ピクシブ百科事典

松竹ロビンス

しょうちくろびんす

かつて存在したプロ野球チーム
目次[非表示]

歴史

第2リーグの夢と共に

1936年、国民新聞社によって大日本野球連盟・東京協会、通称「大東京軍」として創設された。国民新聞社は新愛知(現中日新聞)の傘下であり、新愛知は自社が結成した名古屋軍(現中日ドラゴンズ)と新潟・北海道にそれぞれ1球団作り、第2リーグを結成しようと考えた。しかし、その構想は実現せず、既に結成した2球団は日本野球連盟に所属する事となった。

名物オーナー登場とネーミングライツ作戦

翌年、1つの経営母体が2つの球団を持つと経営が悪化するという事で共同印刷の大橋松雄に球団を譲渡、その際親戚であった田村駒次郎を経営に参加させる事にした。大橋は経営悪化を打開するためネーミングライツという奇策に打って出た。1937年8月から「ライオン歯磨本舗」の名前で営業していた小林商店がスポンサーとなりライオン軍となる。この時わかもと製薬も候補にあったが商品名を入れる事に固執したためライオンが選ばれた。わかもと製薬は後に女子野球で「わかもとフラビンス」という商品名を入れた球団を所有する事となった。同年秋には正式に田村駒次郎がオーナーとなり、それまでの本拠地洲崎球場を離れ、西宮球場を間借りする事となった。

裏切りの連続と球団立て直し

1941年、スポンサー契約の終了と共に朝日軍となり、球団を御所に疎開させた。終戦後の1946年、球団管理を委託させた橋本三郎は勝手にゴールドスターとして独立、東京カッブス(結城ブレーブス)や西鉄軍を追放したかった連盟はこの球団を承認してしまい、田村は1からパシフィックという名前で球団を再建するハメになった。

名物オーナーのアイデアと球団の栄光

1947年に太陽ロビンスと改称した。太陽はかつて営業していた子会社「太陽レーヨン」から、ロビンスは自らの名前を1字含んだ「駒鳥」からである。この頃ビジターでは「サンズ」という名前で活動する計画を持ったが実現しなかった。
翌1948年に「野球は点を取らないと勝てない」ということから大陽ロビンスとなる。この頃玉江橋に球場を建設する構想を打ち出したが、南海ホークスによる大阪球場が採用され失敗している。この年、京都日日新聞と提携し京都ロビンスと改称しようとしたが実現しなかった。これより前毎日新聞や朝日新聞との提携の話があったが、毎日新聞は土壇場で撤回するなどの行為を行ったとされ、これが駒次郎の毎日新聞への不信感につながったと言われている。
1950年に松竹が球団経営に参加し松竹ロビンスと改名。本拠地を京都市の衣笠球場に移す。この年のリーグ分裂では、先述した経緯もあり毎日新聞の球団運営能力を疑問視した駒次郎は毎日オリオンズ加盟に反対しセ・リーグに加盟。
同年に「水爆打線」という強打打線を築きセ・リーグ初代王者となるが、日本シリーズは毎日オリオンズに敗北した。

そして球団「消滅」へ

1951年からは衣笠球場にナイター設備がつけられなかったので大阪球場を準本拠地とした。この頃から田村駒の経営が悪化し、主力選手を放出せざるを得なくなった。また、2軍を運営できなくなり、田村駒の社会人チームとした。
1952年に勝率3割を切ったチームには何らかの処罰を与えるという取り決めに引っかかった。既に田村駒は球団を支えきれず、「ロビンスの名を残す事」、「将来特例で再分離を行える事(通常球団の再保有は不可能)」を条件に大洋合併した。

その後

1953年、大洋松竹ロビンスが発足したものの会社の合併は行われず給与は別々に支払われ、フランチャイズも並立した。
1954年、運営会社も対等合併し本拠地も大阪球場となり、洋松ロビンスと改称した。同年11月松竹は撤退、球団名は大洋ホエールズに戻り本拠地は川崎に移った。
田村駒次郎は1960年に大洋ホエールズがロビンスのライバルだった大映スターズ毎日オリオンズの後身球団だった大毎オリオンズを下し日本一になったのを見届け、1961年1月に亡くなった。その9年後、駒次郎は野球殿堂入りした。

その他

駒次郎は選手達のセカンドキャリアに気を遣い、タクシー会社「ロビンス交通」を設立した。この会社の流れを汲んでいた親和交通は2013年に倒産し親切タクシーに吸収された。
LIXILがベイスターズを買収しようとしたとき、フランチャイズをロビンスのあった京都に戻そうと提案したことがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「松竹ロビンス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3977

コメント