ピクシブ百科事典

妖精弓手

かなどこえるふ

妖精弓手とは、ライトノベル及び漫画『ゴブリンスレイヤー』の登場人物である。
目次[非表示]

「十分に熟達した技術は、魔法と見分けがつかないものよ。」

概要

CV:東山奈央

ひょんなことから鉱人道士蜥蜴僧侶と共に辺境の街のゴブリンスレイヤーと一党(パーティー)を組むことになった森人(エルフ)の女性冒険者。階級は第三位『銀等級』。

一党内での役割は野伏(レンジャー)及び斥候(スカウト)、戦闘ではある蜘蛛の糸を弦としたイチイのを用いての狙撃を本分としており、ひとたび弓を持てば後衛として呪文遣いにも劣らぬ火力を発揮する。その一方、スリングなどの投擲武器に関しては、森人の投擲能力は只人のそれより遥かに劣るため、苦手である。
接近戦は不得手だが、ゴブリンどもに組み付かれて半裸にされつつも、ほぼ自力ではね除ける程度の力量は持っている。

森人の中でも妖精に近い原種・古代種的な存在である上森人(ハイエルフ)で、老衰でだけはまず死なないほぼ永遠の寿命を持つ途方もない血統の出身。
その為、森人特有の美貌とうら若い容姿とは裏腹に2000歳と一党内では最年長だが、種族的にも成長への貪欲さが少なく故郷のを旅立ち数年そこらのため、まだまだ見聞は狭く精神年齢も未熟。“未知を知る”事を喜びとし、またそのための“冒険”を好む。

「星風の娘」と呼ばれる氏族の長の娘でもあり、書籍7巻では姉と従兄の結婚を祝う為、仲間を伴って故郷であるエルフ王の森を訪れた。

すらりとした華奢な体躯で、白緑色の長髪はリボンで結っている。
桁違いの長命種故に未だ成熟途中のスタイルが悩みであり、鉱人道士(と読者や作者)からは金床扱いされ、しばしば弄られ憤慨している。
また、ワインで酔い潰れるほど酒に弱く、鉱人道士の火酒を飲んで悶絶した。おまけに酒癖も悪く、ゴブリンスレイヤーに絡んでいた。
また、この世界の森人も多くのファンタジー作品同様獣肉食の文化を持たないが、それは生態系におけるコスパの観点からと理由付けがされており、彼女の故郷では成長力と繁殖力に優れる昆虫類を用いた料理が主な蛋白源として重宝されている他、絹織物を始めとする虫関連の工業技術に定評がある。

パーティの頭目となったゴブリンスレイヤーの事はエルフ語の『オルクボルグ(小鬼殺し)』という字名で呼んでおり、ゴブリン根絶を“目的”として動く彼の人生に哀しみを懐き、自身が知っている冒険の楽しさを教えてあげたいと意識するようになる。

鉱人道士とは種族的にも性格的にも気が合わないため口喧嘩が絶えないものの、冒険中でさえ軽口を叩き合い、戦闘時には背中を預け合える良き仲間
女神官からはのように良く慕われており、キャンプの時は彼女が作ってくれた豆のスープのお礼としてエルフの保存食を分け与えた。
蜥蜴僧侶とも彼のチーズ好きをからかったり竜になるという望みを応援するなど、良き友人である。

ゴブリンスレイヤーのそれ以上に私室はちらかっている
因みにこれは彼女の姉も同様であり、姉の婚約者曰く「(あの姉妹には)片付けの習慣がない」との事。下着が苦手らしく、日常でもほとんど身につけていない
自分たちの文化では専ら水浴びが主流であるらしく、女神官と一緒に入るまで、温泉(お風呂)につかったことがなかった模様。

ゴブリンの嗅覚を誤魔化すために奴らの血ワタを浴びる事には、諦め混じりに慣れてしまった女神官と比べ未だに抵抗が消えず、臭い消しの香を女神官用も合わせて購入するようになったがうっかり忘れて洗礼を受ける事も……

ゴブリンスレイヤーへの呼び名である“オルクボルグ”は、ホビットの冒険に登場するゴブリン殺しの伝説の魔剣「オルクリスト」を元ネタにしていると推測される。やる夫スレでは、「オルクリスト」と呼んでいる。

やる夫スレではシノン(SAO)のAAを当てられていた。

余談

  • 原作者曰く、彼女の故郷である森人の里に攻め込むとレゴラス級が500人ぐらい出てくるらしい。しかもレッサーレゴラス、グレーターレゴラスなる者も存在するとの事。……何それ怖い。


  • 女神官に分け与えたエルフの保存食は、実は元ネタ的に調理して他人に分け与えても良いのはエルフ王家の女性のみであり、書籍1巻どころかAA作品の頃から妖精弓手がエルフのお姫様だと描写されていた

関連イラスト

妖精弓手
妖精弓手さん。


妖精弓手
妖精弓手ちゃん



関連タグ

ゴブリンスレイヤー エルフ アーチャー 貧乳 金床
小鬼を殺す者 女神官(ゴブリンスレイヤー) 鉱人道士 蜥蜴僧侶

pixivに投稿された作品 pixivで「妖精弓手」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9818232

コメント