ピクシブ百科事典

マクドネル・ミラー

まくどねるみらー

マクドネル・ミラーとは、メタルギアシリーズに登場する架空のキャラクターである。
目次[非表示]

概要

MGSPWMGSVMG2MGS(時系列順)に登場。MGSPWMGSVに登場するカズヒラ・ミラーは若き日の彼。
CV:銀河万丈(MGS) 杉田智和(MGSPW、MGSV)

生い立ち

1947年、米軍将校の父と娼婦の母との間に生まれた。
幼少時は寝たきりとなった母の為に煙草屋の店番を務めていたが、父を探すべく渡米した。
大学卒業後は日本に帰国し、病気(娼婦時代に感染した性感染症、おそらくは梅毒)が進行した母の治療費を稼ぐべく1969年、自衛隊に入隊するも2年後に母は他界し彼は自衛隊を除隊した。(理由は母の死であるが「父のいた米軍と肩を並べられない」「三島由紀夫の死によって生き方を考えさせられた」とも語っている。)
その後、再びアメリカに飛ぶが既に父は自殺した後だった。

傭兵時代

カズヒラ・ミラーを参照。

教官時代

MSF(DD)がいかにして、MGに登場したような状態の武装要塞アウターヘブンへと変貌を遂げたのかは正確には不明だが、ミラーはアウターヘブン蜂起には参加していないものと推測されている。
MGSVの物語の後に、ミラーはSASグリーンベレーなどに教官として招聘され、最終的には、ビッグボスが指揮官を勤めるFOXHOUNDにサバイバル教官として赴任する。

この中で、ソリッド・スネークをはじめとする多くの兵士を鍛え上げていった。
当時の彼は鬼教官として有名で、スネークによると教え子の間では“マスター”・ミラーの呼び名が定着したという。

メタルギア2においての活躍

ザンジバーランド騒乱に際し、ソリッド・スネークをサポートする。
その手腕は錆付いてはおらず、豊富な知識と経験に基づく勘により、スネークに的確なアドバイスを与える。
特に終盤の硫酸トラップは、彼の助言無しでは通り抜けられない。
既婚者だが妻とは別居しており、一人娘のキャサリーと二人暮らし。

ちなみにマクドネル・ミラーとして登場したのは今作が初。

MGSにおいての活躍

単身武装集団に占拠されたシャドーモセス島に赴くスネークを無線でサポートする。隠遁生活が長いためスネークよりもアラスカの自然に詳しく、潜入任務のノウハウの他にも、寒冷地でのサバイバル技術等を教えてくれる。

しかしミラーは本編の3日前に自宅で暗殺されており、無線でサポートを行っていたのは彼に変装し無線を傍受、介入していたリキッド・スネークだった。

レイモンド・ベンソン著の小説版によるとリキッド一味の襲撃を受けた際、ミラーは日課のトレーニング中だったため非常に軽装の上に、家の外は極寒のアラスカ。戦うことも逃げる事もできず結果、催眠ガスによって昏倒させられそのまま死亡した。
享年58歳。

関連項目

メタルギアシリーズ
ビッグ・ボス ソリッド・スネーク
リキッド・スネーク ゼロ少佐
MGSPW MGSV メタルギア2

pixivに投稿された作品 pixivで「マクドネル・ミラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25326

コメント