ピクシブ百科事典

ねらわれた学園

ねらわれたがくえん

1973年に刊行された、眉村卓のジュブナイルSF小説。また、それを原作とするドラマ・映画。
目次[非表示]

あらすじ

関耕児の通う中学校が、生徒会長に選ばれた高見沢みちるを中心としたパトロール委員たちに支配されていく。
やがて耕児は高見沢みちるのやり方に反発し、生徒会に立ち向かっていく。

ドラマ

『未来からの挑戦』
NHKの「少年ドラマシリーズ」の一つ。1977年1月10日~2月11日の毎週月~木曜日に放送された。
当時はビデオテープが高価で、作品が放送後に上書き消去されたため、DVD化されたのは視聴者のビデオテープがNHKに寄贈されたものに入っていた第8回と第10回のみとなっている。

『ねらわれた学園』
1982年にフジテレビで連続ドラマ化。主演は原田知世
1987年にも「月曜ドラマランド」の単発ドラマで放送。主演はおニャン子クラブの新田恵利。
1997年にはテレビ東京で連続ドラマ化。後述の劇場版『THE MESSIAH FROM THE FUTURE』に続き製作されたが、設定やストーリーはこの劇場版とは異なる。

映画

『ねらわれた学園』
1981年公開。舞台は中学校から高校に変更している。
監督は『金田一耕助の冒険』の大林宣彦。主演は薬師丸ひろ子

『ねらわれた学園 THE MESSIAH FROM THE FUTURE』
1997年公開。上記映画のリメイク版。主演は村田和美。

アニメ映画『ねらわれた学園』

pixiv内では、主にこちらのイラストが登録されている。

たびたび映画化・ドラマ化された本小説の初のアニメ映画化作品であり、テレビアニメ『魍魎の匣』等を手がけた中村亮介の劇場初監督作品でもある。

アニメーション制作はサンライズ(第8スタジオ)。
キャラクターデザインは細居美恵子(pixiv)。
未来人による学園支配という原作の根幹部分は踏襲するが、ストーリーや登場人物は完全オリジナル。

コミカライズは「ニュータイプエース」(角川書店)にて連載。作者は石川樹。

ストーリー(公式サイトより)

始業式の朝。古都鎌倉の中学に通う関ケンジを待っていたのは、ふたつの“出会い”だった。ひとつは、密かに好意を寄せていた、生徒会書記・春河カホリとの心弾ませる遭遇。そしてもうひとつの出会いは、高台で桜の花びら受けながら、まるで風を操るように立っていた少年との心ざわめかせる遭遇。
その少年に何か不思議なものを感じるケンジ。そしてその少年との再会は思ったより早く訪れる。ケンジたちのクラスにやってきた、転校生・京極リョウイチ、彼こそがその少年だった。
ケンジ、ナツキ、カホリのいるクラスに現れた京極は、次第にクラスに溶け込んでいきながら、一方で何かクラスメートの持つ雰囲気と相容れないものを漂わせる。そしてそんな京極にひそかに惹かれ始めるカホリ。
やがて学園では不思議な出来事が起こり始める。この不思議な出来事がケンジ、ナツキ、カホリだけではなく、生徒会の面々、担任の先生、ケンジの祖父である関耕児、そして不登校を続けていた山際ゆりこなど皆を巻き込んでいく。

登場人物

涼浦ナツキ(CV:渡辺麻友) - ヒロイン。ケンジに思いを寄せているが、彼の前だと素直になれない。
関ケンジ(CV:本城雄太郎) - ナツキの幼馴染。カホリに片思いしている。
京極リョウイチ(CV:小野大輔) - 謎の転校生。
春河カホリ(CV:花澤香菜) - ナツキの友達。生徒会書記。
山際ゆりこ(CV:戸松遥
京極の使い魔(CV:平田広明
関耕児(CV:内田直哉
斉藤先生(CV:木内秀信
神野ゆう(CV:木村良平
曽我はるか(CV:石川由依

テーマソング

主題歌 – 渡辺麻友「サヨナラの橋」
オープニングテーマ – supercell「銀色飛行船」

関連タグ

小説 眉村卓

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ねらわれた学園」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267866

コメント