ピクシブ百科事典

スニーキングスーツ

すにーきんぐすーつ

ステルスアクションゲーム「メタルギアソリッド」シリーズに登場する戦闘服
目次[非表示]

概要

ステルスアクションを主体とする「メタルギアソリッド」シリーズにおいて度々登場する潜入任務向けに開発された特殊戦闘服である。
一口に「スニーキングスーツ」と言っても作品ごとにその性能や外見が大幅に変更されている例がほとんどであるが「潜入任務に際し、敵の目を欺く高性能な戦闘服」という点では共通している。

1964年にソ連が世界で初めて開発に成功したのを皮切りに、その後の時代に合わせたアップデートを行いながら開発が行われており、最も未来の時代である2014年の「MGS4」では周囲の色調を自動的に模倣し、カモフラージュ効果を発揮する上に身体機能向上を目的にしたマッスルスーツの機能も有する一種のパワードスーツの様な代物へ進化している。(MGRの時代ではサイボーグが主流になっている為、似たようなスーツは登場するもののスニーキングスーツは登場していない)
開発計画などは当時のソ連では秘匿事項だった様であり、当時の東西両国の最新鋭兵器に精通しているシギントですらスニーキングスーツを知らなかった。
後にスニーキングスーツの技術は世界中に拡散したようであり、ソ連製だけではなくアメリカ製スニーキングスーツや一武装組織でしかない「ダイアモンド・ドッグズ」も独自のスニーキングスーツの開発に成功している。

メタルギアソリッドシリーズの多くの主人公達がこのスニーキングスーツを着用しており、このスニーキングスーツとバンダナを着用しているスネークの姿が印象に残っている人も多い事だろう。

機能

光ファイバーを利用した特殊電気紡績技術を応用し作られており、意図的に着用者の体を圧迫し、各臓器の機能促進を図っている。他には最適な体温、湿度を維持する保温保湿機能を有する事で体力やスタミナの消耗を軽減し、その上外部からのダメージをも軽減する機能を持つなど優秀な性能を持つ。
MGS2」の雷電が着用していたスーツ、通称「スカルスーツ」は表面の質感はゴムに近いため柔軟性に富むが、様々な有害科学物質を遮断する機能を持ち、被弾した際の出血量や被弾部位をナノマシンやスーツ内部のセンサーが検知し最適化する機能をも有する。
その性能の高さからソ連製スニーキングスーツを着用したネイキッド・スネークは「FOX」の正式な戦闘服として採用したいほどだ、と評価している。
無論、潜入任務時のカモフラージュ効果も非常に高く、屋内外を問わず高いステルス効果を発揮してくれる全天候型ステルス戦闘服とも呼べる物である。

ただし弱点が無い訳でも無く、「MGSPW」では上記の「ダメージ軽減効果」は無くなっており、いざ本格的な戦闘になると防御面では不利になりやすい上に所有できるアイテムや弾薬にも限りがある為「戦闘に向かない」というよりも「敵に見つかりにくくし、敵と遭遇しない」事を前提にした戦闘服といえるだろう。

登場作品


MGS1

主人公のソリッド・スネークが着用する。
「MGS1」の時点では「カモフラ率」や「ユニフォームの切り替え」というゲームシステムは未実装であった為作中ではスニーキングスーツ以外の装備は登場しないと共にスニーキングスーツ自体にも特別な能力やシステムは無い。

MGS2

「タンカー編」ではソリッド・スネークが着用し、メタルギアRAYの調査任務を行っているが、色や外見の細かい部分が「MGS1」で着用していた物と異なっている。
劇中でのオタコンとの会話で武器や装備はメイ・リンを経由して陸軍兵士システムセンターから横流しした物を使用していると示唆されており、スネークのスニーキングスーツもそこから入手した物であると思われる。

「プラント編」では雷電がスニーキングスーツを着用しているが、劇中では「スカルスーツ」と呼ばれており、軍で研究中のスマートスキン技術を利用した最新式戦闘服となっている。
名前の通り、胴体部には人間の肋骨とも思えるような模様があり、「プラント編」冒頭で着用していたマスクもドクロをモチーフにしていると思われる。

MGS3

作中後半の舞台となるソ連が誇る大要塞であるグロズニィグラードにて入手可能になる。
作中では1964年当時のソ連製最新式戦闘服という扱いになっている。
作中での効果は、あらゆるダメージを半減させるスタミナの消耗を軽減するあらゆる地形に対してカモフラ率の補正が掛かるという最高クラスの性能を発揮する。
作中ではスネークが着用していた黒いモデルとザ・ボスが着用していた白一色のスニーキングスーツが登場する。

MGS4

原因不明の老化が始まっているオールド・スネークが着用している。
老化により低下した身体機能を補完するため、パワーアシスト機能を備えたマッスルスーツとしての役割も有している。
更に周囲の色調や物体の色を模倣して迷彩効果を最適化する機能「オクトパス・カモフラージュ」を搭載しており、ステルス迷彩ほどでは無いにせよ高いステルス効果を発揮する。
オクトカムはオタコンとサニーDARPAの技術を盗用する形で搭載しており、後にラフィング・オクトパスのオクトカムマスクを入手・調整する事で頭部のカモフラージュだけでなく、別人の顔を表示する事での変装も可能となった。

MGSPW

スネークイーター作戦を終え、「BIGBOSS」の称号を得た後のネイキッド・スネークが着用した。「MGS3」で登場したソ連製スニーキングスーツとは違うタイプを使用しているが出自は明かされなかった。
右肩に「FOX」、左肩に「MSF」のマークがあるがFOX製なのかMSF製なのかは不明。(左肩に現在の所属部隊、右肩に以前の所属部隊のパッチを付けるというアメリカ陸軍の規則に沿っていると思われる)
装備すると足音が敵兵士に探知されなくなり、大抵の地形や環境にも対応して高いカモフラ率を維持する事が可能である。防御力自体は高く無いが回復速度は高いためリカバリーも行いやすい。

弱点としては「MGS3」の時とは違い、作中ではダメージ半減機能は削除され、「MGSPW」ではスタミナシステムの概念も無くなっており昔ほどの優位性は無くなってしまっている。
ただ先に述べた通りあくまでも「潜入任務向け」の装備であり、敵部隊と真っ向からぶつかるような戦闘には向いておらず、スニーキングスーツとは別に、戦闘向けに開発された「バトルドレス」という重装型戦闘服があるためそちらを利用する方が得策である。


MGSV

GZ」ではキューバ、キャンプ・オメガに捕らわれているパスとチコの救出作戦時にネイキッド・スネークが「MGSPW」で登場した物と同じ物を着用している。

TPP」ではヴェノム・スネークがダイアモンド・ドッグズ製のスニーキングスーツを着用しており、どういう訳か「MGS1」でソリッド・スネークが着用していたスニーキングスーツと外見が酷似している。(相違点は色のみ)
小島監督によると、このスーツは後にソリッド・スネークへと渡ったものと同じものであるとの事。
開発を進めてレベルを上げると防御力、ダメージの回復速度の向上が可能であり、そのままでも対人プレイ時には暗視ゴーグルによる熱源感知を回避出来る、中腰時の移動音が探知されなくなるなどの効果を発揮する。
ただ開発レベルが一定レベルを超えるとミッションクリア時の最高評価が「S」から「A」に引き下げられるペナルティが発生するため注意。
因みに「GZ」引き継ぎ特典で「GZ」で着用していたスニーキングスーツを使用できるようになる。

関連タグ

MGS  ソリッド・スネーク
MGS2 雷電
MGS3 ネイキッド・スネーク ザ・ボス
MGS4 オールド・スネーク
MGSV ヴェノム・スネーク

FOXHOUND FOX
MSF ダイアモンド・ドッグズ

モンスターハンター アイルー
Xbox:360以降のタグで作成されるアバター用のコスチュームアイテムとして配信されている。

関連記事

親記事

メタルギアシリーズ めたるぎあしりーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スニーキングスーツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2055

コメント