ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 漫画家の酒井まゆ氏による漫画。→MOMO-終末庭園へようこそ
  2. 岡山電気軌道9200形の愛称。
  3. ゼノサーガの登場人物のひとり。→M.O.M.O.
  4. GoogleのDoodleアーカイブのキャラクター。
  5. 姑獲鳥の造形物を元にした都市伝説。


岡山電気軌道9200形「MOMO」「MOMO2」「おかでんチャギントンリアル電車」

MOMO


2002年デビューの岡山電気軌道路面電車。岡電ではじめての低床車両である。

  • 1次車(9201号、愛称:MOMO):2002年新潟鐵工所製。水戸岡鋭治氏はこれ以降、岡電の改造・新造車のデザインに関わるようになった。
  • 2次車(1011号、愛称:MOMO2):2011年新潟トランシス製。車両番号は創立年の西暦、1910年を基準にしているためこのような番号になった。
  • 3次車(1081号、愛称:おかでんチャギントンリアル電車):2018年ボンバルディア・トランスポーテーション(ドイツ)製、新潟トランシスが艤装担当。海外・イギリスのアニメ『チャギントン』とのコラボ企画で、2019年3月から観光電車としての運行を開始。車両番号の付け方は先述の通りである。

GoogleのDoodleアーカイブのキャラクター「Momo」

ハロウィーン企画でGoogleのDoodleアーカイブによって発表。2016年10月30日から2日間、GoogleのTOPページにてプレイ出来たゲームの主人公である黒猫。2016年11月2日現在でもここでプレイ出来る。

因みに英語で書かれている説明文に「her」と書いてあることからメスのようだ。「Momo」という名前が浸透していない可能性もあるので、pixiv内から彼女の絵を検索する場合は、「Google」や「Doodle」といった大まかなキーワードででも調べてみるといいだろう。

都市伝説の「MOMO」

MOMO


幽霊画廊に展示されていた姑獲鳥の造形物の写真が、なぜか海外で人食い怪物の設定が付けられ都市伝説化(Creepypasta)したもの。
整形失敗したインスタ女子の自画撮りのような生々しい画像のメッセージアプリのユーザー「MOMO」とチャットした人は家に乗り込まれて食べられてしまうという。

2018年から2019年にかけて『MOMOを悪用した自殺教唆ゲームが拡散され、アルゼンチンで12歳の少女が自殺してしまった』というニュースが国内外で拡散したが、調査の結果フェイクニュースであった模様。
https://www.buzzfeed.com/jp/yukikohibi/momo-challenge-alert***
BBCは「デマ」
英BBC放送は2月28日、「デマの解剖」というタイトルで、追跡記事を掲載した。この記事によると、出回っていた噂の内容は、「Momo」と名乗るキャラクターが、アメリカのチャットアプリWhatsAppを乗っ取り、子どもたちに危険な命令を下して、自傷に追い込むというものだという。
だが、WhatsAppを乗っ取られたという報告は入っておらず、子どもが自傷したという通報もないという。
また、ファクトチェックサイトSnopesは「事実というよりデマや誇張」としたうえで「それでも、あの絵が子どもたちにネガティブな影響を与える可能性がある」としている。

「MOMO」を題材にしたホラーゲームの実況動画が警告もなく削除されペナルティを喰らった例もあるため、関わる際には十分注意すること。

関連記事

親記事

曖昧さ回避 あいまいさかいひ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「MOMO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2197136

コメント