ピクシブ百科事典

アンリエッタ・ド・トリステイン

あんりえったどとりすていん

ライトノベル『ゼロの使い魔』の登場人物。
目次[非表示]

概要

身長 158サント
スリーサイズ B84/W59/H85
好きな食べ物 角羊のスープ
特技 ダンス


CV:川澄綾子

ヤマグチノボルによるライトノベルゼロの使い魔』の登場人物。

物語の舞台であるトリステイン王国王女で、後に女王に即位した。
水系統の魔法を扱うことができるトライアングルメイジ。17歳。ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール幼馴染であり親友でもある。第2巻から登場。

幼馴染のルイズからも主君として尊敬と敬意を持たれている。穏やかな性格と、王族としての威厳を併せ持つ美少女。その反面かなりのお転婆でもあり、乗馬を嗜んだり、自ら変装して街に潜り込み潜入捜査を行ったりと、かなりアクティブな一面も持っている。

国王亡き後は国の象徴的存在となり、多忙な日々を送っている。レコン・キスタに滅ぼされたアルビオン王国の皇太子ウェールズとは従兄妹であり相思相愛の間柄であった。

登場当初は王族としての意識が薄く、甘ったれなお姫様といった様子であったが、ウェールズを失い、レコン・キスタとの戦いを経て、次第に王族としての義務感に目覚めていく。
一方、私生活については王女時代よりも悪化しており、ルイズとの関係を知りながら平賀才人に色目を使うようになる。最愛の人であったウェールズを失ったこと、その彼に「自分を忘れて、他の人を愛してほしい」と言い遺されたこと、そしてそんな状態のまま国王という重責を担うことから、支えてくれる誰かを求めるのは致し方ない面もあるのだが。
誰が呼んだかロイヤルビッチ

関連イラスト

アンリエッタ
アンリエッタ



表記揺れ

アンリエッタ

関連タグ

ヤマグチノボル ゼロの使い魔
ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール 平賀才人
トライアングルメイジ トリステイン王国 女王 王女

pixivに投稿された作品 pixivで「アンリエッタ・ド・トリステイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 242015

コメント