ピクシブ百科事典

寺つつき

てらつつき

寺つつきとは鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』に記載された鳥の妖怪。
目次[非表示]

概要

鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』に記載されているキツツキに似た怪鳥で、四天王寺法隆寺の内部に入り込んで嘴で突き壊そうとした。

その正体は聖徳太子蘇我馬子によって討伐された、日本古来の神を信仰していた廃仏派の物部守屋怨霊であり、死してなお仏法に逆らい太子の建立した寺を壊そうとしたのだといわれる。

鎌倉時代に書かれた『源平盛衰記』には、太子自身がに化身して追いやったために二度と現れなくなったと記述される。

関連イラスト

寺つヽき:てらつつき
寺つつき


関連タグ

妖怪 怪鳥 怨霊
キツツキ

関連記事

親記事

怪鳥 かいちょうもしくはけちょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「寺つつき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61

コメント