ピクシブ百科事典

vaporwave

ゔぇいぱーうぇいぶ

Vaperwave(ゔぇいぱーうぇい ぶ)とは、80年代の日本のカルチャーをオマージュしたインターネット発の音楽ジャンルである。
目次[非表示]

概要

Vaperwave(ゔぇいぱーうぇい ぶ)とは インターネットカルチャー発の音楽ジャンルである。80年代の日本のCMのBGMや歌謡曲、スーパーやショッピングモールで流れる音源等をコラージュした作品が多く、それらをオマージュした音楽・ミュージックビデオ・アートワークなどの芸術の総称である。
作品のタイトルがめちゃくちゃな日本語がよく使われる。(極度乾燥?知らない子ですね...)
具体例として「現代のコンピュー」や「札幌コンテンポラリー」、「ESPRIT空想」などが挙げられる。(しかもこれは邦題ではなくマジモンのタイトル。)
ちなみに、Vaporwaveの「Vapor」は「蒸気」、「Wave」は「」を表す。
蒸気の中で聞こえるような感覚の音楽、という解釈...らしい。

具体的にどんなの?

ざっくり一言で言えば既存の曲のピッチ(音程)を低くし、スピードを下げてぐちゃぐちゃにしたといった感じだろうか...
どこかで拾った音源(スーパーのBGMや昔の音楽、CMなどサンプリングの元ネタは人による。)をサンプリングして、ピッチ下げてスピード落として、切り貼りして(一部の部分を狂気の沙汰まで繰り返すなど)ドラム重ねて(人によってはドラム重ねないアーティストさんもいる)ハイ完成。
ね?カンタンでしょ?

具体例

一番有名なのはやはりMacintosh Plusの「リサフランク420//現代のコンピュー」だろう。この曲はこのジャンルをバズらせた(良い意味で)原因である。(何聴けばいいか迷ったらリサフランク420//現代のコンピューを聴こう。)
そもそも「Macintosh Plus」って誰?と思う人が大半だが、もとは「vektroid」というトラックメイカーがこの名義の他に「情報デスクvirtual」「ESC不在」などの別名義を使って、SNSなどで拡散した結果「お、こんな曲が流行ってんのか」と錯覚させる事に成功したのである。(要は自作自演)
ちなみに、Vectroid氏以外にも別名義を持っているアーティストさんは結構いる。

他の代表例は「テレパシー能力者」や「Luxury Elite」、「TOYOTA セリカ」などである。(TOYOTAセリカ氏に関しては何故トヨタ自動車に怒られないか未だに謎である。)

どこで聴けばいいの?

彼らの基本的な活動場所はBandcampという音楽サイトである。日本語が少ないが基本無料で、ストリーミング再生も無料、気に入ったら購入してダウンロードも可能である。(アーティストによっては無料でDL可能で、アカウント無しでもDL可能)

だが、YouTubeやSoundCloud(サウンドクラウドはサイト内ほぼ100%英語)でも活動しているアーティストさんもたくさんいる。さらに、巷で流行りのVTuberもいる。(ちなみに、YouTubeでVapormemoryというユーザーさんもいるので気になったら各自調べて)

アートワーク

Vaporwaveのイラスト(アートワーク)は先述の通り、昔のアニメ(最近のアニメイラストを使う人もいる、大丈夫だろうか...)やCM、実写の写真などが多いが、そのまま使わず、スマートフォンやPCのソフトなどでグリッチ(ちょっとした不具合で画面に砂嵐が出るなど)やVHSによくみられるノイズ(赤、青、緑がずれてるなど)などに加工をしている画像が多くみられる。
さらに、昔の像(倫理の教科書に出てきそうな白いアレ)なども多くみられる。

私も作ってみたいんだが...

スマホアプリならいくつか無料のアプリがあるので、ぜひインストールして楽しんでいただきたい。

初めて聴く皆さんへ

このジャンルは何回も言うが、昔の音源(実は最近の曲をサンプリングした曲もある)を切り取ってぐちゃぐちゃにした曲のジャンルである。つまりゲテモノといっても過言ではない曲も少なからずあるが、これもこのジャンルの面白い所なので大目に見てほしい。

オトメルンバotome🌊🌴 🐬18-リミキサ🌈
センシティブな作品
【Modern Paradise】現代の楽園
Vaporwave 001



別名・表記ゆれ

ヴェイパーウェイブ、Vapor Wave、等

関連タグ

DTM 80年代風Future Funk

pixivに投稿された作品 pixivで「vaporwave」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91407

コメント