ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エマ・エメリッヒ・ダンジガー

えまえめりっひだんじがー

エマ・エメリッヒ・ダンジガーとは、コナミのゲーム作品『メタルギアソリッド2』の登場人物である。
目次 [非表示]

CV 山本麻里安

人物像

オタコンの妹。彼の父が再婚したジュリー・ダンジガーと言う女性の連れ子であり、オタコンとは血は一切つながっていない。オタコンからはエマ・エメリッヒのイニシャルを取ってEEと呼ばれている。

性格は内向的だが芯は強く、自分の意思を曲げない面もあるなど本質的には義兄に似ている。

オタコンとはだいぶ年齢が離れていたが、オタコンは良く彼女の面倒を見ており、また彼女も彼に懐いていた為、兄妹仲は良かった模様。というより当時の彼らは、両親を含めた他人から全く愛情をかけてもらえないという悲惨な家庭環境に置かれていたせいで他人からの愛情に飢えていた結果、互いを癒す為に2人で擬似的な恋人関係まで築いており、そしていつしかエマは義兄のことを異性として意識するようになっていった。

だが、6歳の時に継父のヒューイの自宅のプールでの事故死に巻き込まれて溺れかけたことが原因で(実際はこれは事故ではなく彼女を道連れにした継父のヒューイの入水自殺だった)、水に対して重度のトラウマを持つようになる。

さらにその時にオタコンに助けを求めた(彼の部屋からはプールが良く見えた)が助けてもらえず、また父の死後すぐに家を出たとして彼を恨むようになったという。

その後は母と共にイギリスに帰り、母は再び再婚したが、そこでも新しい継父から暴行を受けそうになって逆に怪我を負わせたことが原因でオタコン同様に家を出る。

結局オタコンと暮らしていたのは2年ほどで、それから十数年もの間会うことは無かった。

なおコンピューターのプログラミングスキルについてはオタコン以上であるという。


来歴

MGS2での活躍

タンカー編では、名前のみの登場でオタコンにアメリカ海兵隊が新型メタルギアを開発しているという情報を流したとされているが、こちらはリボルバー・オセロットスネーク達をおびき出し、沈没事件を仕組むためのでっち上げだった可能性もあり本人はどこでなにをしていたか不明。


プラント編にて本人が登場、アーセナルギアに搭載された愛国者達の代理ニューロAI「G.W」のプログラマーとして、ビッグ・シェルに勤務していて同時に『G.W』を無効化できるコンピューターウィルス「ワームクラスター」もプログラミングしていた。

アーセナルギアを起動させるために、ソリダス達に捕らわれた後、シェル2中央棟の地下1階のロッカールームに閉じ込められて、ロッカーに入っていたのを雷電(バンドデシネではスネーク)が救出しシェル1中央棟地下2階の電算室まで護衛される形で行動を共にする(電算室はアーセナルのセキュリティー制御も兼ねているため)。

しかし、シェル1とシェル2を結ぶオイルフェンスを渡っている途中でヴァンプに襲撃され致命傷を負う。

その後、電算室まで辿り着きウィルスを流し込むための準備をし、無事ウイルスが流し込まれた後にオタコンに本名で呼んでほしいと頼むが、それが最後の言葉となりそのまま息絶えた。

また、死の間際にアーセナル計画に参加した本当の理由やオタコンへの本当の想いを告白していた。


これがきっかけとなり、オタコンは彼女が死ぬ原因となったヴァンプを憎み、5年後にヴァンプとシャドーモセスで再戦した時には、エマの仇をとってくれと発言している。

しかし実際にナオミからヴァンプのナノマシンを停止させる薬を渡されて直接介錯をするように促された際は葛藤の末に結局できず、ヴァンプの最期を見届けてこんなことがいつまでも繰り返されていることへの悲嘆に暮れていた。


スネークテイルズにて

こちらでは、ビッグシェルに勤務していることに変わりないがどのようなことをしているかは不明。

ビッグシェルを占拠していた武装集団に命を狙われシェル1のC脚の食堂に隠れていたのをオタコンに依頼されたスネークが発見し彼にセキュリティーキー(ビッグシェルのコントロールキーと嘘をついた)を渡した。

物語の分岐次第で事件の真相が分かるが、必ず生存する。

本編も、どうしてこうならなかった


MGS4

既に死亡しているので本人の登場はないが、MGS2で彼女が『G.W』破壊用に開発したワームクラスターが思わぬ形で用いられる。

ナオミ・ハンターが開発したウイルスプログラムをサニーが彼女のワームクラスターに落とし込む事で、対愛国者用ウイルスプログラム『FOXALIVE』を完成させたのである。(オタコン曰く、プログラムの構想に彼女の面影が残っているとの事)

そしてそのウイルスプログラムをオタコンが『G.W』に流し込んだ事で、中枢である『J.D』を始めとした愛国者達の代理AIネットワーク全体が完全に崩壊し、彼らの支配は終わった。

かつて自らの計画の為に利用したエマと彼女のワームによって最終的に愛国者達はトドメを刺され、彼女の遺志は義兄のオタコンやサニーやスネーク達によって無事果たされたのである。


余談

雷電のことを嫌らしいだの変だと思っているのをオイルフェンスである方法をすると聞ける。(雷電の頭をヅラだとも思っている)

また、ジョニー佐々木とも蜂合わせではあるが会っていて、見逃してくれているという。(これは戦場で可愛い女の子に近づくとロクな目に合わないという前作の教訓からの行動だった模様)


初登場のシーンは前作をプレイしていると「血は繋がってなくても兄妹」と思わせる演出をしてくれる。こういうところもやはり似ている。



関連イラスト

だいたい合ってる


水に入るのやっぱ無理


別名

エマ・エメリッヒ EE


関連タグ

MGS2 ハル・エメリッヒ ソリッド・スネーク 雷電

関連記事

親記事

ビッグ・シェル びっぐしぇる

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45168

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました