ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アルゴ(sao)

あるご

アルゴ(SAO)とは、「ソードアート・オンライン」に登場する情報屋の女性である。
目次 [非表示]

CV井澤詩織

概要

通称「鼠のアルゴ」。VRMMOソードアート・オンライン内で情報屋を営む少女(に見えるがキリトアスナの前では「オネーサン」を自称する)。一人称は「オレっち」「オイラ」。

元βテスターだが当時は最前線には関わっていなかったらしく、本人いわく「フロントランナーでも本職の情報屋でもない」とのこと。キリトとはベータ時代には面識はなかった。

金褐色の髪(アニメでは深緑だが、光の加減の可能性あり)に両頬に描かれた三本の線が特徴で、背丈はキリトよりも一回り以上低い。露出はほとんどなく、更に上から丈の長いフード付きマントを着用していて情報屋らしい怪しげな風貌。


犬だけは大の苦手


情報屋としての腕は確かで、五分雑談すると知らないうちに100コル分のネタを抜かれるとまで噂されている。キリトには「売れるなら自分のステータスだって売る(※デスゲームとなったアインクラッドでは文字通りに命に関わる)さ」と評されている。

しかし決して無節操なハイエナではなく、自分なりのルールをもって活動している。真偽の怪しい情報はきっちりと裏をとり、価値があると判断した情報には相応の情報料を払う。特に、トラブルの元であるβテスター出身者についての情報は取り扱わない。

更に自身のβテスターとしての経験を生かして攻略本を製作、フロントランナーには一冊500コルで販売し、その売り上げを元に増刷した分を他のプレイヤーたちに無料配布して攻略と中堅以下のプレイヤーの安全にも貢献している。自己の利益だけを追い求めてはおらず、SAOにおける情報屋の鑑といえる。

なお彼女の販売する攻略本はフロアボスの情報からおススメの食べ物まで、さまざまな情報を網羅している一級品だが、惹句は

大丈夫、アルゴの攻略本だよ。

元ネタを知っていると逆に不安になるかもしれない惹句である。


来歴

作中時系列での初登場は、2022年11月7日(デスゲーム2日目)のキリトを描いた「その次の日」(劇場版プログレッシブ星なき夜のアリア』入場特典)。

第1層の最前線にいたキリトを訪ね片手剣「アニール・ブレード」入手クエストの情報を聞き出し、その後共同でクエストに挑んだ。

このときに得た報酬こそが黒パンとサワークリーム。約1か月後にキリアスを成立させる重要なアイテムになっている。

なにげにSAO本サービス開始後にキリトが初めて知り合った女性である。


第2層ではエクストラスキル(特殊な習得条件が課せられたスキル)「体術」の情報をキリトたちに提示し、ボス攻略に貢献している。


その後もキリトをはじめとした元ベータテスターたちとこまめに連絡をとりつつ、情報収集と攻略本配布を行い多くのプレイヤーを支えていった。

特にキリトとアスナのことはお得意様として扱い、「キー坊」「アーちゃん」と呼んでいる。


2024年10月には単独でのクエスト攻略に行き詰まり(原因は弱点である「犬」)、途方に暮れていたところでキリト&アスナと再会、2人の手を借り攻略する。

このとき2人が結婚したことに初めて気づいたプレイヤーとなり、別れ際に祝いの言葉を述べている(短編「キス・アンド・フライ」)。


SAOクリア後は音沙汰がなく、後述の死亡説すら囁かれていたが、「ユナイタル・リング」編にて現実世界で再会。

ゲーマーとしてはセミリタイア状態だったが、キリト達の一助となるべくSAO時代のキャラデータをALO経由でコンバートさせ、URに参加する。


能力

武器は「両手爪(クロー)」。手に装着するタイプの武器であることから、剣や槍などと違ってファンブル(武器取り落とし)の心配がない。

他、「隠蔽」や「看破」などの戦闘回避・探索系スキルを主に習得している。

戦闘が主目的でないため、総合的な実力は攻略組には及ばない。


死亡説

上記の通りプログレッシブ編では主要キャラクターの一人にもかかわらず、本編では3巻以降の時系列で長らく出番が無かったこと、アニメ版SAO編最終回の1期第14話にて映ったログアウトリストで多くのキャラクターが生還を確定させる中でアルゴの名前が見当たらなかったこと、そして情報屋という時には人の恨みすら買う危険な仕事であることから一部では長らく死亡説も囁かれていた人物である。

後に、BD&DVD第1巻の書き下ろし短編「SAO ザ・デイ・ビフォア」にて生存が確認され(時系列的にSAO1巻のころの話、SAOクリアまで残り3週間未満)、ゲーム版でも普通にピンピンしていたので生存がほぼ確実視されるようになったが、それでも確定的な証拠が一向に出なかったために長らくファンを不安にさせていた。原作21巻でリアルの姿を見せたことでようやく生存が確認された。

実は2017年時点で一応生存が確認されてはいたのだが、詳細は後述のガールズ・オプスの項にて。


ゲーム版

ホロウ・フラグメント

76層以降のifストーリーである本作では主にチュートリアルキャラクターとして登場。ver1.05以降は戦闘にも連れ歩けるようになるが、大人の事情により短剣を使用する。システム上はオマケキャラクターのユウキ共々AIがモブキャラクター扱いのため、育成に問題点がある。

正史よりもずっと早くリズ・シリカ・リーファと出会っているが、リズとシリカがSAO内でそれなりに有名人であることを語っている。また、周囲には隠されているリーファ(およびシノン)の正体についても断片的な情報から迫ってみせている。

なお、前作「インフィニティ・モーメント」では名前しか登場しなかった。


ロスト・ソング

アルゴSAO アルゴ

IFルートながら商業作品でSAOクリア後のアルゴが初登場。ガールズ・オプス版よりも露出度が高いが、SAO時ほど長くないものの裾の長いフード付きマントを着用している。

今回は原作通り体術を主武装とする。


ホロウ・リアリゼーション

アルゴ2頭身アルゴ♡

前作から引き続き参戦。新衣装。4つの衣装の中で最も露出度が高く、ヘソ出しでフードの上着も胸のあたりまでしかない。

大の犬嫌いではあったがキリトとユイと共にワン吉とのイベントクエストを行う内に犬嫌いもほんの少しだけマシになった、かもしれない。

ラスボス手前でフラグを立てておくと発生する個別ENDにてキリトに思わせぶりな発言をして驚かせている。


フェイタル・バレット

アルゴ

空軍風の「アビエイターワンピース」を纏って登場。

PvP激しいGGOなので飯のタネには事欠かない一方、トップランカーの使用武器などのデリケートな情報も扱うせいか騙して悪いがの危険に晒されることも少なくないようである。

一方でSAO時代同様に一線は引いており、プレイヤーのリアルに関する情報だけは決して扱わない

主人公、キリト、アスナ、シノンユウキをセンスのある強者として挙げており、凡人である事を嘆くクレハに対して「凡人には凡人の戦い方がある」と自身もまた凡人だと自覚した上で諭している。

シナリオ中ではウェポンアーツ(必殺技)や好感度アイテムの販売などをしてくれるが、とにかくお高い。ウン十万単位、重要クエストでは一千万単位で金を毟り取っていく。もうちょっと手心を…

加えるどころか、アップデートによってドロップするアクセサリが必ず最高レアになったり、武器の厳選に非常に役立つ「コロン」という特殊アイテムを売りつけるようになった。相場は100万クレジットにつき100分。この銭の亡者め

とはいえ貢げば貢いだだけ好感度が上がるので無駄ではない。というか2周目以降になり上述のアイテムを使い厳選作業をしていれば数千万~数億単位のクレジットも自然に集まる為、寧ろお釣が来るくらいである。一度もパーティメンバーに加えてないのに好感度がカンストしてたということも少なくない。ウソです、やっぱりおねーさんは最高だぜ!


ゲーム上ではイメージに反してタンクとしてトップクラスの性能。

トップクラスの防御力とHPを両立し、タンクに必要な挑発スキルも揃えている。

さらにショットガンと拳銃を装備しているが、この拳銃が弱点攻撃&クリティカルに特化した最強武器候補のロングストローク系列。

PvPやヒーロークエストではエイムによるヘッドショットで大暴れも可能となっている。


千年の黄昏

本作ではサクヤアリシャ同様にサブイベントでの任意加入。

領主二人と同様に変貌したスヴァルトエリアの調査を行っているが、彼女らと違ってストーリー上でもちょっとだけ顔見せする。


ガールズ・オプスでのアルゴ

前述の死亡説でファンを長らくヤキモキさせていたアルゴの生存が正史の時間軸ではじめて確認された作品。

…が、原作23巻にてリズベット達とは直接の面識がなく、ALOもプレイせずゲーム内での情報屋も辞めている事が判明。(以前から原作との乖離があったとは言え)完全に矛盾してしまった。


今後本作がどのような位置づけになるかは不明なので、ひとまずはゲーム版、原作とも分けて記述する。


原作と異なり他の多くの生還者同様にALOを始め、情報屋も続けている。種族は(鼠なのに)ゲーム同様ケット・シー。ただし衣装はゲーム版のものではなくリデザインされたもので、今までと同じくフード付きの上着を着用しているが裾は全くなく、ゲーム版ほどではないものの幾分露出度が上がっている。

シリカ、リズベット、リーファ、ルクスの4人は本作ではアルゴと直接対面、「キー坊《SAO編》めくるめく青春のメモリアルデータ」なるものをチラつかせてからかわれていた。


相変わらずキリトの身内であることから上記4人のことも把握している他、とあるギルドの黒い噂も掴んでいたりと聞き耳の良さは変わらない。しかしながら、もはやデスゲームではないためか、個人情報の販売は止めたようである(どこまでを個人情報とするかにもよるが、SAO編当時は「誰にどんな情報を売ったか」、要は購入履歴も条件次第で売りつけていた)。


リアル

現実世界アルゴ本名は「帆坂・カリーナ・朋」。リンク先ネタバレ注意!


余談

  • 担当声優の井澤女史はシリカの相棒の小竜「ピナ」との兼ね役となっている。

関連イラスト

憂い情報屋ちゃん可愛い

情報屋アルゴ


関連タグ

サブキャラクターや作中作内部の用語、ネタタグやカップリングは各記事を参照。


ソードアート・オンライン SAO


関連記事

親記事

ソードアート・オンラインの登場人物一覧 そーどあーとおんらいんのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1143366

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました