ピクシブ百科事典

白い巨塔

しろいきょとう

日本の文芸作品のひとつ。

概要

山崎豊子作の長編小説およびそれを原作とする映像作品。
小説は1963年9月から1965年6月にかけてサンデー毎日(当時の版元は毎日新聞社)に連載された。 なお、続編も存在し、こちらは1967年7月から1968年6月にかけて、やはりサンデー毎日に連載されている。
浪速大学の医局を通して医学界に渦巻く権力闘争と医療従事者の義務を描く。
膨大な資料を綿密に調査して描いた緻密な描写は評価が高く、山崎氏が「社会派作家」としての地位を確立する作品となる。

これまで6度映像化されているが、特に著名なのは田宮二郎主演の1966年版映画大映東京撮影所)及びその続編の1978年版テレビドラマ(フジテレビ)と唐沢寿明主演の2003年版テレビドラマ(これまたフジテレビ)であろう。

映像作品はそのどれもが細部で微妙に異なる点が見られるが、大筋として、浪速大学第一外科助教授の財前五郎が様々な裏工作を駆使して教授の地位に昇り詰めるものの、佐々木康平の診察に対して医療ミスを問う裁判を起こされ、最終的に敗訴した後、自らも癌に侵されこの世を去るという流れになっている。

関連タグ

医療崩壊

pixivに投稿された作品 pixivで「白い巨塔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102253

コメント