ピクシブ百科事典

ホロウ・フラグメント

ほろうふらぐめんと

「ソードアート・オンライン」のPS Vita向けゲーム。 発売はバンダイナムコ。
目次[非表示]

概要

バンダイナムコから発売のソードアート・オンライン PSVita向けゲーム。
2014年4月24日発売。

キャッチフレーズは「終わりのない虚ろな世界で、俺たちは生き続ける」

ソードアート・オンラインの世界「アインクラッド」に突如出現した「ホロウ・エリア」を舞台に各パートナーと協力しゲームクリアを目指す。

アインクラッド攻略編は前作インフィニティ・モーメントとほぼ同じなので、前作をプレイしていなくとも楽しめる。

何と今作はパートナーをお姫様抱っこしたりパートナーと添い寝できたりする。
何と言うリア充(リアルじゃないな)
とにかく主人公キリトは男性プレイヤーから何かされても文句は言えないぞ。
親密度が上がれば男性プレイヤーもお姫様抱っこできる(アーッ!

あらすじ

謎のシステムエラーにより、第75層以降のゲームが続行されたSAO
ある日キリトは、謎のエリア「ホロウ・エリア」に強制転移されてしまう。
そこで出会ったのは、虚ろな目をしたオレンジプレイヤー(犯罪者)の少女。
成り行きで彼女と共闘し、ホロウ・エリアを案内されたキリトは、無事にアインクラッドへ戻る事ができた。
こうしてキリトはアインクラッドの完全攻略と並行して、ホロウ・エリアの探索を進める事になったが・・・

新規キャラクター

今作のカギを握る少女で謎多きオレンジププレイヤー。キリトに深く関わる。

原作からの登場人物

原作より参戦。SAOを恐怖に陥れた快楽殺人者。その正体は…

原作より参戦。死んだはずの人物なのだが、ホロウ・エリアにてキリトの前に姿を現す。
元アインクラッド解放軍ギルドマスター。なんでや!の人。
原作「マザーズ・ロザリオ編」より登場。ALO同様闇妖精族(インプ)の姿をしている。今回はゲスト参戦。

続投キャラクター

詳細は個別記事及びインフィニティ・モーメントを参照。

前作に続き登場する謎の女性。前作とは異なりいつでもパートナーの一人として選べるようになった。
  • アルベリヒ
前作に続き登場。正体は言うまでもない。

原作からの登場人物

本作の主人公でプレーヤーが操る事のできるキャラ。ゲーム中に自分の部屋(エギルの宿屋2階の部屋で容姿、ボイス、名前(アバター)を変更できる。ゲーム開始時にもアバターを改変できる。

血盟騎士団の副団長で主人公のパートナーの一人。装備は前作インフィニティ・モーメントと同様。初期装備は血盟騎士団の団服。
ビーストテイマーの少女でパートナーの一人。装備はアニメ、前作基準。
リズベット武具店店主でマスターメイサー。パートナーの一人。装備はアニメ前作基準。
SAOのメンタルヘルスカウンセリングプログラムの少女でキリトとアスナの娘。
SAOにALOの姿でダイブしたキリトの妹。パートナーの一人。装備は前作基準。
何らかの理由でSAOに迷い込んだ少女。パートナーの一人。装備は前作基準。

アバターコンテスト採用キャラクター

ニコニコ静画で開催されたソードアートアバター&武器コンテスト
(2012年3月31日(土)~2012年5月31日(木))で採用された6人のキャラクター。
キリトのパートナーとして選択可能。今回は原作キャラクターと同等以上の高い能力成長率はそのままに投稿時の衣装の性能が最上位クラス一歩手前の性能にまで引き上げられ、彼らの準専用装備(プレイヤーが入手してプレゼントしない限り、他のキャラクターは着用しない)となった。
今回は一人通信プレイなどでお世話になる人も多いだろう。

  • モグラ
シャベル型の片手棍を使用する女性プレイヤー。武器共々採用された唯一のキャラクター。
今回は同デザインの装備が片手棍と両手剣で別に存在する形に変更された。マインクロス一式を着用。
  • モア
槍使いの女性プレイヤー。投稿時の設定が一部反映され、所属ギルドはグンマー。エルヴンクロス一式を着用。
  • シンヤ
片手剣使いの男性プレイヤー。コンテスト出身者では唯一の男性。
クロスジャケット一式を着用するが、男性故にキリトも彼の装備を着用可。
  • ハシーシュ
短剣使いの女性プレイヤー。相変わらずモブキャラクターでは最強だが、装備の関係で回避特化になった他、キリトの成長率が引き上げられたために彼以上の能力ということはなくなった。着用しているのはフェイタルクロス一式。回避面で補正を受けるが耐久面は逆にマイナス補正がかかる。
別の採用キャラクターのマリアとコンビを組んでおり、パーティ単位での性能も恐らくトップクラス。

随分昔のだけど


a.f.oさんのデザイン。

  • マリア
片手剣使いの女性プレイヤー。ハシーシュの相方。ヴァルキリーメイル一式を着用。
  • セバ
片手棍を使用する女性プレイヤー。シーカープレート一式を着用。
bunbunさんのデザイン。なお、原作絵師のabec先生とは何の関係もありません(棒)
画集の書きおろし短編にて、原作の時間軸にまさかの登場。

その他

  • ココア

モブキャラクターだが、原作者のお気に入りということでちょっとだけ優遇。他の一般攻略組よりも上質な装備や、特殊なデート会話などが用意されている。

ホロウ・エリア

システムエラーを起こしたSAOに突如出現した謎のエリア。
アインクラッドとは別に存在するエリアで階層構造ではなく、エリア中央に浮かぶ管理区がアインクラッドと繋ぐ出入り口になっている。
アインクラッドにはない強力なモンスターや装備が出現するため所謂「隠しエリア」とプレイヤー達からは思われているが、入るためには何らかの条件が必要らしく誰でも入れる訳ではない。

その正体は、開発テスト用の秘匿エリアで、SAOに実装されるさまざまな要素のテストを行っている。
このテストを効率よく行うため、エリア内ではアインクラッドのプレイヤーIDを参照して忠実にコピーしたAI「ホロウ・データ」が作られている。
キリトは、AIでは判別できないイレギュラーな行動や高いプレイヤースキルを要求されるテストを行うための高位のテストプレイヤーとして招かれていた。

店頭別特典

http://sao-hf.bngames.net/special/shop.php

ダウンロードコンテンツ

※Yシャツ購入権は2014年4月10日~4月20日まで。ファミマ予約特典パジャマはファミマで予約した商品に限る。
http://sao-hf.bngames.net/dlc/
詳細は雑誌『電撃playstation Vol.565』に掲載。

余談

企画段階でのホロウ・フラグメントの仮タイトルはソードアート・オンラインシンメトリー・フェイクだったとの事。
製品版では現在のホロウ・フラグメントにタイトル変更されている。仮タイトルは企画段階の資料のみ記載されていた。
2017年10月18日のニコニコ生放送、N高×電撃『ソードアート・オンライン』ゲームプロデューサー特別授業で二見氏により資料の一部が公開されている。

関連タグ

<
カテゴリライトノベル WEB小説 アニメ ゲーム アプリ
原作者・出版社関連川原礫 電撃文庫 アクセル・ワールド 絶対ナル孤独者
ジャンルSF ファンタジー デスゲーム VRMMORPG
表記揺れソードアートオンライン SAO SwordArtOnline 刀劍神域 刀剑神域
アニメ関連伊藤智彦 足立慎吾 2012年夏アニメ 2014年夏アニメ 劇場版
ゲーム関連インフィニティ・モーメントPSP) / ホロウ・フラグメントPS Vita) / ロスト・ソングPS3/PS Vita/PS4) / Re:ホロウ・フラグメント(PS4) / ホロウ・リアリゼーション(PS4/PS Vita) / 千年の黄昏(PS4/PS Vita) / フェイタル・バレット(PS4/XboxOne/Steam) 二見鷹介 アクリア アートディンク ディンプス
アプリ関連コード・レジスタiOS/Android) / インテグラル・ファクター(iOS/Android) / メモリー・デフラグ(iOS/Android) / エンドワールドGREE) /プログレス・リンクMobage) /プログレス・リンク∞Mobage
スピンオフガールズ・オプス 猫猫猫 スクワッド・ジャム 時雨沢恵一 黒星紅白 クローバーズ・リグレット 渡瀬草一郎 ぎん太
その他ザ・ビギニング レプリケーション


外部サイト

ソードアート・オンライン=ホロウ・フラグメント公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ホロウ・フラグメント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213981

コメント