2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

A HARMONY OF LIGHT
の奏でる調和」が
AWAITS YOU IN A LOST WORLD
「音が対立する」失われた世界で
OF MUSICAL CONFLICT...
あなたを待ち受ける…


概要

2017年3月にイギリスの同人ゲームサークル「lowiro」がリリースしたアプリゲーム。収録楽曲数は、2022年7月の段階では280曲に及ぶ。リリース媒体はアンドロイドとiOS。基本無料でアイテム有料方式。
インストール段階ではわずかな曲しか遊べないが、ユーザー登録をする事で一部無料曲の解禁や課金ができるようになる。
メイン概要の「超感覚リズムゲーム」に関しては公式の謳うジャンル名。
収録楽曲はオリジナル曲がほとんどで、一部BMS曲・同人版権曲も存在する。

Switch版

2021年5月18日、Nintendo Switch版が発売。タイトルは変わらず「Arcaea」。価格は税込4400円で、ニンテンドーeショップでのDL販売のみ
収録曲は150曲程度と原作からそこそこ削られているが、ほとんどのコラボ曲と直近で実装された楽曲が未収録となっている。他にも「World Extend」パックの収録曲が従来の無料パック「Arcaea」に移動していたりと細かい差異もある。
買い切り型のソフトである為、アプリ版での有料曲はWorldモードでの解禁作業が必要。
また、DLCの追加も予定されている。

従来のタッチパネル操作の他に、Joy-Conを使ってプレイする事も可能。アークノートはスティックで操作し、タップノートは左2列は左のJoy-Con、右2列は右のJoy-Conで拾う。スカイノートには赤青2色のものがあるが、これは左右両方で拾える。
Joy-Con操作では一部の譜面にも変更があり、4点押しなどSwitchの仕様的に無理がありそうな配置が変化している。

また、サイドストーリーパック「Divided Heart」が先行登場。5つの新曲と新パートナー「白姫」が実装される。
この他にも、既存ストーリーに新イラストが数枚書き下ろされた。
これらの要素はアップデートでアプリ版にも実装されている。

ストーリー

光と対立


失われた世界を探し求める二人の女の子が見つけたのは、『アーケア』と呼ばれる、"かつての世界のかけら"で満たされた世界だった。
アーケアは音楽によって"失われた世界"に関する様々な記録が記された記憶のかけらで、二人の主人公と同じく、それぞれが『光』と『対立』いずれかの属性を持っている。時間がたつにつれて、女の子たちは自分の集めるアーケアのもつ記憶が矛盾していることに気付き、かつての世界の在り方に関するそれぞれの見方により一層固執するようになった。
(日本語版App Storeより引用)

一部の有料楽曲パックを購入し、特定の楽曲をクリアする、特定のパートナーを設定する、アノマリーを解禁するといった条件を満たしていく事で読み進められる。

Main Story

対立が登場する物語。「Story」パックを購入すると解禁できるようになる。

ストーリー一覧
パック登場順。
「Eternal Core」
「Vicious Labyrinth」
「Luminous Sky」
「Adverse Prelude」
「Black Fate」
「Final Verdict」

「Black Fate」「Final Verdict」は、それ以前に登場したStoryパックを全て購入しないと解禁できない要素が存在する。
特に最終章と銘打たれている「Final Verdict」は、それまでのストーリーを全て解禁しないとプレイすら不可能という厳しい条件が設定されている。さらにこれを満たしても最初からプレイ可能な楽曲は「Defection」1曲のみで、ここからは専用の解禁システム「Axiom of the End」を攻略する必要がある

Side Story

「Side Story」パックのキャラクターが登場する物語。基本的に、それぞれのストーリーが独立した物語になっている。

ストーリー一覧
上からストーリー実装順。()内はメインキャラクター。
「Absolute Reason」(サヤ)
「Crimson Solace」()
「Ambivalent Vision」(レーテー)
「Ephemeral Page」(アリス&テニエル)
「Binary Enfold」(エトルナ)
「Divided Heart」(白姫)

以下、「Side Story」パックであるがストーリー未実装の楽曲パック。
「Sunset Radiance」(叶永)

Short Story

期間限定パートナーについて追加されるストーリー。その名の通り3話と短めである。
解禁方法も特徴的で、ストーリーと同時に実装されたメモリーアーカイブの楽曲を購入すれば、あとの2話はは無料曲のプレイが条件になっている。また、ストーリーに登場するパートナーを所持していなくても全話読む事ができる。

ストーリー一覧
上からストーリー実装順。()内はメインキャラクター。
「Scarlet Cage」(調)
「Obsidian Blade」(ミール)
「Colorful Dream」(彩夢)
「Unseeing Eyes」(ヴィータ)

基本ルール

画面奥から流れてくるノートが判定ラインと重なったら画面をタップするオーソドックスなスタイルだが、判定ラインが上下二段に分かれているのが特徴的。立体的な譜面を平面で捌いていく複雑な技術が要求される。

ストーリーにもある通り、ごく一部の例外を除く全ての収録楽曲には「光」「対立」のどちらかの属性が付与されている。これは一部パートナーのスキル発動条件に関係するが、プレイにはほとんど関わらない(光属性の背景が見辛いとか、個々人の意見はあるが)。

難易度は基本「Past」「Present」「Future」の3種類。「Future」が一番難易度が高い(例外あり)。
2020/5/27、新難易度「Beyond」が登場。その曲の「Future」譜面よりも難易度が高い傾向にある。一部の楽曲にのみ存在し、基本的にWorldモードで解禁していくことになる。

判定は上から「(無印)PURE」「PURE(EARLY/LATE)」「FAR(EARLY/LATE)」「LOST」。

画面左の想起率ゲージが70%以上だと「TRACK COMPLETE」(クリア)となる。
LOSTを一度も出さない事を「Full Recall」、FARとLOSTを一度も出さない事(CHUNITHMでいう「ALL JUSTICE」)を「Pure Memory」という。

ノーツの種類

  • フロアノート

下段に流れてくる基本的なノート。タップで拾える。

  • ロングノート
下段に流れてくるいわゆるホールドノート。途中からでも拾う事ができる。判定は無印PUREとLOSTのみ。

  • アークノート
このゲーム最大の特徴。上〜下段に流れてくるノート。ラインを過ぎるまでなぞるようにして拾う。青色のものは左手、赤色のものは右手で取ると拾いやすい。判定は無印PUREとLOSTのみ。
Past譜面では平行移動のみだが、Present譜面以上になると縦横無尽に流れてくる。そしてFuture譜面以上では平気で指を交差させるような配置が現れる。
しかもこのノートは指を持ち替えることができない(途中で指を離したり替えようとするとLOST判定が大量に出る)ため、必然的に交差させなくてはならない。

  • スカイノート
Present以上の譜面にのみ登場する、上〜下段に流れてくるノート。タップで拾える。トレースノートに沿って流れてくる。フロアノートとの同時押しの場合には、線でつながって流れてくる。

  • トレースノート
Present以上の譜面にのみ登場する、タップしたりなぞる必要はない演出用ノート。たまに文字や記号を描く事がある。

パートナー

CHUNITHMにおけるキャラクターシステムに近いもの。画面上部の菱形をタップする事でパートナー一覧が表示され、好きなパートナーを選択できる。
最初は「対立」しか選択できないが、楽曲パックを購入したり、Worldモードを進める事で新たなパートナーを入手可能。期間限定のWorldマップでのみ入手できるパートナーもいるので、欲しいパートナーがいたら定期的に公式twitterをチェックすると良いだろう。

それぞれのパートナーに固有のステータスとスキルが存在し、ステータスは楽曲プレイ後に入手できる欠片量やWorldモードの進行量、スキルは楽曲のクリアや欠片に関わってくる。

後述のWorldモードをプレイする事で経験値を貯め、パートナーのレベルを上げる事ができる。レベルが上がると基本的にステータスが上昇する。
また、経験値は「エーテルの雫」というアイテムを使用する事でも貯まる。「エーテルの雫」は楽曲購入の特典やWorldモードの報酬として入手できるが、数が限られているのでご利用は計画的に。

覚醒

レベル上限は最初は20だが、一部のパートナーは「覚醒」させる事で30に引き上げられる。覚醒させるには、パートナーをレベル20にしたうえで、Worldモードで指定のアイテムを集める必要がある。
覚醒させるとイラストが変化し、スキルも変化するパートナーもいる。イラストやスキルは、ステータス表示部分の右端のボタンをタップする事で覚醒前のものに切り替えられる。

World

CHUNITHMのマップシステムのようなモード。スタミナを消費し、マップを進める事で楽曲やパートナー等のコンテンツを解禁できる。
好きなマップを選び、曲をプレイすることで進行する。進行度には、譜面の難易度やスコア、パートナーの「STEP」というステータス値が影響する。
また、一部のマスに止まると「スタミナ回復」「楽曲指定」「ランダム選曲」など、特殊効果が発動する。

基本は上記の通りだが、Beyond譜面解禁専用の「Lost Chapter」など、特殊な仕様を持ったマップも多数存在するが、記事が長くなってしまうのでここでは割愛する。気になる方はwikiへ。

楽曲購入

有料楽曲を購入するには、まず「メモリー」というゲーム内通貨を入手する必要がある。「100メモリー/120円」「510メモリー/610円」「1020メモリー/1220円」の3種類から購入できる。
現在はArcaea公式サイトでもメモリーを購入可能。クレジットカード決済のみ対応しているが、まとめ買いした時のおまけが多く付いてくる。
メモリーを購入したら、好きな楽曲パックを選ぶ。適当な曲をタップして購入画面を呼び出し、支払いを完了させよう。

左から2番目の「Memory Archive」はパックではなく、単体で購入できる曲を集めただけのフォルダのようなものである。こちらも好きな曲を選んで、1曲100メモリーで購入できる。ただし、他楽曲・他パックを購入しないとプレイできない曲・譜面もあるので注意が必要(主にコラボに関連する曲がこの仕様となっている)。

また、左端の「Favorites」は、お気に入りに登録した曲のみ表示されるフォルダ。
選曲画面で曲のバナーを右にスワイプし、ひし形のマークをタップすることでお気に入り登録できる。

先述した通り、楽曲を購入するとエーテルの雫を特典として入手できる。貰える数は100メモリーあたり1個で、パックの値段に比例して増える。

World Extend

無料曲とMemory Archiveの中間のような楽曲パック。
最大の特徴として、収録された曲は期間限定ながらWorldモードで無料解禁できる
また、700メモリーでパックを購入する事で全ての曲を即時解禁可能。しかも、今後このパックに収録された曲も追加時点で無条件解禁される。さらにWorldモードで14曲以上解禁すると、曲を解禁するたびに100メモリーずつ値下がりしていく(といっても、合計20曲なので残りの曲数からして他の有料曲と値段を合わせるだけ)。値下がりした後も特典のエーテルの雫の数は7個で変わらない。

なお、今となっては全ての曲で無料解禁期間が終わったので、700メモリー払って解禁するしか手段がない。他の楽曲パックと比べると高いと思うかもしれないが、20曲も収録されているので1曲あたり約30メモリーとかなりお得なパックとなっている。難易度が控えめな曲が多いので、とりあえず色々な曲をプレイしたい初心者にもおすすめ。
また無料解禁可能な期間が来るかは不明。

Pack Append

既に販売されている楽曲パックに追加される拡張コンテンツ。追課金する事で新たな楽曲を入手できる。
一部のコラボパートナーと期間限定パートナーは、Pack Appendの購入がWorldモードのマップ解放条件に指定されている。
Pack Appendを購入しないと解禁できないストーリーは今のところ存在しない。

実装済みパック一覧
「Ephemeral Page」(5曲)→ 「The Journey Onwards」(+3曲)
「CHUNITHM Collaboration」(3曲)→「Collaboration Chapter 2」(+3曲)
「Esoteric Order」(5曲)→「Pale Tapestry」(+3曲)、「Light Of Salvation」(+3曲)
「Binary Enfold」(5曲)→「Shared Time」(+3曲)
「Lanota Collaboration」(5曲)→「Collaboration Chapter 2」(+3曲)

余談だが、パックに無料で新曲が追加される事も稀にある(「虚空の夢」「GLORY:ROAD」「Got hive of Ra」等が代表例)。

曲や譜面の解禁

無料曲・有料曲問わず、選曲画面の枠が緑色になっている曲はワールドモードで解禁する必要がある。
また、解禁済みの楽曲でも、一部の譜面が暗くなっている曲が存在する。これらのレベルは「欠片」というアイテムを使用したり、他の楽曲をプレイ、クリアするなどしてプレイできるようになる。欠片は普通に楽曲をプレイしたり、ワールドモードの報酬として入手可能。

アノマリー

一部Storyパックに存在する楽曲の総称。アノマリー楽曲は最初は選曲画面にすら情報がないが、楽曲プレイ中に特定の条件を満たす事で特殊な演出が発生し、アノマリー楽曲へと強制的に移行する。
2022/7/9現在、「Vicious Labyrinth」「Luminous Sky」「Black Fate」パックに1曲ずつ存在する。
立ち位置としては、beatmaniaIIDXDDR等でも存在するアンコールステージに近い。
アノマリーの存在はArcaea最大の目玉にしてネタバレでもあり、新アノマリー登場の際は全て自力で解禁したいプレイヤーもいる為、SNSでの発言などには極力注意が必要。データ解析によるリークは完全にご法度である。

Terminal Song

アノマリーとは別の隠し曲。直訳すれば「終点の曲」。
こちらも解禁前は選曲画面で情報が徹底的に秘匿されているほか、条件を満たす事でストーリーから直接楽曲に移行することが特徴。
2022/7/9現在、「Black Fate」パックに1曲、「Final Verdict」パックに4曲が公式に告知されている。

Link Play

2〜4人で同時に遊ぶ事ができるマルチプレイ機能。
楽曲選択画面の下にあるタブを押すとウインドウが開き、ルームを建てる事ができる。
ルームに入りたい際はルーム作成者からルームコードを教えてもらい、コードを入力する必要がある。ランダムマッチのような機能は実装されていない。
楽曲は全員が解禁している曲のみ選曲できる。1人でも未解禁だった場合、その曲は遊べない。

用途は定められておらず、複数人で同時Pure Memoryを目指したり、オンライン大会を開くなどプレイヤーが自由に使用できる。
Twitterでは参加者を募集する為の公式ハッシュタグ「#arcaea_link」が用意されている。

Course Mode

他の音ゲーでいう「段位認定」モード。
挑戦にはスタミナ4つ、または「次元の硝片」という専用アイテムを消費する。次元の硝片は現在World Modeで入手可能。
決められた4曲をHARDゲージで連続でプレイし、完走すると欠片やエーテルの雫のほか、「ネームプレート」が手に入る。

Phase(段位)は全部で11あるが、最初はPhase8までしか挑戦できない。Phase9以降はそのひとつ下のPhaseをクリアする事で挑戦可能になる。
また、Phase4以降には有料楽曲も課題曲に指定されている。未解禁曲が含まれるPhaseも、次元の硝片を消費してのプレイなら一度だけ挑戦可能。実力があるなら有料曲をタダでプレイする絶好の機会。

キャラクター

以下に記すのはパートナーとして実装されている名前付きのキャラクターのみであり、「Arcaea」タグの付いたイラストにはアートワークに登場する名無しのキャラクターを描いたものも少なくない。

hikari
光


(ひかり)
主人公のひとり。最初から選択できるパートナー。
スキルは「EASY-LOST判定時の想起率減少を抑える」。

対立ちゃん
対立


対立(たいりつ)
主人公のひとり。最初から選択できるパートナー。
スキルは覚醒前・覚醒後ともに「なし」。

紅
アーケアイラストまとめ


(こう)
「Crimson Solace」パックの主人公。
スキルは覚醒後のみ「スコアに応じて、最大20%の追加フラグメントを獲得」。

「Oblivia」
『𝓛𝓮𝓽𝓱𝓮』


レーテー
「Ambivalent Vision」パックの主人公。
スキルは覚醒前は「ミラー-全てのノートが反転して流れます」、
覚醒後は「VISUAL-未完の感覚」(スコア・コンボ・FR/PM表示が隠れる)。
前者のイラストは楽曲「Oblivia」のアートワークに使用されたもの。

⭐️🌙


エト(左の少女)
「Binary Enfold」パックの主人公のひとり。ルナの双子の姉。
スキルは覚醒前は「『光』サイド楽曲をプレイ時、得られる欠片の数が+5」、
覚醒後は「欠片を入手時、Worldの進行度を7追加」。

ルナ(右の少女)
「Binary Enfold」パックの主人公のひとり。エトの双子の妹。
スキルは覚醒前は「VISUAL-想起率が非表示になります」、
覚醒後は「楽曲制限タイルから開始時Worldの進行度を7追加」。

Saya
サヤ


サヤ
「Absolute Reason」パックの主人公。メモリーアーカイブの楽曲「Alexandrite」のアートワークで先行登場していた。
スキルは「想起率増減の割合が上昇する FAR判定の際、想起率は上がらない」。
初めてSide Storyが実装されたキャラクターでもある。

「願いを実現させるように。」


叶永(かなえ)
「Sunset Radiance」パックの主人公。
スキルは「VISUAL-Sunset Radiance楽曲をプレイ時、昼夜での背景変化」。
第一回公募「Arcaea Song Contest」の特賞受賞作「迷える音色は恋の歌」をイメージして作られたキャラクター。

「歸零」
テニエルさん


アリス&テニエル
「Ephemeral Page」パックの主人公。
スキルは「ミラー + FAR判定の非表示」。
左がアリス、右がテニエルで、二人一組のパートナー。
初の男性キャラクターの登場は界隈に衝撃を与えた。

Esoteric Order


ラグランジュ
「Esoteric Order」パックの主人公。
スキルは「次グレードまでの距離をスコアの代わりに表示」。
第二回公募「Arcaea Song Contest 2020」の特賞受賞作「Aegleseeker」をイメージして作られたキャラクター。

センシティブな作品


白姫(しらひめ)
「Divided Heart」パックの主人公。
スキルは「白姫の気まぐれ曲をクリア時 欠片を+10獲得」。
Switch版限定パートナーとして登場したが、後にアプリ版にも実装された。

イリス


イリス
メモリーアーカイブ楽曲「Metallic Punisher」「Malicious Mischance」のアートワークに登場する期間限定パートナー。
スキルは「HARD+Track Lostの際、100欠片が失われます」。
期間限定パートナーで初めて別ver(サマー)が実装された。

carmine:scythe


調(しらべ)
メモリーアーカイブ楽曲「carmine:scythe」「Scarlet Cage」のアートワークに登場するパートナー。元は期間限定だったが、現在は該当曲を購入する事で恒常的に入手・覚醒可能になっている。
スキルは覚醒前は「『対立』側関連曲をプレイ時、得られる欠片の数が+5」、
覚醒後は「開始時、譜面難度と同数の欠片を消費しEXグレード以上で得られる欠片が+10」。
オリジナルの期間限定パートナーで初めてストーリーと覚醒が実装された。

Ayu
arcaea


彩夢(あゆ)
メモリーアーカイブ楽曲「Phantasia」「init()」のアートワークに登場する期間限定パートナー。
スキルは覚醒前は「楽曲終了時、ランダムの欠片ボーナス」、
覚醒後は「World Modeの進行度が+5から-5の間でランダムに増減」。

シアちゃん


シア
メモリーアーカイブ楽曲「Avant Raze」のアートワークに登場するパートナー。元は期間限定だったが、現在は該当曲を購入する事で恒常的に入手可能になっている。無料楽曲「Blaster」のアートワークで先行登場していた。
スキルは「MIRROR機能がランダムに発動 発動時、欠片が+5」。

Mir


ミール
メモリーアーカイブ楽曲「GIMME DA BLOOD」のアートワークに登場する期間限定パートナー。同じくメモリーアーカイブ楽曲の「Mirzam」のアートワークで先行登場していた。
スキルは「想起率の増加率が上昇 増加率は楽曲が進むにつれて減少する」。

12


ヴィータ
メモリーアーカイブ楽曲「NEO WINGS」のアートワークに登場する期間限定パートナー。
スキルは「HARD + MIRROR - 想起率に応じて、OVERの値が10まで上昇する」。

耳が楽しい!


天々音
メモリーアーカイブ楽曲「Free Myself」のアートワークに登場する期間限定パートナー。
スキルは「速度固定・ランダムマスの効果を無視 EXグレード以下の場合、STEP数が半減」。

IZANA


奈実
メモリーアーカイブ楽曲「烈華RESONANCE」のアートワークに登場する期間限定パートナー。同じくメモリーアーカイブ楽曲の「IZANA」のアートワークで先行登場していた。
スキルは「73個のPUREノートにつき、欠片を1つ入手 またLOSTノート1つにつき、その欠片を1つ失う」

コラボレーション

1年に1〜2回ほど他の音楽ゲーム等とコラボして、相互楽曲移植などが行われている。
Dynamixパック
2017/6/23登場。500メモリーで購入可能。
「αtelβus」などDynamixの楽曲5曲と、パートナー「サファイア」が収録されている。
また、このパックを購入する事で、Memory Archive楽曲「γuarδina」をWorldモードで解禁できるようになる。

Stellightsコラボ
2017/11/24登場。Stellightsからの移植曲「Surrender」と本コラボ書き下ろし曲「夜桜吹雪」が登場。初の期間限定パートナーとして、Stellightsのキャラクター「ステラ」が実装された。

当初はこの2曲はパックと同じ括りで収録されていたが、購入はMemory Archiveと同じ単曲購入制。のちにMemory Archiveに移動した。

Lanotaパック
2018/2/1登場。500メモリーで購入可能。
「Cyanine」などLanotaの楽曲4曲と、本コラボ書き下ろし曲「Quon」が収録されている。
このパックを購入する事で、パートナー「光&フィシカ」をWorldモードで解禁できるようになる。

2022/4/28には、Pack Appendとして「Stasis」などLanotaの楽曲3曲が新たに実装された。
ちなみにLanota公式が2021/12/29に公開した動画には、Lanota語で「Past」「Present」「Future」というArcaeaの難易度表記と一致する文字列が紛れ込んでおり、この時点で再コラボを予見していた人もいた。

Tone Sphereパック
2018/10/7登場。500メモリーで購入可能。
「Tiferet」などTone Sphereの楽曲5曲が収録されている。
このパックを購入する事で、パートナー「対立&トリン」をWorldモードで解禁できるようになる。

Groove Coasterパック
2019/1/9登場。500メモリーで購入可能。
「ouroboros -twin stroke of the end-」などグルーヴコースターの楽曲5曲が収録されている。
このパックを購入する事で、パートナー「光&セイネ」をWorldモードで解禁できるようになる。
また、期間限定パートナー「ユメ」が実装された。

2020/9/16に第2弾が開催。既存のコラボパックに「Got hive of Ra」、Memory Archiveに「BUCHiGiRE Berserker」が追加(FTR譜面を遊ぶにはパックの購入が必須なので注意)。
また、「ユメ」の復刻に加えて、覚醒も実装された。

2021/6/22には、Switch版最初のDLCとしてグルコスコラボパックが配信された。スマホ版ではMemory Archiveに収録されている「BUCHiGiRE Berserker」も含めた全コラボ曲7曲に、新曲「Aurgelmir」を加えた計8曲が実装。パートナーも「光&セイネ」「ユメ(覚醒あり)」+Arcaea初登場の「リンカ」の3体が登場。初コラボから2年半、ようやくナビゲーターが全員Arcaeaに登場した。

2022/3/23には、それまでSwitch版限定だった「Aurgelmir」がMemory Archiveに、「リンカ」が期間限定パートナーとしてアプリ版にも登場した。
このアップデートによって、Switch版限定だったコンテンツは全てアプリ版にも実装されたことになる。

CHUNITHMコラボ
2019/5/23にコラボパックが登場。300メモリーで購入可能。
「怒槌」などCHUNITHMの楽曲3曲が収録されている。全曲レベル10以上という唯一無二の高難易度パック。
このパックを購入する事で、パートナー「対立&チュウニペンギン」をWorldモードで解禁できるようになる。
また、期間限定パートナー「渋沢ノノ」「美嶋はるな」「MTA-XXX【パンドラネメシス】」「MDA-21【レグルス】」「チュウニペンギン」が実装された。このうち「チュウニペンギン」以外は覚醒に対応している。

2020/7/16には第2弾が開催。Memory Archiveに新曲「Teriqma」、期間限定パートナーとして「ブリランテ」が登場した。こちらも覚醒対応済である。
また、前回の期間限定パートナーも一斉に復刻した。

2021/1/21からは第3弾が開催。先立って、同月8日からは前回までの期間限定パートナーが一斉に復刻した。「ゲキ!チュウマイ」シリーズコラボの大将。
Pack Appendとして「Climax」「業 -善なる神とこの世の悪について-」、更に2機種同時収録の完全新曲「Last Celebration」が追加された。また、同日にMemory Archiveに登場した新曲「AttraqtiA」もCHUNITHMに同時収録される。
新たな期間限定パートナー「セーレ・ヘイズ」「憎悪の戦神アレウス」「イゼヴェル・ヤグルーシュ」が登場。「憎悪の戦神アレウス」以外の2人は覚醒に対応している。
「憎悪の戦神アレウス」は初の男性単独パートナー、しかもテニエルのようなイケメンでも、八咫烏鋼太郎舞園星斗のような男の娘でもなくムキムキの大男という事で再び注目を集めた。Guy氏曰く「神に性別は関係ない」らしいが、アレウスは神のような強大な力を持つ存在というだけで神ではない(性別の概念がなさそうな存在ではあるが)。
ちなみに、1/20のCHUNITHM側の生放送には、スペシャルゲストとしてArcaeaのディレクター兼プロデューサー兼デザイナーであるGuy氏もリモート出演した。

HARDCORE TANO*Cコラボ
2020/1/21登場。コラボ曲は全てMemory Archiveに実装され、500メモリーで全曲購入可能。
WACCAにも収録されている合作曲「BATTLE NO.1」や、「最強STRONGER」などのTANO*C CREWによる書き下ろし4曲が収録された。
また、期間限定パートナー「DORO*C」が実装された。

書き下ろしということもあって、コラボとしては初のプレビューが公開された。このプレビューでは「最強STRONGER」が流れた時、アーティスト欄でUSAO氏のみが隠されていたが、曲調からバレたのか、Twitterで「USAO」がトレンド入りした。どういう意図で隠していたかは不明。ちなみに、USAO氏は同コラボで収録された「BATTLE NO.1」でも曲調がバレバレである。
また、「最強STRONGER」はアノマリー以外では初となるレベル11(収録当時はレベル10、後のレベル改訂の際に上昇)楽曲として登場した。

2021/6/30からはコラボ第2弾がスタート。今回もMemory Archiveに新曲「烈華RESONANCE」「THE ULTIMACY」の2曲が追加された他、過去にTANO*C CREWが手掛けた2曲にBeyond譜面が登場した。
パートナーはDORO*Cの復刻に加えて、期間限定パートナー「奈実」が新登場。コラボイベントにも関わらずオリジナルの新キャラが追加されるという奇妙な事態になっている。

先述した通りSwitch版ではほとんどのコラボ曲が未収録だが、本コラボの第1弾に該当する5曲は最初から収録されている。

O.N.G.E.K.I.パック
2020/12/17登場。400メモリーで購入可能。「ゲキ!チュウマイ」シリーズコラボの先鋒。
「ω4」などオンゲキの楽曲4曲が収録されている。
このパックを購入する事で、パートナー「ルナ&美亜」をWorldモードで解禁できるようになる。
余談だが、オンゲキ側には「Grievous Lady」等お馴染みの楽曲が並ぶ中、エイプリルフール限定楽曲の「Red and Blue and Green」が移植されてしまった。ちょうどオンゲキのボタンが赤、青、緑の3色であることに因んでいると思われる。こちらだと4月1日しか遊べないのに、オンゲキではいつでもプレイできる(本コラボから3年後には「Red and Blue and Green」も含めたエイプリルフール楽曲がBeyond譜面としていつでも遊べるようになった)。

2022/10/4からは第2弾が開催。Pack Appendとして「Lamia」などオンゲキの楽曲5曲が追加され、パートナー「咲姫」をWorldモードで解放できるようになる。また、期間限定パートナー「セツナ」も登場した。
Arcaeaがメインストーリー最終章を間近に控えていたためか開催時期に大きな開きがあり、オンゲキ側では4ヶ月前の同年6月2日にコラボイベントが開催されていた。

maimaiパック
2021/1/8登場。400メモリーで購入可能。「ゲキ!チュウマイ」シリーズコラボの中堅。
「AMAZING MIGHTYYYY!!!!」などmaimaiの楽曲4曲が収録されている。
まさかの初めてパートナーが存在しないパックとなっており、パックアイコンはプレイ画面背景の一部を流用したものになっている。その代わりなのか、(先にも述べたが)実装同日からCHUNITHMコラボの期間限定パートナーが復刻した。

WACCAパック
2021/8/10登場。
「GENOCIDER」などWACCAの楽曲4曲に、WACCAのテーマソング「Let you DiVE!」のリミックスを加えた計5曲が収録されている。また、同日にはMemory Archiveに「Shriruth (Laur Remix)」も登場した。
このパックを購入する事で、パートナー「サヤ&エリザベス」をWorldモードで解禁できるようになる。
また、期間限定パートナー「リリィ」も実装された。

リミックス曲が登場するからか、双方のオリジナル曲も含めてプレビュー動画が製作された(約1年半ぶり2回目)。
また、TANO*CコラボでArcaeaに収録された「最強STRONGER」がコラボでWACCAに移植される、Arcaeaに2曲目の「Quon」というタイトルの楽曲が登場する(1曲目はLanotaコラボで登場した曲)といった珍事が発生している。

Muse Dashパック
2021/12/24登場。
「Medusa」などMuse Dashの楽曲3曲に、本コラボ書き下ろし曲「秋の陽炎」が収録されている。
このパックを購入する事で、パートナー「マリヤ」をWorldモードで解禁できるようになる。

関連イラスト

音ゲーいろいろ
紅ちゃん


Eternal Core
tempestissimo



外部リンク

日本版公式サイト
日本語版公式Twitter
二次創作ガイドライン

関連タグ

コラボ一覧CHUNITHM ToneSphere Lanota Stellights グルーヴコースター Dynamix HARDCORE_TANO*C オンゲキ maimai WACCA
グループ・カップリングタグエトルナ ひかたい
評価タグArcaea100users入りArcaea500users入りArcaea1000users入りArcaea5000users入りArcaea10000users入り
公式ファンアートタグarcaea_art

関連記事

親記事

音ゲー おとげー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12898423

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました