ピクシブ百科事典

財前五郎

ざいぜんごろう

財前五郎とは、小説「白い巨塔」の主人公である外科医。
目次[非表示]

概要

財前五郎とは、山崎豊子の小説「白い巨塔」の主人公である外科医。本名は黒川五郎だが、浪速大学卒業後に財前産婦人科令嬢の財前杏子と見合い結婚をしたことで婿養子となる。

人物

食道噴門癌を専攻し、食道・胃吻合術(2019年版では腹腔鏡手術)を得意とする外科医で、天才的な手術の腕前を誇る。それ故に野心を内に秘める自信家であり、一般の保険患者に対してぶっきらぼうな接し方をすることが多いため、同期の里見脩二や師である東貞蔵、病理学の大河内教授からはそう言った振る舞いをあまり良く思われていない。一方で、純粋な優しさを持ち合わせてもおり、実母の黒川きぬに毎月仕送りを送ったり、転勤する部下に料理を振舞ったり(2018年の漫画版)食事代を手術後におごるなど気遣いを見せ愛人のホステス・花森ケイコや佃をはじめとする医局員からの信頼は厚い。
教授になってからは出世の為には手段を選ばない面が強調されたが、自身がに倒れてからは本来の温かさを取り戻し、東や里見との関係も修復された。
大学内での役職では助教授(現在の准教授)、後に教授

経歴

岡山県の生まれて小学生の頃に父親を亡くしたことがきっかけで医師を志す。貧しい生活から猛勉強と努力を重ね、高等学校卒業後に浪速大学へ進学。メディアにも注目されるほどの技量と舅の財前又一の財力、自身を慕う医局員達の工作もあって東と船尾教授が推す菊川昇准教授を始めとする対抗馬を抑え教授に就任する。

しかし里見の紹介で訪れた商店の経営者・佐々木傭平を自らの誤診で死なせてしまい、加えて彼の症状悪化時に学会を優先して外国へ渡るなどの不義理を働いたことで遺族から民事訴訟を起こされる。
一審は勝利したが、控訴審で部下の柳原に、里見や柳原の意見を聞き入れなかったばかりか自分を含めた医局員にカルテの改ざんを指示したことなどを明かされ、その証言がきっかけで敗訴した。判決後に激昂し最高裁への上告を告げた直後に倒れ、末期の癌であることが判明する。

医学部長(2003年版では学長)の鵜飼によって病院内で箝口令が出され、東によって手術が行われたが、手術不能の範囲にまで転移したため胸を開いたのみにとどまる。
2003年版、2019年版では疑念を抱いた財前が裁判で遺族側に立ったために転職した里見が勤務する病院に診察に行き、彼から真の病名を告げられている。

最期は病気の悪化で危篤状態に陥り、里見、又一、杏子達に見守られ誇り高い医師としてその生涯を閉じた(2003年版では又一の気遣いによって里見のみが看取っている)。
死後は本人の遺言によって大河内教授によって遺体を病理解剖されることとなる。

手紙

財前は自らの死に際し、最高裁への上告理由書と大河内教授へ宛てた自身の意見書を綴っているが、1990年版を除くドラマでは前者を含めた里見宛ての遺書に置き換えられることが多い。いずれの文面にも「自ら癌治療の第一線にある者が早期発見できず、手術不能の癌で死すことを恥じる」という
無念さを込めた文章が綴られている。

財前の死因

・胃癌
・肺癌(2003年版)
・すい臓癌(2019年版脳梗塞を併発)

演じた俳優

田宮二郎(1966年映画、1978年フジテレビ版)
佐藤慶(1967年NET版)
村上弘明(1990年テレビ朝日版)
唐沢寿明(2003年フジテレビ版)
岡田准一(2019年テレビ朝日版)

関連タグ

白い巨塔

関連記事

親記事

白い巨塔 しろいきょとう

pixivに投稿された作品 pixivで「財前五郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 432

コメント