ピクシブ百科事典

目次[非表示]

『ふふ。道は、いっぱい、ね。正解なんてないの。難しい、から』

概要

CV:日笠陽子

ゴブリンスレイヤー』の登場人物で、辺境の街を活動拠点とする冒険者女性
紫色の長髪に泣きぼくろが特徴的な美女で、登場するたびに肉感的と強調されるほど抜群のスタイルを持つ。おっとりとした口調と相まって、妖艶なまめかしい雰囲気を持っている。

胸元が大きく露出しているローブ魔女帽子を身にまとっており、身の丈ほどの大きなを所持している。
女神官と新米戦士たちの言い合いにそれとなく割って入って仲裁するなど、周囲に気を配れる大人の女性としての一面も持つ。その一方、茶目っ気があり、豊満な胸の谷間からマジックアイテムを出して新米戦士をからかったりする。
劇中の描写は少ないが喫煙しており、喫煙の際にはどこからか長煙管を取り出し、魔術を用いて点火している。冒険前に貴重な呪文を1回消費しているように見えるが、これについては後述。

階級はゴブリンスレイヤーと同じく在野最上級である第三位『銀等級』。
世界の理に関わる「真に力ある言葉(トゥルーワード)」を用いる真言呪文の遣い手で、同じ銀等級の槍使いの相方を務められるほどの高位の呪文遣い(スペルスリンガー)。
スクロール巻物)の設定を書き換えることも可能で、ゴブリンスレイヤーから書き換えを頼まれることもある。

相棒である槍使いの事を密かに好いているが、当の本人はギルドの受付嬢に夢中のため気付かれておらず、可愛くむくれることも。
一方で受付嬢とは良好な関係を築いており、彼女がゴブリンスレイヤーと会話させてあげるために槍使いに《沈黙》をかけて黙らせるなど手助けしている。女神官や妖精弓手といった他の女性キャラクターともよく話している。
ゴブリンスレイヤーとは先に述べた通り、かねてから多少の交流がある知人同士で、彼の素顔も以前から知っている。
また、女神官からはそのスタイルの良さや知的で大人な雰囲気から、密かに憧れとなっている。
照れると帽子の鍔を押し下げて顔を隠す癖がある。

『イヤーワン』にて、5年前に牛飼娘にアドバイスしたことが、故郷に対して負い目を感じていた彼女を立ち直らせるきっかけとなった。
岩喰怪蟲の討伐依頼で助けてもらった事で槍使いに興味を抱き、受付嬢に協力してもらい彼と一党を組み、彼の人柄に惹かれる様になった。
なお、5年前にゴブリンスレイヤーに転移の巻物で海底の遺跡に行こうとして流されたり溺れたり、水圧で死んだ冒険者の事を話し、ゴブリンスレイヤーが転移の巻物による水攻め・高圧水流攻撃を思い付く元凶となった

使用する魔術

※呪文の説明文については「ゴブリンスレイヤーTRPG(以下TPPG)」も参考としている。

  • 点火の真言
「《インフラマラエ(点火) 》」
本作の魔術の行使は三語の真言を組み合わせて唱えるものが多いが、これは一語のみで発動する。先述の通り彼女は専ら煙管へ火を入れるために使用している。
貴重な術のリソースを日常の習慣に使うことに対し、長らく彼女自身の魔法力に関する推察がファンの間で為されていたが、TRPGにて真言一つだけなら、特に消耗せず行使することが可能な事が明らかとなった。
ただ、この事実は魔術師の間でもあまり知られていないようで、少なくともこの事実を知る時点で、彼女の魔術に対する研鑽が窺える(なおイヤーワンの時期は普通に火打ち石を用いているので、少なくとも冒険者となってから得た知識らしい)。

  • 矢避(ディフレクト・ミサイル)
「《サジタ(矢)……サイヌス(湾曲)……オッフェーロ(付与)》」
範囲内に力場を発生させ、敵の飛び道具、具体的には「石弾」「矢」「弾丸」、及び遠隔武器から射出された物理的な「矢弾」による攻撃を逸らす。手で直に投擲した(剣などの)武器や魔法は含まれない。
ゴブリンロード襲撃の際には射掛けてきた矢を逸らし、原作6巻では飛んできた礫から仲間を守った。

  • 沈黙(サイレンス)
「《ペルフェクティ(完全)……プラキドゥム(沈黙)……ドヌームン(命令)》」
指定した一定範囲内から発せられる物音や発声を完全に封じ込める呪文。範囲外から発生した物音や音声を、範囲内から聞き取ることは可能。
先述の通り、魔女の場合は騒ぐ槍使いを黙らせるために使用している。
TRPGでは奇跡として紹介されているが、魔術では紹介がなかったりする。詠唱は『鍔鳴の太刀』から。

  • 抗魔(カウンターマジック)
「《マグナ(魔術)……レモナ(阻害)……レスティンギトゥル(消失)》」
相手の魔術に対する耐性をつける、あるいは対象の呪文を妨害し打ち消す呪文。ただし、自分の力量より優れた魔法は抵抗すらできない。
後に彼女から学んだのか、本編にて槍使いも使用できる事を仄めかせている。

  • 力矢(マジックミサイル)
「《サジタ(矢)……ケルタ(必中)……ラディウス(射出)》」
エネルギーの矢を発生させる呪文。『イヤーワン』で、駆け出しであった魔女が使用。
威力重視で精度が低い《火球》と比べ、威力は低いものの相手に必ず命中するという利点を持つ。

  • 粘糸(スパイダーウェブ)
「《アラーネア(蜘蛛)……ファキオ(生成)……リガートゥル(束縛)」
粘着性の意図を造り出して、動作や移動を阻害する呪文。触媒としてにかわや蜘蛛の巣などを使用する。
『イヤーワン』2巻で使用しており、飛びかかろうとしたコカトリスの足に粘着性の糸を作り出し、動きを封じ込めた。
後に彼女から学んだのか、本編にて槍使いも使用している。

  • 惰眠(スリープ)
「《ソムヌス(睡眠)……ネブラ(霧)……オリエンス(発生)》」
その名の通り、相手を眠らせる呪文。呪文名はTRPGから参照。
アニメ版のゴブリンロード襲撃の際に使用(原作小説や漫画では別の冒険者が使用していた)。

  • 天候操作(ウェザーコントロール)
「《カエルム(天)……エゴ(己)……オッフェーロ(付与)》」
一時の間、範囲内に望む天候を呼び寄せる呪文。呪文名はTRPGから参照。
晴れを快晴にする、大きな雲からにわか雨を降らせるなど自然に起こりうる程度の効果から、暑い日に雪を降らせ、晴れの日に雷を落とすなど無茶な変更まで、その効果は様々。
彼女の場合は、雹と霰の入り混じった猛烈な吹雪を起こし、敵を瞬時に凍らせて、雹に打たせて砕かせるというおっかない効果をもたらした。

  • 火球(ファイアボール)
「《カリブンクルス(火石)……クレスクント(成長)……ヤクタ(投射)》」
攻撃魔法の代名詞の様な火の玉による範囲攻撃。使用シーンこそないが、好きな呪文らしい。

  • 分身(アザ―セルフ)
「《イーデム(同一)……ウンブラ(暗影)……ザイン(存在)》」
文字通り分身を作り出す呪文。13巻によると習得してはいるが、その危険性を考えると使いたくはないとの事。

余談

AA版配役では、ドラゴンズクラウンソーサレスが当てられている。
AA版では巻物の書き換えの他、ポーションや巻物の仕入れも頼まれているが、そちらは書籍版にあたって受付嬢と武具屋の担当となっている。

関連タグ

魔女 魔女帽子 泣きぼくろ
ゴブリンスレイヤー 槍使い(ゴブリンスレイヤー)

関連記事

親記事

ゴブリンスレイヤーの登場人物一覧 ごぶりんすれいやーのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「魔女(ゴブリンスレイヤー)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「魔女(ゴブリンスレイヤー)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2954449

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました