ピクシブ百科事典

ビッグ・ボス

しょうりのぼす

ビッグ・ボスとは、ゲーム『メタルギアソリッド』シリーズに登場する人物。
目次[非表示]

MGS3 MPO MGSPW MGSVの主人公。それ以外のメタルギアシリーズにも大きな影響を与えている。
かつてのコードネームはネイキッド・スネーク
CV:大塚明夫(MGS3 MPO MGSPW MGSV)、大塚周夫(MGS4)
海外版CV:デイヴィッド・ヘイター(MGS3, MPO, MGSPW)
     リチャード・ドイル(MGS4)、キーファー・サザーランド(MGSV)

人物

1935年生まれ。元FOXHOUND総司令官であり、MSF及び独立武装国家アウターヘブンの首領。
本名はジョン。
身長180cm(MG2の設定、MGSでは192㎝)、体重89kg。愛煙家で葉巻を愛用。

1950年代初頭に伝説の兵士であるザ・ボスの下に弟子入り。彼女が一時失踪するまでの約10年間、生死を共にする日々を送り、その間に彼女と協力して近接格闘術CQCを創り上げた。
ベトナムに於いてLRRP(長距離偵察作戦)に参加し、SOG(スペシャル・オペレーションズ・グループ)、グリーンベレー、ワイルド・ギースで活躍、70回以上のミッションを務めた。
その後傭兵として世界各国を回り、神話的存在となる。
80年代に様々な地域紛争、民族紛争に参加。その後は軍事教育や、少年兵の社会復帰に尽力する。
90年代に入り、ハイテク非正規特殊部隊FOXHOUNDの初代作戦総司令官として任命され、国内に呼び戻される。

ヘビを冠するコードネームを最初に与えられた人物であり、「恐るべき子供達計画」と呼ばれる機密計画によって誕生したソリッド・スネークリキッド・スネークソリダス・スネークらの遺伝子上のオリジナルとなった。


モデルはカート・ラッセル主演の映画ニューヨーク1997およびエスケープ・フロム・L.Aに登場する人物のスネーク・プリスキン

作中での活躍

MGS3

一服



1964年、当時29歳。
FOXHOUNDの前身であるFOX部隊に所属するCIA工作員「ネイキッド・スネーク」として登場した。
詳細はネイキッド・スネークの記事にて。

MPO

MGS PORTABLE OPSクリア記念



1970年。当時35歳。
スネークイーター作戦終了後ビッグボスの称号を捨てFOX部隊を除隊していたが、ジーン率いる現FOX部隊から「賢者の遺産」の在処の行方を知る人物とされ、コロンビアのサンヒエロニモ半島へ拉致監禁される。
詳細はネイキッド・スネークの記事にて。

事件終結後、スネークイーター作戦での経験やジーン達との対決を通じて、ザ・ボスのような『国家に忠を尽くすこと』への懐疑が決定的なものとなり、彼女とは違う生き方を模索するようになる。

MGSPW

BIGBOSS



サンヒエロニモ半島事件から4年後の1974年、当時39歳。
アメリカを出奔しMSF(国境なき軍隊) を率いて世界を放浪していたところ、コスタリカ平和大学のガルベス教授と生徒のパスから、軍を持たないコスタリカに侵入してきた謎の武装集団を撤退させてほしいという依頼を受け、カズヒラ・ミラー以下MSF隊員達と共に事件の解決に向かう。
詳細はネイキッド・スネークの記事にて。

ネイキッド・スネークのコードネームは捨てたと語っており、本作では単にスネークと表記される。
ボスと呼ばれることは好んでおらず、隊員からボスと呼ばれるたびにスネークと呼べと訂正しているが、ボス・VICBOSS(勝利のボス)と呼ばれることが多い。
以前よりも髪とヒゲを伸ばしており、仲間や部下からは「まるでチェ・ゲバラのようだ」と言われている(実際にベレー帽スカーフを身につけて、ゲバラをオマージュしたキービジュアルが存在する)。

MGSV

GZ

期待GROUND ZEROES!



1975年、当時40歳。
パスの生存を知り、チコとパスの救出のためにキューバ南端のアメリカ軍の捕虜収容所に単独潜入することになる。
PW時にザ・ボスの意思と決別しているため、バンダナはつけていない。

チコとパスの救助は成功するも、ビッグ・ボス不在の隙を突かれ、IAEA(国際原子力機関)の核査察隊に偽装した謎の戦闘部隊XOFの奇襲攻撃を受けてMSFマザーベースは崩壊、多くの隊員の命と共に失われてしまう。
ビッグ・ボスはミラー達をヘリに乗せて脱出を図るが、パスの体内にトラップとして仕掛けられていた爆弾の爆風に煽られ、XOFのヘリと衝突して墜落、重傷を負う。担ぎ込まれた病院で蘇生には成功したものの、蘇生までに時間がかかりすぎたために昏睡状態に陥る。

TPP

キス



9年間もの昏睡状態から目覚める。昏睡していた9年の間に表舞台での活躍の歴史を抹消され、公的には存在しないものとされてしまっている。
しかし、MSFが核を保有していたという事実と影響力自体は拭い去ることが出来ておらず、MSFを模倣した傭兵企業PF(Private Force)が多数誕生し、未だビッグ・ボスを信じ、崇拝する傭兵達の間では「ビッグ・ボスは自らを犠牲にする事でサイファーの危険性を知らせてくれた」という都市伝説すら流れている有様であった。

詳しくはヴェノム・スネークを参照。

MG

ビッグボス



特殊部隊FOXHOUND総司令官として登場。無線により主人公のソリッド・スネークのサポートを行う。「アウターヘブン」を調査するためフォックスを、その後スネークを派遣する。
しかし、最後には「アウターヘブン」の統率者が彼自身であった事が判明、スネークを送り込んだのも情報攪乱が目的だった。しかし、新米兵であるソリッド・スネークが活躍する事は予期しておらず、「アウターヘブン」の崩壊を許してしまう。
最終局面で「お前はやりすぎた、やりすぎたのだ」と叫んで戦いを挑んでくる。戦いの末スネークに敗れ、一時行方不明となるがエンディング後に「また会おう」という言葉を残していた。
後に、MSX版の2作に登場するこのビッグ・ボスには、28年もの時を経て衝撃の秘密があったことが判明している(こちら(ネタバレ注意!)を参照)。

MG2

ZANZIBAR LAND


瀕死の重傷を負っていたが、両手、両足、右目、右耳を失いマッドナー博士の治療によりサイボーグとなっており、作中では「もはや人間の体ではなくなった」という記述が見られた。
中東に独立武装要塞ザンジバーランドを築き、アウターヘブンにいた有能な兵士達を何人か救出して再び仲間にするとともに、OILIXを開発したキオ・マルフ博士を拉致し、世界に対して軍事的、経済的に優位に立とうとした。
最終局面では、メタルギアとの戦いで傷つき装備も失ったスネークの前に出現し、追撃するが、即席の火炎放射器を作り上げたスネークに再び敗北し絶命する。

MGS

回収され保管されている遺体から採取された細胞の研究により、兵士として有益な特性を持つ遺伝子『ソルジャー遺伝子』が多数発見され、 遺伝子治療により次世代特殊部隊隊員達に組み込まれていった。
ビッグボスの特性を後天的に発現された次世代特殊部隊の隊員はこの事からゲノム兵の別名を持つようになった。
しかし遺伝子治療の副作用により、ゲノム兵たちに絶滅種によく見られる左右対称の特性までも発現していることが判明。
シャドー・モセス島で反乱を起こしたリキッド・スネークは自らが率いるFOXHOUNDのゲノム兵に完全なる遺伝子治療を施すべく、ビッグボスの遺体の引渡しの要求をした。

しかし、これは後に別の目的があった事が分かった。

MGS4

Big Boss


すでに死亡したと思われていたが、ビッグボスの英雄性を「愛国者達」の象徴に据えようとするゼロ少佐(デイビット・オウ)の遺志によりナノマシンで人工的な脳死状態にさせられ、その肉体を保存されていた。
同時にSOPへのアクセスを可能とする鍵としても据えられていた。
また、ビッグボスの経歴はゼロ少佐により英雄として祭り上げる為に偽造されていることも明らかとなった。

ビッグ・ママを名乗って活動していたEVA率いるレジスタンスの手でその身体は奪還されたが、リキッド・オセロットに強奪される。
最後には炎の中に投じられ、リキッド・オセロットにとどめを刺される事となり、遺体はオオアマナが咲き誇るポッターズフィールドのザ・ボスの墓の隣に葬られた。
しかし、この時の遺体はEVA達がソリダス・スネークの遺体と摩り替えたダミーであり、本人はこの時点でまだ生きていた。欠損した箇所はリキッド・スネークソリダス・スネークの遺体によって補われ、愛国者達の中枢管理代理AI『J・D』の崩壊によってナノマシンの活動が停止したことで蘇生に成功。
ガンズ・オブ・ザ・パトリオット事件収束後、変異型FOXDIEの拡散を止めるために自殺を図ったソリッド・スネークの前にゼロとともに現れ、スネークに注入されていた新型FOXDIEが変異型を駆逐したことと事件の真実を伝えた。
愛国者達を完全に消滅させるべく同じく生きていたゼロの生命維持装置を停止した後、ザ・ボスの真の遺志とは
世界を変えることではなく、ありのままの世界を残すことに最善を尽くすこと」であったと墓前で悔い、
「戦うことをやめ、蛇(スネーク)としてではなく人間(デイビッド)として生きろ。その体も心もお前のものだ」
とスネークに告げた。
そしてザ・ボスの墓石に寄りかかり「ボス……蛇は一人で……いや、蛇はもういらない」と語り、葉巻を口にした後、スネークのもつ新型FOXDIEによって静かに息を引き取った。79歳没。

BIGBOSS


彼が呟いた
「良いものだな・・・・・・」
とは口にした葉巻に対してなのか、それともスネークを含めた家族に対してなのか、あるいはその両方ともとれる深い言葉が最期の言葉となった。

ちなみに、この場面でビッグボスを演じた大塚周夫氏は、スネーク役の大塚明夫氏の実父である。(この場面でのビッグボスのモーションアクターは大塚明夫氏であるため二重の意味での親子共演となった)

関連タグ

メタルギア
ネイキッド・スネーク ビッグボス・・・タグ登録はこれらが多い。
ソリッド・スネーク リキッド・スネーク ソリダス・スネーク
EVA(MGS) リボルバー・オセロット ザ・ボス ゼロ少佐
カズヒラ・ミラー ヒューイ(MGS)

pixivに投稿された作品 pixivで「ビッグ・ボス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 301878

コメント