ピクシブ百科事典

毛羽毛現

けうけげん

毛羽毛現とは、日本に伝わる妖怪の一種である。ともかく毛。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 全身が毛に包まれた妖怪。※この項で説明
  2. 上記の妖怪を自画像とする漫画家。→毛羽毛現(漫画家・薬剤師)

妖怪の毛羽毛現

毛羽毛現は、鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』に記された妖怪の一種。「希有希見」・「希有希現」(希にしか見ることが無いという意味)とも表記される。姿は毛むくじゃらで、その正体・目的は不明。

石燕による解説文には、が滅びた後に山に逃れた宮女の一人が、170年間松葉を食べ続けて空を飛べるほど身が軽く毛深い「毛女」という仙人なったことが書かれており、その毛女のような姿かたちであるという説明である。
当時日本に入ってきた毛むくじゃらの洋犬をモデルに描かれたという説もある。

近年の妖怪図鑑などでは、床下や湿った場所におり、家に住みつかれると病人が出るという疫病神的な性質をもたされている。

創作での扱い

水木しげる作品

ゲゲゲの鬼太郎』では、大きな姿の妖怪自動車ふらり火で子供をさらい、その魂で太古の恐竜を復活させて現代文明を破壊しようと企んでいた。

忍者戦隊カクレンジャー

第14話「俺は貴公子だ!!」で、病気を流行らせようとする医者に化けた妖怪軍団ケウケゲンとして登場。正体は毛むくじゃらの身体に南洋風の仮面をいくつもつけた姿だった。

朧村正

じっとしてろよ


鬼助を主人公とすると尾張の「魔窟・疫病神」に登場する。毛目玉を飛ばしたり、毒ガス、放電攻撃をしてくる。倒すと「檜の数珠」が入手できる。

女神転生シリーズ

PCで発売された『偽典・女神転生』に”妖魔”ケウケゲンとして登場。見た目はまるで灰色のイエティのようである。

機動警察パトレイバー

TV版第4話の「魔の山へ行けっ!」に登場した謎の巨大生物を泉野明がこう呼んでいた。

妖怪ウォッチ

けうけげん

関連イラスト

毛羽毛現
信義に厚い妖怪
毛羽毛現
毛羽毛現ちゃん8枚


関連タグ

妖怪 疫病神
ケセランパサラン 

カップやきそば現象

ヒゲじい モリゾー

pixivに投稿された作品 pixivで「毛羽毛現」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 218662

コメント