ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

iOSおよびAndroidにて配信されている音ゲーである。Androidでは体験版として制限付きではあるものの無料ダウンロードが出来る。

また、絵本の様なタッチの温かみある絵や、CytusDeemoのように、ゲームそのものにもストーリーが付いていることも特徴の一つとして挙げられる。


ストーリー本編のメインストーリー、前日談の様なサイドストーリー、そしてLanotaの雰囲気に外れた曲も収録されているエクスパンション、定期課金(サブスクリプション)ではあるがストーリーの更新速度より速く、かつ多く実装される楽曲をプレイできるリツモの秘密書庫の4つに分かれている。秘密書庫を除く各チャプターには5、6曲前後の曲が収録されており、メインストーリーとエクスパンションチャプターのA以外は有料だが、最初の曲だけは製品版に限り無料体験出来る。神対応だ。

各曲には6つのミッションがあり、クリアすることで「ノタリウム」を集めることが出来る。いっぱい集めて友達に自慢しよう。一つの曲でいくつかのミッションを達成すると…?


ストーリー

人々は聖なる沈黙の中で歴史を学ぶ。

「アル・ニエンテ」がこの世界の音と色彩を呑み込み続け、人類を滅亡という深淵へと導いた。

フィシカリツモ、旅立った二人は「調律」により、この無情な災いを終わらせることができるのだろうか?

Lanotaストーリーより引用


「アル・ニエンテ」により、世界の色と音が消えてしまい、人は「ノタリウム」と呼ばれるエネルギーを結晶化した鉱物を身につけることでしか一時的ではあるが「アル・ニエンテ」の侵食を逃れることが出来なくなってしまう。しかし「ノタリウム」は現在の技術では制作することが出来ないため、元々あるものを使わなくてはならない。音感のあるリツモは聡明なフィシカの作った「ノタリウム調律装置」を使い、共に各地の「ノタリウム」を調律する旅に出ることになる。2021年現在7章まで展開されており、ほぼ一年に一章ペースでストーリーが進んでいる。



プレイ方法

プレイヤーはゲームの主人公リツモとして、「アル・ニエンテ」により力を失った「ノタリウム」を調律する。ゲームプレイ中、「ノタリウム調律装置」を模した円盤が出てくるので、そこに出てくるマーカーをリズムに合わせてタップしたり、スライドしたり弾くだけで良い。


…しかし、「ノタリウム調律装置」はゲーム中、右へ左へと激しく動く。難易度を上げると更に激しく動く。更に突如消えたり、回転したりとやりたい放題である。この視覚的トラップによってfail(いわゆるmiss)を取ってしまったり…なんてこともある。最近はスピード変化や停止、逆行に4点押しなどの乱用が凄い、どこぞのチュウニズムなのだろうか…?


プレイモードは二つあり、一つはtuneモード。マークにリツモの横顔が描かれている。これは精度を気にせずにプレイ出来るため、初心者でも安心してプレイ出来るモードになっている。

もう一つはpurifyモード。マークにはフィシカの横顔が描かれている。これはfailの頻度によって強制終了の可能性があるモードである。また、初回はこのモードでプレイしなくてはならないステージや、このモードでプレイすることを必須とするミッションもある。



実はLanotaの判定ラインは円盤の線上だけでなく、その延長線上も対象となっている。


キャラクター


この素晴らしい世界に調律を!

左側から紹介


フィシカ

Lanotaのヒロイン。幼い頃から頭が良く、ノタリウム管理局に勤めている。一人っ子。寡黙で、物思いに耽っていることが多い。部屋には化学、物理、更には錬金術に関する本が置いてある、要はリケジョである。リツモ以外にほぼ友人がいない。読書と料理が好きで、特にラタトゥイユを作る事が好きらしい。イラストでは全く分からないがリツモより3cm身長が高い。


リツモ

Lanotaの主人公。フィシカとは友達。両親は音楽家であり、兄がいる。明るく率直で、一見能天気に見えるが優しい少年。リュートを持っており、作中では何度か弾いている様子も見られている。

フィシカからは吟遊詩人と揶揄される事もあった。

アホ毛が特徴。フィシカと同じで17歳。ステライツコラボの際、ステライツ側のイラストでイメージが変わりすぎていい意味でショックを受ける人が続出した。


ロッサ


二章の最後に登場した、「沈黙辺境守備隊」と呼ばれる組織の一員。ぶっきらぼうな言葉を使い、始めはリツモとフィシカを邪険に扱っていたが、次第に打ち解けていく。ストーリー途中ではとある理由からアル・ニエンテを保持しようとしてリツモと意見がかち合い、丸々1曲のストーリーを使って喧嘩をするシーンもある。ちなみに4人の中でも頭一つ分身長が小さい(とはいえ4頭身から飛び出す170cmという高身長を見るにそこまで小さくないのでは…と思われたが2021年9月、149cmであることが判明した。やはり小さかった………。)


ネロ


ロッサと同様、「沈黙辺境守備隊」の1人。ロッサとは対照的に柔らかな対応をする。3章にて名前など素性が分かるまではその長い黒髪から多くのプレイヤーが女と勘違いしていた。詐称多すぎですって…

リツモとロッサが喧嘩をした際はフィシカと共に冷静に2人を止めようとしている。ロッサと同時期に190cmであることが判明。主人公2人越えである。


(以下画像に登場していないキャラクター)

エナ

「ノタリウムの母」とされる女性。石像や話に伝えられる存在であり、おそらくLanotaのストーリーに深くかかわっていると思われる。現在の生死は明らかになっていないが…?


ハルパス

機械人形を引き連れた老紳士。とあるタイミングでリツモとフィシカの前に現れた。エナ同様、ストーリーのカギを握っていると考えられる。


小ネタ等

・エクスパンションチャプターAにて、左下の隅にあるリツモのリュートをタップしてみると音がなる。


・エクスパンションチャプターB,Dにて、部屋の中にいる猫をタップすると鳴く。(Dは2匹中1匹のみ)


・ノタリウムにタップするとカラカラ音をたてる。公式Twitterによると、元は連打すると爆発するネタを入れようとしていたらしいが…


・上記の様に、公式Twitterがとにかく自由。最近は暴れることは少なくなったが、リプライに反応したりファンアートなどを時々RTするなど、ファンに対するアクションも行っている模様。


・作中にて書かれている文字は全て英語に互換可能。現在全ての文字が変換出来るが、ストーリー中にはさらに別種の文字が出てきており、フィシカでも解読出来ていない。


・エイプリルフールにはいろいろやってくれる。譜面をラーメンにした動画を公開したり、DJよろしくやたらと調律装置を回してきたり、滑る譜面に爆弾をばらまいたりする。やっぱり自由だった。


コラボレーション

近年のアプリ音ゲーでは定番のコラボレーションもよく行われる。

以下、コラボした事のある音ゲー一覧


特に「WACCA」はプレイ画面がそっくりだとあちらの稼働前から話題になっていた。


関連タグ

音ゲー 台湾

関連記事

親記事

音ゲー おとげー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233110

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました