ピクシブ百科事典

TACネーム

たっくねーむ

アメリカ空軍や航空自衛隊などの西側空軍のパイロット(エビエーター=航空士)個人が持つ非公式愛称。あだ名。

概要

「TAC」とは「Tactical(戦術上の)」の略。
通信時に便宜上使うものであり、6文字以下や3音節等、短いほど望ましく、フォネティックコード等と被らないものとなる。
識別に使われるコールサインとは違って統一されておらず、部隊内での愛称であって正式な呼称ではないため、管制塔などに対する通信で使われることはない。
同姓同名の隊員が居てもTACネームで呼べば間違えることは無い、無線で聞き取りづらい名前の場合がある、傍受されても個人の特定を防ぐ、といった理由から使われている。主として通信の際に使われているが、呼ばれても反応できないという事を防ぐ、あだ名として使用、呼び間違えを防ぐ等の理由から日常的に使われている。
なお、個人に固定されたコールサインが与えられる場合はTACネームの必要性が薄く、TACネームを持たない場合もある。

ゲーム『エースコンバット』シリーズに登場する空軍機を例に挙げると以下のようになる。

コールサインガルム1ガルム2クロウ3(ガルム2)ガルーダ1ガルーダ2
TACネームサイファーピクシーPJタリズマンシャムロック

特に命名規則があるわけではなく、真面目な名前もある一方でふざけた命名も可能で、放送禁止用語を使ったTACネームも確認されている。(もちろんネームタグ等に書かれたTACネームも伏字となっている)
重複がなければ本人の希望どおりのTACネームが通ることもあるが、「マーベリック」などの有名なものは却下されることがほとんどで、格好良いTACネームはベテランの特権と言われる。

なお、アメリカ海軍では愛称をTACネームではなくコールサインと呼ぶ。
例としては映画『ステルス』のE.D.Iの「ティンマン」や『エースコンバット5』のマーカス・スノーの「ソーズマン」はそのままコールサインとなる。

自衛隊では航空自衛隊のみが使用しており、実戦部隊へと配属された際に命名される。
空自の場合は上官(先輩や教官等)により命名されることが多く、名前、部活動や出身地等の経歴を元に付けられるが、運が悪いとドジを踏んだ経験等から引用されたりととんでもないTACネームが付けられる事がある。
配置換えなどにより似たTACネームがあった場合や昇進等の際に変更されることもある為、一度付けられたTACネームを使い続けるとは限らない。
なお、使用者の名前代わりとしてヘルメットや装具等にTACネームが書かれており、基地祭等でパイロットを見かけた際に知ることも可能。


関連タグ

ひそねとまそたん:劇中で命名などTACネームに関する話題がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「TACネーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1429

コメント