ピクシブ百科事典

チャラトミ

ちゃらとみ

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)の登場人物。メイン画像の一番左。

「お前ら脇役!俺主役ゥ!!」

CV:根本幸多

概要

名前の通りいかにもチャラチャラした風貌の、迷惑・炎上系ウーチューバー

6期鬼太郎」の記念すべき第1話「妖怪が目覚めた日」で初登場。のっけから、渋谷のスクランブル交差点を赤信号で突っ切り、ドライバーたちの怒号が飛び交う様子を自撮りしてネット中継するという危険行為かつ迷惑行為をはたらいた。

野次馬たちの視線を浴びて調子に乗っていたが、彼らの目前で突然苦しみだすと、いきなり不気味な大木に変じてしまう。実は、ウケ狙いで石に施されていた封印をはがして破壊していたため、知らずに妖怪「のびあがり」を復活させ、吸血木の種を植え付けられていたのだ。

その後、のびあがりは野次馬たちにも種を植え付け、渋谷に吸血木の森が出現する事態となったが、鬼太郎の活躍でのびあがりが倒されたため、野次馬ともども元の姿に戻った。

  • 彼の一連の行為も大概だが、野次馬たちも目の前で起きた怪異を見て、逃げ出すでもなく助けを呼ぶでもなく、まずスマホで撮影、画像にコメントをつけてSNSにアップするという、不気味なまでの行動の一致振りを見せる。この描写により、以降6期鬼太郎の持ち味として認識される「現代社会に対する痛烈な風刺」が、強く視聴者に印象付けられることになった。

第47話「赤子さらいの姑獲鳥」では新SNSアプリ”オメガトーク”に活動拠点を移動。動画コンテンツ「チャラトミの妖怪チャンネル」を立ち上げ、「妖怪がみえるようになるアプリ」を使い、様々な妖怪へのインタビューや、鬼太郎の悪い妖怪との戦闘をドローンを使って中継するなどでランキングトップの人気者となる。

しかし、その仕掛けや進行はオメガ社長の指示によるもので、最初は妖怪を持ち上げていたが、姑獲鳥が赤ん坊誘拐の疑いをかけられると「妖怪はやっぱりおっかない」と配信。世間の妖怪に対する意識を一気に最悪なものへと変えた。
  • なお、このときはコスチュームとして、ピンクのトレーナーの上から水色のタンクトップを着用、頭に天冠をつけていた。

第53話「自己愛暴発!ぬけ首危機一髪」では、就職活動に励むものの上手くいっておらず、ウーチューバーとしての活動も停滞している様子が描写された。
「自分は特別な存在なんだ」と、他人にも自分自身にも認めさせたいチャラトミは、サラリーマンとして働く先輩と居酒屋で愚痴をこぼし合う。丁度、店内のTVには人気ウーチューバーHIKAKINが登場する番組が映っており、先輩に「ああいうのは選ばれた人間だけさ」と諭されるチャラトミ。

そんなとき、自分の人気のなさに不満を持つ妖怪ぬけ首と出会ったチャラトミは意気投合。頭は強い熱気を放ち、身体は強い冷気を放つぬけ首の性質をネタに動画を撮るようになり、二人は人気者になりつつあった。
しかし、ウーチューバーを仕事にしたいチャラトミに対して、ぬけ首は注目を浴びたことで満足し、休憩すると言い出して去ってしまう。

仕方なく就職活動を続けるチャラトミだが、面接へ向かう駅の中でとても生きている人間の顔とは思えないような人々を見て
「こんな脇役たちの一員に……、社会の歯車になんのか……!」
「いや、違う!!俺は主役だ!!!!」
と考え、ぬけ首の身体をこっそり盗み出し、動画視聴者へ「宝探し」のサプライズゲームを宣言する。

体を隠されたぬけ首の頭は徐々に熱を放ち始め、やがて爆発寸前に。異常な熱波により各地で山火事が発生、人々は熱射病で倒れ始める。

事態を知った鬼太郎猫娘はチャラトミを詰問するが、全く反省の気配を見せないチャラトミは二人を煽り返す。ところがまなから体の隠し場所を突き止めたと連絡が入り、慌てたチャラトミは現地へ向かう鬼太郎たちを止めようとするが、自分も暑さに耐えられず倒れてしまった。

そこへ……

???「大丈夫ですか?」

なんとそこには人気ウーチューバーHIKAKINの姿が。
HIKAKINはチャラトミを連れて近くの公園へ。
そこにはHIKAKINが、この暑さを乗り切るために「ありったけレンタルした」というスノーマシンによって雪が降っており、子どもたちが雪遊びをして楽しんでいた。
自分が用意した企画を利用されたように思ったチャラトミは
「なんでお前が主役みたいな面してるんだよ!!!」とHIKAKINに迫る。
それに対してHIKAKINは
「僕はただ自分が好きなことを、全身全霊で楽しんでるだけですよ。
全身全霊で楽しむって案外楽じゃないけどね。
でも、そうして初めて、人は自分の人生の主役になれる気がするんだよね。」
と返し、微笑むのだった。

その後、事態を無事に終息させた鬼太郎と猫娘がチャラトミの前に現れる。
チャラトミに制裁を加えようとする猫娘。その前でチャラトミは、「(自分は)他人の評価ばっかり気にして、自分の好きなことも見つけられないちっぽけなやつ」だったと本心を吐露した。
その言葉を聴いた目玉おやじ

「誰だって最初から好きなことが見つかってるわけではない。自分の居場所を作るため、もがき続きていくうち、いつか自分が何を好むかもわかってくるはずじゃよ」

と励ます。チャラトミは思わず涙ぐみながら、

「ありがとう。俺、頑張ってみたい。
なんでもいい。何かを、ちゃんと頑張ってみたい。
それで、せめて、自分の人生の主役になりたい。」

と答えた。改心したチャラトミの決意を聞いた鬼太郎も「今度は人の迷惑にならないやり方でな」と注意を促し、制裁を実行することはなかった。

その後、かつて先輩と愚痴をこぼしあった居酒屋の店員となったチャラトミ。その姿は先輩からも「何か感じ変わったな、お前」と褒められるほど、溌剌としていた。「お互い頑張ろうぜ」とエールを受けたチャラトミは、生き生きとした笑顔を見せるのだった。

これまではひたすらトラブルメーカーだったチャラトミだが、53話での騒動を経て改心し真っ当な社会人としての第一歩を踏み出すことができたのであった(ウーチューバーは引退したのかまだ継続しているかは不明)。

以降は出番はないが、最終回の97話ではバックベアードと戦う鬼太郎を他の人々と共に応援している。


関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎
6期鬼太郎
YouTuber…あくまでも作品上は「ウーチューバー」である。
HIKAKIN…チャラトミを改心させるきっかけを作った人。

関連記事

親記事

6期鬼太郎 ろっききたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チャラトミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40584

コメント