ピクシブ百科事典

鬼蝮アイリ

おにまむしあいり

『CHUNITHM』シリーズに登場する、(自称)暗黒魔導士。

「我の前にひれ伏せ! 我は暗黒魔導士アイリ様である!」

概要

音ゲーCHUNITHM』シリーズに登場するキャラクター。

名前鬼蝮アイリ(おにまむし あいり)
年齢13歳
職業学生(中学1年生)、アイドル、暗黒魔導士(自称)
オタクが仲良く静かに暮らす理想郷を作る
イラストレーター:空中幼彩

煉獄の地・ショートロックスより降臨した暗黒魔導士(自称)。
鬼蝮ユリアの妹であり、姉と同じくアイドルとして活動している。

鬼蝮姉妹



幼い頃のとある一件から魔法使いに憧れるが、変な方向へと拗らせてしまい、その影響は日常生活の言動にも及んでいる。しかし本人はそれを恥ずかしがることもなく、ましてはやめることもない。
お姉ちゃん大好きっ子であり、アイドルである姉の影響も、その拗らせ方に拍車をかけている。

その強烈なキャラクター性は、ある日自宅に訪れていた姉・ユリアのマネージャーの目に留まり、不意にアイドルに誘われる。
唐突な申し出にアイリは即答。

「無論。我は暗黒魔導士アイリ様だ。愚民どものために、この魔の力、奮おうぞ!」

幼少期に千の葉の民の男子(落花生のTシャツを着ていたことから「落花生の男の子」と呼ばれている)に虐められた事から千の葉の民に対して強い怒りを憎悪を覚えており、落花生も食べられなくなってしまったらしい。
しかし、ある日のお渡し会に先述の落花生の男の子がやって来たどころか、「小さい頃はすごく仲良くしてもらった」と大嘘を吐かれた事で激昂。「人を千葉に飛ばす魔法」が使えるようになった。

変な効果だがそれでも本物の魔法であり、高いエンターテインメント性と可愛らしい容姿、濃いキャラクターから千の葉の民以外からは徐々に人気が出始めたようだ。

余談

  • おでん缶のついた棒はオーディンステッキという。北欧神話の神オーディンとおでんをかけているのだろう。
  • 年齢も身長もスキルもユリアより下だが、ある部分だけは姉より大きい。とはいっても中学生としては平均的なものだが(つまりユリアのある部分は……)

関連記事

親記事

CHUNITHM ちゅうにずむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼蝮アイリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8722

コメント