ピクシブ百科事典

吉田戦車

よしだせんしゃ

日本の漫画家。メイン画像は作内に登場する「しいたけ」。
目次[非表示]

概要

岩手県水沢市(現奥州市)出身。第37回文藝春秋漫画賞受賞。
1985年に雑誌「ポップアップ」でデビュー。1989年に「伝染るんです。」を連載開始し、本人の代表作となる。
妻は同じく漫画家の伊藤理佐(代表作:『おるちゅばんエビちゅ』・『ヒゲぴよ』など)で、お互いに再婚である。伊藤との間に女児が1人いる。
しんぶん赤旗記者のジャーナリストでイビチャ・オシムの通訳を務めたこともある千田善は従兄弟であるほか、エニックスのプロデューサーであった千田幸信も親類にあたる。

ちなみにペンネームは友人が付けてくれたものだが、特に意味はないとのこと。本人や友人がミリタリーファンというわけでもないらしい。
なお、この友人は漫画家・イラストレーターの朝倉世界一の命名者でもある。

4コマ漫画「伝染るんです。」「いじめてくん」「ぷりぷり県」「殴るぞ」などの、擬人化されて言葉を話す動物が暮らすような牧歌的・メルヘンともいえる世界観に、不条理さを忍ばせるシュールナンセンスな作風は、1990年代における不条理ギャグの確率とブームを支えるものとなり、お笑い小説演劇など、ジャンル外にも多大な影響を与えた。
2000年代以降、「萌え4コマ」、特に日常系空気系と呼ばれる作品が人気となったこともあり、不条理ギャグ漫画のブームは落ち着いたが、不条理ギャグの影響はいまだに大きく、吉田をはじめそれらの作品群を発表した漫画家の評価は高い。

近年は、「吉田電車」などのエッセイ漫画やイラストレーター業に重点を移している。地元である岩手県にまつわる仕事も多い。

1990年代前半は小学館刊行の任天堂のゲーム攻略本(「スーパーマリオワールド」など)で4コマ漫画を執筆しており、「緑のボケナス」の弄られキャラを作った人でもある。
中の人」・「中の人などいない」(「伝染るんです。」では「下の人」)といった言い回しを漫画内で使っており、これ以外にもいくつかの作品のネタがネットスラングやネットミームとなっている。

pixivでは、彼の作品のファンアートや、画風を真似たパロディイラストなどに、このタグが付けられる。

関連イラスト

下のエルヴィン団長


す    ず     め
吉田戦車のマリオはんこ



関連タグ

漫画家
伝染るんです。 いじめてくん ぷりぷり県 殴るぞ
中の人 不条理
ルイージ

関連リンク

Twitterアカウント

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「吉田戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1293984

コメント