸を頂点とする八百八狸たちに至っては怪しげな術(陰陽道?)を用いて自ら直接封印を解くなど物語の裏で暗躍しているが、その目的及び正体については未だ謎に包まれている。

また、蛟龍が倒されるのと同時に人間たちから発せられる邪気(と思われる)を大量に集め、更に蛟龍の亡骸をも邪気に還元した上でまなの右腕に『木』と刻んで何かの呪いをかけていたようだが、それが何を意味するのかは全く分かっていない。

少なくとものびあがりとの戦いの後、戦いが終わって気が緩んでいた鬼太郎を“逆五芒星”が刻まれた矢で射殺そうとしていた事から、悪意ある存在であることには間違いがないようだ。

なお、まなと何か繋がりがある事(12話の最後に一瞬彼女そっくりな少女が、鎌や刀を振りかざした侍風の男に切り殺される場面が投入される)が示唆されており、そして彼女を傍観している最中に「うつろなうつわ、うつろなうつわ…」と不気味に呟いていたが、それが何を意味するのかは今の所不明。

余談

  • 初登場は第1話の終盤だが、その名(あるいは仮称)が判明したのは第11話と結構遅かったりする。
  • オープニングでは駅のホームに佇むまなの背後に現れるという、不吉な登場をした。
  • 鬼太郎に対して使われた逆五芒星は「地獄」や「悪魔」との繋がりがあるとされるが、シリーズを通してみれば鬼太郎一行は閻魔大王をはじめとする日本の地獄とは信頼関係を築いているし、有力な魔神と仲間でもある。陰陽五行とも関連ありそうな術ながら、詳細は一切謎なままである。


関連項目

6期鬼太郎
一刻堂アニメ4期に登場した陰陽師京極堂とも関連が示唆されるが、その点の詳細は不明)。五芳星を鬼太郎側に対して使ったという共通点がある。
Vフォー・ヴェンデッタアノニマス…見た目が似ているが正義の味方。後者は、文字通り「名無し」でもある。
天狗塚の悪霊…4期の『大海獣』の同時上映作品『地獄先生ぬ~べ~』に登場した仮面の黒マントで大岩の封印にも関係があるなど、似ているような部分がある (参照)。

pixivに投稿された作品 pixivで「名無し(ゲゲゲの鬼太郎)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 251

コメント