ピクシブ百科事典

鍔鳴の太刀

だいかたな

鍔鳴の太刀とは、ライトノベル『ゴブリンスレイヤー』の外伝作品第2弾である。
目次[非表示]

これは、蝸牛くもが描く、灰と青春の物語。

概要

原作著者:蝸牛くも
イラスト:lack
コミック:水口鷹志、青木翔吾

2019年2月より連載開始され、文庫版は同年8月にて刊行された。出版はSBクリエイティブ。
ゴブリンスレイヤーの外伝第2弾
本編開始から10年前、「死の迷宮」に挑んだ六人の英雄の軌跡を追った物語である。
本編に登場した剣の乙女の過去とも言える。

コミカライズは当初、水口鷹志氏が担当し連載されていたが、諸事情により連載終了となった。
後に、新たに青木翔吾氏を担当とし、再連載された。

元々はwizardryを元にしたTRPG風の安価スレであり、それを小説としてリファインした作品である。
そのため、Wizardryを意識した要素が多く見られる。
ただし本編同様、死んだ者は生き返る事はなく、Wizardryよりシビアな世界観となっている。

あらすじ

―――始まりが何であったのか、もはや知る者はいない。
いずれにせよ《死》が大陸中へと溢れ出した。
ゆえに時の王が御触れを出す。
「《死》の源を突き止め、これを封じよ」。

《死の迷宮(ダンジョン・オブ・デッド)》。
死神の顎そのものである奈落の淵へ人々は集い、いつしか城塞都市が生まれた。
冒険者たちはここで仲間を募り、迷宮へ挑み、戦い、財貨を得、時として死ぬ。

君は冒険者だ。
悪名高き《死の迷宮》の噂を聞きつけ、その最深部へ挑むべく、この城塞都市を訪れた。

登場人物

詳しくはゴブリンスレイヤーの登場人物一覧を参照。


You are the Hero
本作の主人公にして虚言回し。善のサムライ。
四方世界の北方にある、《死の迷宮》の入り口にできた城塞都市にやって来たばかりの只人の冒険者。
湾刀の術理を修めた魔法戦士。
ムッツリスケベ

従姉
One of the All-stars
君と一緒に城塞都市にやって来た、君の従姉。只人で、善の魔術師。
心優しい気質で姉ぶるが、抜けている所もある。
後列で采配を振るう。
一党の中では運が高い

半森人の斥候
Hawkwind
城塞都市にくる途中、君らと出会った森人の冒険者。中庸の斥候。
目端が利いて、場を取り持つのが上手い。
罠探知・解除などといった、一党の斥候を担う。
関西弁に似た言葉遣いをする。

女司教
Sword Maiden lily
君らが城塞都市の酒場で出会う只人の少女。善の司教。
過去の冒険で、目に傷を負っている。
至高神の権能により『鑑定』ができる。
後の剣の乙女である

女戦士
Blessed Hardwood spear
君らが城塞都市で出会う只人の少女。善の戦士。
既に迷宮に潜ったことのある『経験者』。
前列で槍を扱う。
スライムが鬼門

蟲人僧侶
Elite solar trooper. special agent and four-armed humanoid warrior ant
君らが城塞都市で出会う蟲人の冒険者。善の僧侶。
迷宮の『経験者』として、君たちの参謀を務める。
交易神に仕える僧侶。
マップ神

余談

元は安価スレであることから、AA版は展開がダイスの出目次第であるため原作者すら予測不可能な事態になる事もしばしばである(主人公達や主人公の知人が危篤状態になって、作者が狼狽することもある)。
小説化に伴って、原作と描写が異なる所があるとはいえ、「すべての展開が原作者が望んだもの」という意見は些か誤解が含まれていると明記しておく

また、これに限らず原作者の安価スレ作品は、原作者自身の極端なダイス運もあり、読者だけではなく原作者も驚くような展開になるものが多い(完全にアウェーな状況からの主人公陣営のまさかの大活躍、逆に楽勝な雰囲気からのまさかの苦戦もしくは重傷、当初想定されていたヒロインを差し置いて主人公と結ばれる真ヒロイン予測不可能な所からいきなり生えてきた濃すぎる恋のライバルもしくはラスボスなど)。
本作も例外ではなく、本来は従姉がメインヒロインとして想定されていたが、ダイス監督が荒ぶった結果、いつの間にか女戦士がメインヒロイン最有力候補になってしまっている
……ダイスの神様は何時も気まぐれなのさ(故に小鬼を殺す者はダイス運に頼らない和マンチ街道を驀進するわけだが)。

関連タグ

GA文庫 ゴブリンスレイヤー
Wizardry:ベニ―松山氏の著書に1作目を題材にした小説『小説ウィザードリィ 隣り合わせの灰と青春』がある。
ファイティングファンタジー:シリーズの一冊『サムライの剣』に登場する和風国家「八幡国」の秘宝が「鍔鳴りの太刀(the Dai-Katana, the great sword, Singing Death)」。そもそも作者は同世界を舞台にした『ソーサリー』を愛してやまないそうな。

関連記事

親記事

ゴブリンスレイヤー ごぶりんすれいやー

兄弟記事

コメント