ピクシブ百科事典

ナオミ・ハンター

なおみはんたー

「メタルギア」シリーズに登場するキャラクター
目次[非表示]

CV:鶴ひろみ

概要

ATGC社の社員だったが、遺伝子やナノマシン研究において天才的な能力を持っていたことから、軍の特殊部隊FOXHOUNDのメディカルスタッフも担当していた。

遺伝子治療(ジーンセラピー)により、兵士の戦闘能力を高める技術を確立した人物であり、シャドー・モセス事件の際にはゲノム兵やFOXHOUND隊員に精通していることもあって医療アドアイザーとして作戦に参加した。

劇中の活躍(ネタバレを含みます)

シャドーモセス事件以前

ローデシア独立戦争時に戦争孤児となり、戦いに参加していたフランク・イエーガーに助けられビッグ・ボスの手引きによって渡米。
中東で行方不明となっていたアメリカ人女性『ナオミ・ハンター』という人物の戸籍を取得し、彼女に成りすまして生活していた。
渡米後は兄とともに生活を送っていたが、ナオミが大学入学を控えた頃、兄は兵士として戦場に戻ることになり、異国の地で再び独りになったナオミは「自分は何者なのか」ということに疑問を持つようになる。
そして、その謎を解き明かすために遺伝子工学の道を志し、ATGC社に入社。
その研究はナノマシンにまで及び、ベクターとなる転移遺伝子の発見と「遺伝子ターゲット法」の確立など、様々な功績を残すことになる。

その後、ナオミは兄であるグレイ・フォックスと再会するが、兄はザンジバーランド騒乱で重傷を負い、人体実験と薬物の投与によって廃人になっていた。
ナオミは変わり果てた兄の姿を見て、彼を半死人に変えた張本人にしてザンジバーランドを陥落させた伝説の英雄ソリッド・スネークを激しく憎むようになる。
そしてDIA(国防情報局)の依頼で空気感染によって特定の遺伝子コードを持つ者を殺傷する人工レトロウィルス『FOXDIE』を開発。
またFOXHOUND隊員の遺伝子治療を行うメディカルスタッフとして派遣される。

MGS

シャドーモセス島事件では、CIAからソリッド・スネークをFOXDIEのベクターにするよう指示を受け、ナオミはソリッド・スネークの体内に不凍糖ペプチドや身体機能を補助する各種ナノマシンを注入する際に密かにFOXDIEを混入させた。
しかしスネークのことを兄の仇として憎悪していた彼女は、独断でFOXDIEのプログラムを書き換えてスネーク自身もFOXDIEの感染ターゲットに加えてしまい、これが作戦中に発覚したことで国家反逆罪容疑で逮捕される。
アメリカ連邦刑務所へと投獄されたが、シャドーモセス事件終了後にスネークはターゲットに含まれていなかったことが発覚する。

後に兄とスネークの関係を知り、憎悪は薄れていったが兄の遺言
「ナオミの両親を殺害したのはこの俺で、本当の仇はスネークではなく俺だ」
という事をナオミに伝えるように頼まれたがスネークはそれを、
「俺のことは忘れて自分の人生を精一杯生きろ」 に言い換え嘘の内容を伝えられた。

また、バンドデシネではスネークとフォックスが話していた事を何らかの方法で知り、スネークの体内のFOXDIEをナノマシンで活動停止させている。
フォックスからスネークへ伝えて欲しいと頼んだ言葉も、そのまま伝えられている。

余談ではあるが、スネークに着用させてたスニーキングスーツは元々、MGSVダイヤモンド・ドッグズが開発した物で、この組織とナオミ・ハンターとは何らかの関わりがあったと思われるが詳しい経緯については語られてはおらず、詳細は不明。


MGS4

リキッド・オセロットの手引きで刑務所を脱獄、行方不明となった為、CIAからテロリストとして指名手配されていた。
ナノマシンによる戦場制御システム『SOP』の掌握計画のため、SOPのシステム解析とシステム侵入の糸口を得ることを目的としたリキッド・オセロットによって軟禁されていたと思われていたが、実際はシャドーモセス島事件の以前からオセロットの同志であった。
その身体は放射線障害による癌に蝕まれていたが、ナノマシンで強引に延命処置を行っていた。
南米ではソリッド・スネークと再び接触し、その体内を検査して彼に潜伏しているFOXDIEが急激な老化現象によって変異し、無差別に人を殺傷する大量破壊兵器になろうとしている事実を伝えた。
その後は一時的にスネークと行動を共にし、輸送機内で出会ったサニーに自身と同様の境遇を持つことと自身とは違う希望を感じ、オタコンとは同じ科学者としての孤独を感じた。
また、サニーに目玉焼き(サニーサイドアップ)の正しい調理法を教え、リキッドが愛国者達のAIネットワークに介入するために利用しようとしていたアウター・ヘイブン内のAI『G.W』を無効にするプログラムを託す。

東欧にてスネークの潜入任務中に輸送機から姿を消し、リキッド・オセロットの部下としてスネークの目の前に現れた。
その後、シャドーモセス島にヴァンプと共に上陸、自らの罪の象徴であるヴァンプ(彼女が開発したナノマシンによる人体改造によりヴァンプは超人的な肉体と高い再生能力を手に入れていた)が雷電との死闘に敗北し、「上手に焼けた」という伝言からサニーへと託したプログラムが完成したことを聞いて、自らの罪を後世に残さないように延命用のナノマシンを止めるべくナノマシン抑制剤を打ち、その生涯を終える。
死ぬ前に、リキッド・オセロットが回収・修復したAI『G.W』がサニーが完成させたプログラムによって破壊された時に自身の映像が流れるようプログラムし、その映像でオタコンへの謝罪やスネークへの感謝の気持ちを打ち明けている。
この事が、オタコンの心に残したものも多く、4年経っても心の傷が癒えていないからか女性と付き合う事を避けている。

関連タグ

MGS MGS4 グレイ・フォックス

pixivに投稿された作品 pixivで「ナオミ・ハンター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51307

コメント