ピクシブ百科事典

ヤマグチノボル

やまぐちのぼる

ヤマグチノボルは日本のライトノベル作家、ゲームシナリオライター。故人。
目次[非表示]

昭和47年生まれ茨城県出身。
明治大学政治経済学部卒業後、平成12年に美少女ゲーム『カナリア~この想いを歌に乗せて』でシナリオライターを務めたのち、同年作家デビュー。
平成16年に発表した『ゼロの使い魔』はこれまでに外伝含め25巻が刊行され、4期に渡ってアニメ化されるなど人気作品になった。
平成23年7月、末期癌であることを公表。投薬治療などによる延命治療を続けており、治療の傍らTwitterでファンと交流したり作品への意欲を語っていたが、2年余りの闘病の末、平成25年4月4日死去した。享年41。
これによりゼロの使い魔シリーズは、残り二巻の完成をみることなく絶筆になってしまった。

心からお悔やみ申し上げます

平成27年6月25日、ゼロの使い魔公式サイトにて完結までのプロットが遺されていたことと、続巻刊行決定が発表される
 
2017年2月までに代筆者による残り2巻がヤマグチ名義で刊行され、ゼロの使い魔は無事完結を迎えるに至った。当初代筆者は伏せられたが、これは先入観を与えたくないという発売元の意向によるものである(後に志瑞祐が手掛けたことが明らかにされている)。

主な作品

関連タグ

小説家 MF文庫J

関連リンク

MF文庫Jオフィシャルウェブサイトによる訃報

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤマグチノボル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95414

コメント