ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 佐賀県宮崎県をはじめとする九州地方に伝承されている、河童の一種。ひょうすえ、ひょうすぼ、ヒョウスンボ、ひょうすんべとも。

由来

 佐賀県では河童やガワッパ、長崎県ではガアタロの別名ともされるが、河童よりも古くから伝わっている説もある。
 古代中国の水神、武神である兵主神(ひょうずしん)がもとで、日本へは秦氏ら帰化人と共に伝わったとされる。武神のお約束として日本では食料の関係も司り、現在でも滋賀県野洲市、兵庫県丹波市黒井などの土地で兵主神社に祀られている。
なお兵主神とは古代中国で黄帝と争った牛頭の武神蚩尤のことだとされる。
 その他「兵部大輔(ヒョウブタイフ)が調伏した野良の式神だから」、彼岸の時期に渓流沿いを行き来しながら「ヒョウヒョウ」と鳴いたことから名がついたとも言われる。「春先にひょーひょーいいながら山から下りてきて、川で悪さしまくった後 彼岸のころひょーひょー言いながら山へ帰る」というサイクルが、「河童の生態」であるというのが柳田國男水木しげる辺りの見解である。

ひょうすべ

 

特徴

 河童の関係なのに全身ふわふわのもこもこである。一応。河童なのでに対する敵であり、馬をいじめたりする。
 河童の関係なのに茄子が好きである。

創作での扱い

どこの阿呆ですか


  • 行け!稲中卓球部」では、メインキャラクター井沢ひろみがとある理由で坊主頭になってしまい、この妖怪の名で呼ばれるインパクト大の姿で登場。ひょうすべの解説も書かれた。

ひょうすべ


  • 地獄先生ぬ~べ~」では風呂場などの水回りに出没し、熱病を広める厄病神的な妖怪として登場した。描写が不気味でトラウマ回とする者もいる。
  • ちびまる子ちゃん」の第33話「まるちゃんお化け屋敷に行く」でまる子は一目見ただけで名前を当て、ナレーションに「歩く妖怪図鑑である」とあきれられていた。
  • 妖怪大戦争」(1968年版)にも登場し子役が演じている。

関連記事

親記事

河童 かっぱ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ひょうすべ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ひょうすべ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77153

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました