ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

江戸時代の国学者・谷川士清によって編纂された国語辞典『和訓栞』の後編に記述された、川辺に棲むという妖怪
この書物は士清没後の明治20年に発行されたもので、それによると高山の川のほとりにいる背が高く肌が黒い男であるとされる。
美濃(岐阜県)では、夜になると網を持って漁に出かけ、何かを話し込んでいる2人の者がいたといわれ、それが川男であるとされた。
さらに今では死語であるが、背の高い者がいると「川男のようだ」という言い回しがあったといわれる。

なお『和訓栞』には「そのような者がいる」としか記述されていないが、近年の妖怪図鑑ではおとなしい性格で話し好きの、山男に対する河童のような妖怪とされている。

創作での扱い

※メイン画像
妖怪図鑑には身体に網のようなものを纏った、体育座りの二人組の長髪男が描かれている。
ゲゲゲの鬼太郎』では、テレビアニメ5期で、場面転換で2人でブツブツ話すゲストキャラクター(CV:小西克幸鈴木琢磨)として登場し、面白いと好評を博した。
話している内容は今期の総理大臣の支持率などどうでもいいことばかりであるが、話のネタは豊富らしく、有益な情報を鬼太郎に提供した事もあった。


関連タグ

妖怪 河童
慣用句

関連記事

親記事

河童 かっぱ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「川男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 335

コメント