ピクシブ百科事典

青坊主

あおぼうず

日本の妖怪。鳥羽石燕の『図画百鬼夜行』で知られる。「ゲゲゲの鬼太郎(5期)」に登場する妖怪については「蒼坊主」を参照。
目次[非表示]

概要

鳥羽石燕の『画図百鬼夜行』にある妖怪。ただし解説は一切なく、そのため具体的にはどのような妖怪だったのかは不明。
石燕が描いた青坊主は一つ目でザンバラ髪、無精ひげを生やした身だしなみの悪い格好で、法衣を着崩している。その法衣と草庵の軒先に佇んでいること、そして「青坊主」という名から、未熟者(青二才)の生臭坊主を揶揄したものではないかと言われている。

一方で日本各地に同じ「青坊主」と言う妖怪の伝承が存在する。
岡山県では「留守にしたに出現する妖怪」として語り継がれている。また山口県では、山の神が小僧の姿を借りて相撲を取りに現れるものが青坊主と呼ばれている。


創作における青坊主

また、原作漫画版では見越し入道が石燕の青坊主のデザインをモデルに描かれている。

青坊主をもとにしたオリジナル妖怪「青田坊」がメインキャラとして登場。

雪如塵


傘を被った僧形の美青年。⇒青坊主(阴阳师)

バビロニアの吸血妖怪「ダイモン」との戦いで「油すまし」を補佐する、身軽な身のこなしの青い妖怪。2005年版の妖怪デザインを担当した韮沢靖はこの妖怪が『電撃戦隊チェンジマン』の「副官ブーバ」(プレデターの元ネタ)のデザインに影響しているとの説を述べている。


関連項目

一つ目小僧 単眼

pixivに投稿された作品 pixivで「青坊主」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228736

コメント