ピクシブ百科事典

剣の乙女

つるぎのおとめ

剣の乙女とは、『ゴブリンスレイヤー』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:遠藤綾

西方辺境一帯における神官職の頂点、至高神の大司教(アークビショップ)を務める聖女。「水の街」の神殿を預かる。
10年前に魔神王の1柱を撃退したパーティーの一人として、冒険者序列2位の金等級に列せられている。これは伝説の勇者ら白金等級に次ぐ序列で、国家規模の事態への対処を求められる地位である。
役職のイメージとは裏腹に豊満で扇情的なプロポーションを非常に露出の高い神官衣に包み、その肉体美に負けず劣らずの美貌を併せ持つが、普段その目元は布で覆い隠されている。
「水の街」で相次ぐ女性惨殺事件の犯人が、街の地下水道に潜むゴブリン達だと判明したため、吟遊詩人にも謳われる”辺境勇士・小鬼殺し”へ名指しでゴブリン討伐を依頼する。現在の国王とは互いの旧きを知る間柄で、友人関係にある。






















ネタバレ

実は駆け出し時代、ゴブリンの群れに襲われ救出されるまでの数ヶ月間、ゴブリンたちに陵辱されたという凄惨な過去を経験している。
その時に両眼を焼かれてかろうじて失明は免れたものの極度に視力が落ちてしまった。

それ以来ゴブリンに対して恐怖の余り戦えないほどのトラウマを抱く様になり、毎晩のようにその悪夢にうなされている。しかも、英雄視されている自分が最弱のゴブリンに怯えている事など立場上公に明かすことも出来ず、それが輪をかけて彼女を苦しめている。
また、普段は白く傷ひとつない綺麗な肌をして見えるが、入浴などで体温が上がると過去の傷痕が全身に浮かび上がる。

水の街での一連の事件は、彼女と浅からぬ因縁を持つ魔神王の残党が引き起こしたものだった。
彼女は事件の全貌をいち早く察しており、彼女自身で決着をつける事もやぶさかではなかったものの、残党が尖兵としてゴブリンを使役していたが為にトラウマを刺激され、自ら討伐に赴く事が出来ずにいた。
そこであえて事件の真相を伏せ、地下水道に巣食うゴブリンの仕業であると触れて回り、冒険者ギルドに討伐依頼を出す事で、ゴブリンの脅威を知らしめつつ事態の収拾を図ろうとしたが、平和慣れした民衆がゴブリンに対する認識を改める事は無く、結果的に黒幕を放置した事でいたずらに犠牲者を増やすだけの徒労に終わってしまう。
誰にも打ち明けられない苦悩を抱えた彼女が出来る事と言えば、使徒を見張りに立ててゴブリン達を地下水道に封じ込めるのが精一杯であった。
ゴブリンスレイヤー一党が地下水道でエンカウントした沼竜(アリゲイタ)は至高神の使徒であり、迷い込んでしまった冒険者を追い出しつつ、ジャイアントラットやジャイアントローチといった害獣・害虫を駆除していた(水の街に下水道保安の依頼がないのはそのため)。彼女と沼竜は感覚を共有しているため、間接的とはいえゴブリンに触れてしまった嫌悪感から風呂に入った際、女神官に傷痕を見られてしまう(その傷の意味を痛いほど理解している女神官は、追求しなかった)。

ゴブリンスレイヤーはゴブリン退治の過程で、一連の事件を自然発生したゴブリンの仕業と片づけるには不自然すぎる状況の数々から、この小鬼禍が人為的要因によるものではと推察。
幾度目かの探索の末、一行はゴブリンの住処に繋がる『転移(ゲート)』の鏡を見つけ、ゴブリンの陰で糸を引く者の存在を確信する。
一方でゴブリンどもを利用し、剣の乙女への報復を企てていた魔神王の残党は、独自に行動を起こしていた勇者一行に居場所を突き止められ、あっけなく討伐される。鏡もゴブリンスレイヤーに破棄された事で、彼らの目論見は完全に潰えた。

帰還したゴブリンスレイヤーから真相を隠していた事を問われ、彼女は全てを打ち明けた。そんな彼女に彼は咎めも同情もせず、「ゴブリンが出たなら呼べ」「たとえ夢の中でもゴブリンなら俺が殺してやる」ただそう告げて彼女の心を救う。以来、毎夜安らかに眠れるようになった彼女は、前よりも精力的に活動を行う一方で、自分の悪夢を打ち倒してくれた勇者にも勝る希望(ヒーロー)にぞっこんになり、彼絡みの案件になると途端に乙女回路がフル稼働を始めるようになった。











さらなるネタバレ


実は子供っぽさがある意外と面倒くさかった人物であると判明(コミック版5巻の書き下ろし小説によるとゴブリンスレイヤーと出会う前からそういう性格であったらしい)。
ゴブリンスレイヤーに恋してからは更にポンコツ度に磨きがかかり、彼に会いたいが為に辺境の街の祭に行きたいと駄々をこねたり、ゴブリンに拐われた令嬢剣士の救出依頼にかこつけて恋文よろしくな情熱的な手紙を送ったりして、部下からは更に呆れられてしまっている。
他愛もない会話の最中に想い人の事を考えて惚けてみたり、彼を取り巻く女性と自身を比較して物憂げになるなど、年頃の恋する乙女のような振る舞いを度々見せている。

センシティブな作品



ある日、「天の火石」事件の対策に関わる御前会議に緊急招聘される。都までの道中は最近になってゴブリンライダーが出現し始めた事もあり、護衛を依頼する為にゴブリンスレイヤーの下を訪れた。
御前会議の最中、王妹がゴブリンどもにさらわれたとの報が入る。信用ある実力者として彼女に任されるはずだったゴブリン討伐及び王妹救出の任務を(彼女のトラウマの件は、国王ですら知り得なかった模様)、女商人(元・令嬢剣士)の手引きにより現れたゴブリンスレイヤーたちが代行する。
その後、死の迷宮から王妹を救出したものの、満身創痍かつ四面楚歌の状況下にあったゴブリンスレイヤー一行の援護に神官戦士たちを率いて駆けつける。この時、自らもトラウマに挫けそうになりながらも勇気を奮い立たせ、ゴブリンの群れに立ち向かっている。

実は、原作者蝸牛くものもう1つの作品『Wizardry ユース・アンド・アッシュ・サイドバイサイド』の登場人物でもあり、10年前の魔神討伐のパーティーとはこちらの主役達の事である。
ゴブリン退治に失敗した事が噂として広まったせいで仲間から見放され、鑑定屋として柄の悪い冒険者に絡まれた所を侍の青年『君』に助けられた。そして『君』を始め、その従姉である魔術師、半森人の斥候、槍使いの女戦士、蟲人僧侶と共に、自身は司教として地図描き担当も兼ねつつ、『死の迷宮』へと挑んだ。
なお、AAの配役はラクス・クライン

センシティブな作品



この冒険については、外伝2作目『鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》』にて連載中。

使える奇跡

これ以外にも多数の奇跡を高いレベルで用いることが出来ると思われる。

  • 蘇生(リザレクション)
最大級の回復の奇跡。名前に反して死者を復活させるものでは無く、瀕死の者を最大限賦活させるものである。
発動の際は「神殿などの神聖な場所で行う」「対象者と処女とを同衾させる(ただしそれ以上に至ってはならない)」などの条件が設けられており、おいそれと使用出来るものではなく、並の冒険者とは縁遠い奇跡となっている。
ゴブリンスレイヤーに使用した際には女神官を介して発動した。
  • 聖壁(プロテクション)
「《つるぎの君よ、見るべきを見、語るべきを語るものに、守りの加護を》」
8巻冒頭、10年前の回想シーンで使用。女神官も使える術だが、仕える神が違うために詠唱は異なっている。
  • 沈黙(サイレンス)
「《汝らに、黙秘の光あれかし(ライト・トゥ・リメイン・サイレント)》」
同じく10年前の回想シーンで使用。蟲人僧侶との連携で、対峙するグレーターデーモン2体の呪文を封じ込めた。
  • 聖撃(ホーリースマイト)
「《裁きの司(つかさ)、つるぎの君、天秤の者よ、諸力を示し候(さぶら)え》」
見習聖女の祈りの言葉と同じ言葉で発動する雷撃の奇跡だが、見習聖女のそれが一発だけを放てる物なのに対して、剣の乙女のそれは天上から無数の雷撃を敵勢に叩きつける凄まじいものである。

また、奇跡の他に真言による魔法も心得ている(元ネタでも、司教は僧侶と魔法使いのデュアルクラスである)。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品
恋文を書いている大司教様(resend)



関連タグ

ゴブリンスレイヤー
小鬼を殺す者

ヨルハ二号B型:目元を隠す美女繋がり。
ボア・ハンコック:スタイル抜群の美女、他人には絶対明かせない凄惨な過去、恋愛面でポンコツ化するなど似通った部分は多い。

関連記事

親記事

ゴブリンスレイヤーの登場人物一覧 ごぶりんすれいやーのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「剣の乙女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13603433

コメント