ピクシブ百科事典

鳩の休日

はとのきゅうじつ

鳩の休日(はとのきゅうじつ)は日本テレビの放送開始・終了時、1日の基点時間に放送するジャンクションの名称および映像内で使用された曲名。
目次[非表示]

概要

1953年8月28日に放送開始、途中2000年1月17日から2001年9月30日までは未明にNNN24が放送されるのに伴って不定期に放送、諸事情により2001年10月1日から2008年3月31日までは放送を休止していたが、2008年4月1日から2013年12月末まで、CGを使用した新たなバージョンが放送されていた(ただし2009年3月29日までは同局の開局55周年を記念したバージョンを放送)。

映像の概要

※以下は現行版を基準に解説を行う。ただし放送時期に若干の差違はあるものの基本的な流れは変わっていない。

  1. ブラックバックに「NTV」(「TV」が水色で「N」の左右の縦軸の中に書かれている)、その下に「JOAX-DTV」(アナログ放送は「JOAX-TV」)の文字が表示される。
  2. 「N」の文字が鳩小屋に、「TV」の文字が3羽の鳩に変化する。
  3. 左右の2羽が消え、真ん中の1羽がアップされる。
  4. アップされた鳩が消え、下から出てくる。
  5. その鳩がやがてたくさんの鳩になり、円を作る。
  6. 円の中心から光が出て画面全体が白くなり、ロゴが表示される。

ラストのロゴについて

ラストの表示ロゴも時代によって変遷している。なお2までは白黒映像である。また「デジタル版初期」以前は「JOAX-TV」のコールサインが入っており、再使用はアナログ放送でしか不可能であった。アナログ放送完全停波に伴い「JOAX-TVのコールサインが使われている鳩の休日」の映像は2011年7月25日以降、再使用は永久に不可能となった

  1. 1953年8月28日から1958年8月27日放送分(モノクロ前期)まで…ブラックバックの上に「JOAX-TV」の文字、中央に丸で囲まれた「NTV」の文字(当時の社章)、下に「東京」の文字が表示される(「東京」とついているのは開局当時「日本テレビが全国をカバーする計画」の名残である)。またモノクロ版では運用周波数の告知がされていたが、旧計量法に基づくc/sec(サイクル毎秒)が使われていた。
  2. 1958年8月28日から1972年6月30日放送分(モノクロ後期)まで…ブラックバックの中央部分のロゴはそのままに左上に「JOAX-TV」の、右下に「日本テレビ」のロゴに変更。なお日本テレビのカラー放送は1960年に開始され1971年までにはほぼカラー100%化を達している(1966年放送開始の『笑点』は第1回からカラー放送)が、1960年代後半に国際単位系の確立にあたって紛糾していたことから、「鳩の休日」のカラー化はその間見送られていた。在京キー局では最後まで運用されたモノクロジャンクションである。
  3. 1972年7月1日から1977年12月31日(カラー・モノラル版前期)、2011年7月24日(アナログ最終放送版)放送分。同日に世界単位系で周波数単位がHz(ヘルツ)にかわったことから運用開始。ただしこれ以降、「鳩の休日」では周波数の告知は行わず、その直前にテロップで告知している。アウトロはブルーバックの左上に「JOAX-TV」のロゴ(白)、中央に角の丸い白の長方形で囲まれた「NTV」のロゴ(当時の社章。「N」が青、「T」が赤、「V」が緑)、右下に「日本テレビ」のロゴ(白)が表示される。なお、2011年7月24日放送分では、社章の左下に「58年間ありがとうございました」というテロップが表示された。
  4. 1978年1月1日から1978年9月27日(カラー・モノラル版後期)1978年9月28日から2001年9月30日(カラー・音声多重版)放送分…ホワイトバックの左上に「JOAX-TV」の文字(赤)、中央に地球を模した「日」に似たロゴ(社章。紫)、右下に「日本テレビ」のロゴ(灰)が表示される。
  5. 2008年4月1日から2009年3月29日放送分(デジタル版初期)…円の中心から光が出て画面全体が白くなり、上から順に「JOAX-DTV」ロゴ(アナログ放送は「JOAX-TV」ロゴ)、「日テレ55」ロゴ、「Nittele 55th Anniversary」と表示。
  6. 2009年3月30日から(デジタル現行版)…ロゴを日テレのマスコット「なんだろう」の横に「日テレ」、「NIPPON TELEVISION」(以上、文字は金色)と表示される。なお、2013年1月より日本テレビは開局60周年を記念した新ロゴマーク「θテレ」(正確には数字の「0」に「/」表記。「ゼロテレ」とも読める)及び「θテレ Go! Next 6θ」(60周年限定ロゴ)の使用を開始したが、それに伴うラストのロゴの差し替えは行われなかった。

「局タイトルのハトになってクルックー!!」

このバージョンは日本テレビのバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」での企画における「1992年紅白勝敗予想対決」(1992年12月20日放送)に負けたダウンタウン松本人志に対する罰ゲームとして行われた。この時は本物の「鳩の休日」(この企画のために通常より1分早く放送された)の後、「鳩の休日の冒頭のロゴ」映像が流れたあと「3羽の鳩が鳩小屋で佇む」シーンが描かれた背景ボードが置かれたセットの前で1分間、松本がジャンクションの鳩になりきり即興で「♪俺はー俺はー、バカなのかーアホなのかー」とアカペラで歌いながら踊っていた。罰ゲーム終了後、不満たらたらの松本が明け方に相方である浜田雅功に電話したときの最後の捨て台詞「おまえに誘われて吉本に入ってよかった」は番組史上屈指の名台詞である。
この企画が放送された時にこれまで関東ローカルだったこの映像が「全国的に鳩の休日の知名度が上がった」とされる。ちなみに現在も他のバージョンともども動画共有サイトで視聴することが可能である。

pixivに投稿された作品 pixivで「鳩の休日」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 481

コメント