ピクシブ百科事典

ヴェノム・スネーク

べのむすねーく

MGSVTPPに登場するスネークのコードネーム。
目次[非表示]

「仲間にナイフを向けるな。よく見てろ、俺達は家族だ」
「お前達の無念を海の藻屑にはしない」

人物像

CV:大塚明夫/キーファー・サザーランド

サイファーの策略により、MSFマザーベースを壊滅させられ、重症を負ったビッグ・ボスやマザーベースの面々。そして彼は9年間の昏睡状態に陥る。

彼が病院に運び込まれた時には全身に金属片や人間の歯、骨の欠片までもが総計108個突き刺さった状態で、人間かどうかもわからない姿であった。
その後手術で一命は取り留めたが、左手を失った上に、頭部に刺さった破片は脳にまで達しているために摘出することができず、発作的な色覚異常を始め、言語野の障害、時に”ありもしない物”が見える幻覚症状の可能性等、様々な後遺症を残す事になった。

昏睡している最中に「ビッグボス」の伝説は抹消され、実在したかも怪しい存在に成り果てた事もあり、自分たちを陥れたサイファー、そしてスカルフェイスへの復讐の為に失った左手をソ連製の義手「バイオニック・アーム」で補い、パニッシュド"ヴェノム"スネークとして、同じく身体の一部を失ったカズヒラ・ミラーが設立したダイアモンド・ドックズを率いてサイファーの謎を追うべく戦いに身を投じる。

これまでのスネークと比較して口数は少なく、また煙草も葉巻ではなく電子タバコ「ファントムシガー」を愛用する。

昏睡から覚醒した際に与えられたエイハブという彼のもう一つの名前は、アメリカ文学の傑作『白鯨』に登場する捕鯨船ピークォド号の船長エイハブが由来である。(イシュメールやピークォドなどもこの作品が名前の由来である)
巨大な白鯨「モビーディック」に片脚を奪われたエイハブ船長の「報復」という要素が、MGSVのテーマの一つとして織り込まれているのである。

ちなみにスネークの声優である大塚明夫氏はNHKアニメ「白鯨伝説」と「十二戦支 爆烈エトレンジャー」の両方でエイハブというキャラクターの声を当てている。前者はメインキャラクター、後者はゲストキャラクターである。もちろん両者共に『白鯨』モチーフである。

関連イラスト

Venom Snake
Venom Snake


スネーク
MGSVTPP





世界を売った男の真実

この先はMGSVTPPの深刻なネタバレが含まれます。開覧は自己責任で御願いします。
















彼の正体はビッグ・ボスことネイキッド・スネークでは無い

その正体はグラウンドゼロズの終盤でビッグ・ボス本人が乗っていたヘリに同乗し、パスの体内に仕掛けられた爆弾の爆発からボスを庇ったメディック。 「MGSGZ」にて、パスの体内の爆弾を除去しようとしたあのメディックである。
彼はMSF出身でビッグ・ボスの部下の一人であった。
つまりビッグボスとは血縁関係の無い『全くの別人』である
『恐るべき子供達計画』によって生み出されたビッグ・ボスのアナログクローンである筈のイーライと遺伝子検査の結果が全く一致しなかったのもこのためである。
なお、彼はビッグ・ボスからMSFの中で最も優秀な兵士と評価されており、本物に次ぐ戦闘能力を持つのはその素質と与えられた知識から予想されていたようである。
医師が見せた写真に映っていた四人目が観えないようになっていたが、実際は整形前の彼の元の姿であった。
スネークやミラーとは親しい仲だった模様。
また、本物のボスは1935年生まれだが、ヴェノムは1932年生まれであり実際はヴェノムの方が歳上である

爆発からビッグ・ボスを守った際、彼と共に昏睡するも、暗示と共にビッグ・ボスの過去を追体験させられ、顔も変えられた事で己を含む誰もがビッグ・ボス本人だと感じるよう仕立てあげられていた(のちのMGS2のS3計画の雛形とも言える)。
つまりはビッグ・ボスの保険用として作られたファントム、即ち影武者である。
この身代わり計画の発案と指示はゼロ少佐が行っていた。XOFによるMSF襲撃はあくまでもスカルフェイスの独断によるものであり、敵対しているとはいえビッグ・ボスの命を危機にさらすことは、ゼロの意図するところではなかったのである。

この件に関して、ビッグ・ボスの賛否などは聞かずに、その昏睡中に行われていた計画だっため、ビッグ・ボスも渋々ながら従う他はなかった。
ヴェノムよりも少し早く昏睡から回復したビッグ・ボスは、この計画に対して少なくとも当初は困惑を隠せずにいたが、この時点で既にXOFによる病院襲撃は避けられぬ状態であり、ヴェノムの役割と病院から出るであろう犠牲者を今さら無駄にする事はできず、オセロットの指示に従ってヴェノムを護衛する役割を与えられる。
つまり、病院脱出時にヴェノムを助け、オセロットの下に導いた謎の包帯男イシュメールこそが、本物のビッグ・ボスであった。
オセロットは最初からこのことを知っており、ゼロの作戦を指揮したのも彼だった。ボスの命を守れるならばと、オセロットは一時的にゼロに協力していた。

一方、9年間の昏睡から目覚めたヴェノムだが、実は過去の記憶は失っておらず、まだ自我を持っていた。
しかし、医師との会話から危機的状況であると察し、ヴェノムは本物のビッグ・ボスの為にビッグ・ボスの影武者として役割を演じる事を決意し、かつてMSFの頃の写真に映っていた過去の自分とは別れる事となった。
だが、復帰後はビッグ・ボスとして活動するには”その決意”でさえ不要な為、オセロットによる洗脳の末に忘れさられてしまい、もはやヴェノムにはメディック個人としての記憶も存在も無くなった。

エンディングでは、本物のビッグ・ボスはオセロットによるヴェノムの洗脳を解き、彼自身がどの様な存在だったか、どの様な役割を与えられていたかを思い出させている。
ビッグ・ボスの役割を通したヴェノムを「友」と呼んで感謝し、二人一人として歴史を刻んでいく事を誓い、ヴェノム・スネークの役割を「もはや影武者ではなく、半身である」とした。
お互いの存在を切り離せぬ表裏一体のものとして、ネイキッドは表舞台におけるビッグ・ボスの称号と組織であるダイヤモンド・ドッグズをヴェノムに託したのである。

メディックの本名は不明だが、ゲーム開始時にプレイヤーが登録した名前とアバターが彼の整形前の素顔に反映されるようになっており、メタ的にプレイヤー自身とビッグ・ボスが二人でビッグ・ボスの物語(サーガ)と歴史を作ってきたという演出になっている
しかし、皆に遅れて真相を聞かされたカズヒラ・ミラーはこの計画に納得しきれておらず、自分はボスに見捨てられてしまったと感じたがためにネイキッド・スネークを討つ事を考えるようになり、ファントムであるヴェノムをビッグ・ボスとして扱い組織を拡大する事になる。

サイファーの影を追う最中に後々MGS4に繋がっていく愛国者達の思惑を知ったヴェノム・スネークとネイキッド・スネークは、独立武装国家「アウターヘブン」を作り上げ蜂起。
初代メタルギア』にてヴェノム・スネークはソリッド・スネークと対峙し、道連れを狙うも激闘の末に命を落とした。(本物のビッグ・ボスはFOXHOUNDの総司令官として、影からアウターヘブン設立を指示していた)

つまり、本物のビッグ・ボスが初めて登場したのはその次回作であるMG2からだったのである。
(ただ、MG2ではビッグ・ボスは瀕死の重傷を負ったとして、両手、両足、右目、右耳を失って、マッドナー博士の治療によりサイボーグとなっているため、辻褄が合わない部分もある。
しかし上記の様に、ビッグ・ボスにとってはヴェノムは表裏一体のものであり、ヴェノムの幻肢痛をビッグ・ボス自身が加え、ヴェノムの役割を乗じた可能性も否めない。
また、小島秀夫氏は旧メタルギアシリーズの方は既にパラレルワールドとしている為、多少の誤差はあるのかもしれない。)

しかし、作中で判る通りファントムにも限界があった。
オセロットはヴェノムをビッグ・ボスに仕立てあげるべく、昏睡時の変性意識状態を利用したマインドコントロールや暗示などの洗脳術を用い、過去のビッグ・ボスの作戦記録を追体験させることで経験と知識を植え付けてきたが、ヴェノムにはヴェノムの人格がある。
MSF出身のヴェノムにとって、ビッグ・ボスの活躍を具体的に知っていたのはMGSPWからMGSGZまでであり、それ以前のビッグ・ボスについては飽くまでも「作戦記録として残されているレベル」での知識に過ぎず、本物のビッグ・ボス個人がかつて何を見聞きし、何を考え、何を話したかまでは知り得なかったのである。
ヒューイからクラーク博士の話を持ちかけられても、クラーク博士の人物像自体あまり知らない為「さぁな」の一言だけ言って興味を示さなかったり、あれほどビッグ・ボスがこだわっていた葉巻もファントムシガーという電子タバコで済ませていたり。
また、かつてニカラグア湖に捨てたザ・ボスのバンダナを再び手に入れるが(ストレンジラブが回収していた)それを修復して身につける事も出来る。
さらに先述のように、ロシア語などの通訳が出来ない(オセロットは脳に刺さった破片による言語野の障害と説明しているが、ビッグ・ボスになる様に洗脳を行っていたのもオセロットな為、怪しいものである)。

またオセロットが兵士訓練で兵士に発したあの台詞に関しても無関心。
そして極め付けはザ・ボスの人格コピーであるAIママル・ポッドが発したヴェノムに対するそのものズバリな「貴方じゃないわね」という言葉と、それに何の関心も抱かなかった事である(勘の良いプレイヤーの中には、ここでピンと来た人も多かったようである)。
これはMGS4でビッグ・ボスが言っていた「遺伝子統制や情報統制を突き詰めても、人が完全に他人に成り切る事など不可能だ」の言葉を裏付けており、オセロットでさえ他人に成り代わっても必ず落とし穴があると言う事になる。
アフガンでヴェノムに救出されたミラーも、その正体に薄々勘づいている台詞を発しており、あろう事かエンディング後は、ビッグ・ボスのファントムである事をマザーベーススタッフ全員が気がついている(それでも「自分たちにとっては貴方がBIGBOSSだ」と言ってついてきてくれる)。
因みに外見に関しても本物と若干の違いがある。(頭部の破片、左腕の義手、顔面の傷、眼帯の留め具、瞳の色、髪型、胸のS字の傷の有無など)

MGS4で、ビッグ・ママことEVAソリッド・スネークに愛国者達について語った際の「BIGBOSSの虚像と真実を折り込ませた物語」とは、” ビッグ・ボスがMGS3からMGSVまで活躍した物語 ”に基づいているということになる。
ただ、回想とはいえEVAとヴェノム・スネークと二人に面識があったかは今の所は不明だが、ビッグ・ボスとヴェノムが昏睡状態の時に、2人の身柄をキプロスまで移送したのはEVAの為、少なくともEVAはヴェノムの存在を知っている事になる。
またMGSでナオミ・ハンターがソリッドに渡したスニーキングスーツは元々、ダイヤモンド・ドッグズで作られ、ヴェノム・スネークが着用していたモノであると小島氏が語っている為、ヴェノムはナオミ・ハンターとはこれから先、面識があったのかもしれない。(彼女がビッグ・ボスと会うきっかけをつくったのはグレイ・フォックスである)

Venom Snake


彼の存在はあくまでビッグ・ボスのファントム。
絶対に明るみにはでない存在であり、ソリッド・スネークに倒されても、彼の名前と存在は倒した本人であるソリッドにでさえ知らされる事は無かった。
当初は何の変哲もない傭兵だった彼だが、ビッグ・ボスの役割を演じ、死して尚BIGBOSSの名を残して、最後まで役割を貫いたのだった。

核廃絶エンドにおいてはピースウォーカーが示したザ・ボスの自己犠牲の精神を理解し、武器と内なる鬼を捨てる事が生きた証となる事をボスへと告げるように語っている。


なお、ゴーストバベルはソリッドシリーズとは繋がらない完全なパラレルストリーのため、倒されたのはビッグボス本人でソリッドはビッグ・ボスの実子だと思われる。

モデルをよく見ると、比較的細身のソリッド・リキッドや、中間くらいのネイキッド・ソリダスと比べ、ヴェノムは顔のパーツこそ似てるものの輪郭の骨格ががっちりとした印象である。
ヴェノムのフェイスモデルと英語版音声には、それまで英語版MGSシリーズでソリッドやビッグ・ボス演じていたデヴィッド・ヘイター氏ではなく、海外ドラマ『24』でお馴染みの俳優キーファー・サザーランド氏に変更されたことが話題となったが、このこと自体もメタ的にビッグ・ボスとは別人であることを意図して盛り込まれた要素とも考えられる。

関連項目

MGSV ビッグ・ボス MSF
カズヒラ・ミラー リボルバー・オセロット ヒューイ(MGS)
リキッド・スネーク
ソリッド・スネーク
ゴーストバベル …ヴェノムと同じ特殊な義手の男「ブラックアーツ・ヴァイパー」が登場する。
ヴェノム博士 …同じコナミ作品でヴェノムの名を冠する人物。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴェノム・スネーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 757291

コメント