ピクシブ百科事典

ヒューイ(MGS)

ひゅーい

コナミのステルスアクションゲーム『メタルギアソリッド』シリーズの登場人物。MGSPWにて初登場した。
目次[非表示]

cv田中秀幸

本項はメタルギアシリーズのネタバレを含みます。

人物像

ロボット工学の権威であり二足歩行兵器の開発者。元NASA宇宙工学技術者。
広島に原爆が投下された1945年8月6日生まれ。父親は核時代の口火を切ったともいえるマンハッタン計画の関係者で、原子核の専門家であった。
ヒューイという名はピースウォーカー計画で同僚でありライバルであった「ストレンジラブ」に付けられたあだ名で、彼女の後ろを付いて回る様子から映画「サイレント・ランニング」に登場するドローンの名前から取られている。
本名は不明。ただしファミリーネームは『エメリッヒ』であることが明かされており、初代MGS以降ソリッド・スネークの親友であり相棒であるハル・エメリッヒオタコン)の実父。

脊髄の異常から先天的に足が不自由で、PWの頃は自作の変形・四足歩行できる車椅子で移動していた。
この不自由な足から自立二足歩行ロボットの開発に強い執着を持つようになり、ロボット工学を志し、将来的には自分の足で歩けるようになることを夢見ている。
MGS3に登場していたグラーニンとは文通相手で、二足歩行技術は彼から託されたもの。
自身の脊髄異常についてヒューイ自身は原爆開発で多量の放射線被爆をした父の影響だと頑なに信じており、さらに少年時代のある出来事がトラウマとなっていることもあって、核兵器を嫌悪する気持ちは人一倍強い。

容姿は息子のハルによく似ており、眼鏡をかけ肩辺りまであるボサボサの頭をしているが、端正な顔立ちな彼と比べるといかにも小汚ない科学者といった風貌。
人格は一見穏やかだが小心者で負けず嫌い。また純朴な夢想家でもあり、よく騙される質。しかし内面で屈折した頑固さ、科学者としての執念のようなものも渦巻いている。
なお、PWでは自作の電子たばこを吸っているが、これはタバコの煙による精密機器の影響を考慮してのこと。
スピンオフという名の技術模倣・盗用をよく行っており、たまに仲間からはそのことを皮肉られている。

劇中の動向

NASA以前

幼少の頃から母を含めた周囲の大人達に「お前の父親の開発した原爆によって、戦争が終わり、アメリカの多くの若者たちが死の恐怖から救われたのだ」と言われて育ってきたため、少年時代は純粋に父親を尊敬していた。
しかし、小学5年生の時に転校してきた日本人クラスメイトに見せられた原爆投下直後の広島の惨状を記録した写真集の内容に酷くショックを受け、これがトラウマとなって一転、自分の足の障害の因果は父にあるとも考えるようになり、以後は父と核兵器を憎悪するようになる。

1957年のスプートニク・ショックが刺激となって航空宇宙工学を志し、科学が戦争ではなく世界を良くするために使われることを夢見て16歳の時に飛び級でマサチューセッツ工科大学に入学。在学中にキューバ危機が起こるが、核抑止の概念を正しく理解していない世間が必要以上に騒いでいるのをどこか白けた気分で眺めていたという。
卒業後はNASAに就職し、米ソ宇宙開発競争の流れに乗って月面探査用の歩行システムの研究に従事。
しかし、1969年にアポロ11号計画で月面着陸を達成した後は、デタントの煽りを受けたことで核ミサイル研究へと回された。

そこでホット・コールドマンから歩行システム研究の業績に目をつけられ、CIAにスカウトされることになる。

MGSPW

コールドマンの掲げる「絶対的な核抑止による恒久的世界平和」という核抑止論を信じ、ピースウォーカー計画に参加。
機体制御用の「レプタイルポッド」と自立歩行兵器「ピースウォーカー」の躯体、ピースウォーカーのプロトタイプといえる各種AI兵器を開発に従事する。
自ら憎悪する核兵器の研究に敢えて参加したのは、核抑止による世界平和を達成することで、核開発によって狂わされた自分の人生が決して無駄なものではなかったことを示したかったためであった。

しかし、コールドマンがピースウォーカーの抑止力を実証するべく本当に核を撃とうとしたために意見が対立し、階段から突き落とされたところをスネーク(ビッグ・ボス)に保護され、その後CIAを離れMSFに鞍替えする。
その後は対AI兵器戦におけるアドバイザーや装備開発、またメタルギアREXの前身にあたるメタルギアZEKEの開発に携わる。

ピースウォーカーのAI開発責任者であるストレンジラブ博士に片思いしていたが、気の強い彼女の雰囲気に気圧されてなかなか気持ちを打ち明けられないでいた。また当のストレンジラブもザ・ボス…引いてはそれを再現したAIにご執心であり、彼を憎からずは思いつつもその優柔不断な態度を嫌っていた。ならばとラブレターを使ってもみたが、その内容もかなり回りくどく、彼女を怒らせることしか出来ていなかった。
しかし事件収束後、二人でMSFのマザーベースでビッグボス達と暮らすようになってからは、ストレンジラブとの会話で「自分1人で歩いてこれるようになったら相手をする」と前に踏み出すよう発破をかけられるなど、少しづつではあるが関係が進展していた様子。

MGSV

GZ

ブリーフィングファイルに相当するカセットテープにて声のみ登場。
スネーク達が核を保有したことからIAEAの査察対象となり(本来は国でもなく加盟もしていないMSFが査察対照となることはない)、スネーク達が難色を示していた中、独断で査察を承諾した張本人。
査察対策で忙しいとはいえストレンジラブがマザーベースを出て行ったのに対して反応をしていないなど、不可解な言動を見せている。
査察団の案内役も務めていたが、その査察団は偽装されたサイファーの実行部隊XOFであり、司令室に案内後は音信不通。
マザーベース崩壊後は消息不明となっていた。

TPP

MSF壊滅後はXOFの指揮官「スカルフェイス」の指示により、ソ連軍の拠点でサヘラントロプスウォーカーギアの研究開発をしていた。
しかし、サヘラントロプスが中々完成しないことで焦れたスカルフェイスにサヘラントロプスを取り上げられそうになったことで、マザーベースに西側への亡命要請を行い、ミラーから依頼を受けたスネークによって救出される。
だが、9年前の惨劇を何故か無傷で生き残った彼をミラーとMSFの生き残り達はMSF壊滅事件を裏で手引した裏切り者だと疑っており、オセロットから拷問同然の厳しい尋問を受けることになる。
その後は証拠不十分のままダイヤモンド・ドッグズ預かりの身となり、部下たちの勝手なリンチから保護する目的もあって、軟禁状態で兵器開発の任に就かされ、スネーク用ウォーカーギア「Dウォーカー」や多脚歩行戦車「バトルギア」の開発に携わった。

PWでは車椅子だったがVでは自立歩行ユニットを脚に外科的に装着、自立している。
自立歩行ユニットは閉鎖空間での活動を前提に開発されたらしく、電源は主に外部に依存しており、野外での活動時間は短いという欠点も持つ。
また、反応速度向上のために足の治療の外科手術を参考に足の骨に直に固定器具を装着しているため、衝撃が直に伝わる構造となっており、足の骨へのダメージが大きく、固定器具がなければ歩行の衝撃で骨が砕けるほどぼろぼろになるという欠陥を持つ。
ちなみにこの自立歩行ユニットは関節をロックすることによって椅子代わりにもなり、その姿はさながら空気椅子である。


ダイアモンド・ドッグズへの保護後も、子供達を使ってサヘラントロプスを密かに修理する、研究班の検査装置から放射線を漏洩させて声帯虫を突然変異させるよう細工するなど暗躍を続けていた。(オセロットの推測では、身勝手にも確証のない声帯虫の治療法を試みた結果が突然変異を招いたとも言われている)
声帯虫の研究成果を見た後、変異した声帯虫を回収しサイファーに身柄を確保される予定でいたらしいが、スネークが隔離プラットフォーム内に発生した感染者を駆逐した為に、阻止されてしまった。
(搬入時の検査で怪しまれるような、声帯虫を変異させてしまいかねない装置を見逃される等、拷問まがいの尋問を受けるほどに怪しまれている割に暗躍できているが、拷問により放っておいても動く上に、切り捨てても困らない駒としてミラーとオセロットが後述する内部統制の為に見逃しつつも、被害が大きくならないようコントロールしていた、という可能性もある)
結果的にその悪事(身勝手な行為)の全てがスネーク達に露見し、ダイアモンド・ドッグズ内は暴動寸前にまで荒れることになる。最終的にスネークの判断によって処刑こそされなかったものの、ゴムボートに僅かな食料と共に載せられてマザーベースを追放された。
追放時、重量でボートが沈みかけたため、慌てて自立歩行ユニットを海に投げ捨てている。

また、サヘラントロプスの在処やメタリック・アーキアの存在、スカルズ等に特殊な寄生虫を用いていること等、様々な情報を隠しており(おそらくすべて話してしまうとミラーやオセロットにより捨てられると判断して出し惜しみした為か)、スネークらの知った情報に対して補足するように後出しで情報を出すので、信用できない印象を与えていた。

ちなみにストレンジラブとは恋が実ったらしく、スカルフェイスに協力していた頃には二人の間に息子のハルを授かっている。だが、彼は年端もいかないハルを、サヘラントロプスのテストパイロットと称した実験台にしたためにストレンジラブの怒りを買い、何処かへとハルを隠されてしまった。このことに激怒したヒューイはストレンジラブをピースウォーカーから回収したハイブリッドAIポット「レプタイルポッド」内に監禁し、衰弱死させてしまっている。

上記のようにPWの頃と比べると身勝手で凶暴な面が強くでており、その姿は典型的なマッドサイエンティストのそれである。(PWの時点でも、パスの裏切りの最中で皆がパスを思っていた中、ヒューイだけジークを心配していたりと、セシールから突っ込まれた事もあったりもしたが)
また、核保有に関してもPW時にはスネークを信頼した上で保有に賛同していたが、後になってから核を持つ武装組織は危険であると主張を変えている。(ヒューイ自身は知らなくとも最初から予定されていたピースウォーカーの核発射と違い、再び抑止力として作ったジークが利用されて核の危険を招いた、そしてボスが時代への規範に挑む中で再び核が使われるのではないかと言う疑念を抱いたことにより意見を変えたという可能性もある)
かつては平和のための科学の利用を求めていたが、サヘラントロプスは利用目的や核の搭載よりもまともに動かないはずの自分の開発物が自分抜きで稼動している上に他人の手にある事に憤りがあり、Dウォーカーは自身の発明物に勝手に手を加えられてウォーカーギアとなった事に対する怒り、バトルギアは開発の経緯がDD内にて自身の立場を良くするためと、保身と執着のみが強くなっており、サヘラントロプスやメタリックアーキアを用いた核作成キットに対してはほとんど反応をしていなかった。(PWではコールドマンの手にあることよりも騙された怒りやピースウォーカーを核を発射した兵器にさせない、核に使用による自分のような被害者を出さないと言う面が強かった)
ただし、作中では本気で自分は無実だと思い込んでいる節もあり(実際、相当量の自白剤を投与されても供述を覆していない)、オセロットからは「もはや自分でも自分が何をしたのか、何をしているのか正しく把握しきれていない」と評されているなど、その言動と行動の乖離から解離性精神障害を患っている可能性も示唆されている。
一説には自分の招いたXOFによるMSF壊滅が自身の予想を遥かに上回る惨状だったために、その罪悪感に押し潰されてしまったことが精神の失調を招いたのではないかという考察がなされている。

一方で、前作からのあまりのキャラの変貌ぶりにヒューイは本当に無実だった(少なくともスネークを裏切るつもりは無かった)のではないかという説も多く存在する。
というのも、スネーク(プレイヤー)が受け取る「彼の悪事の証拠や証言」の殆どはオセロットかミラーを通じての状況証拠ばかりであり、彼の行ったとされる悪行の具体的な描写は劇中では描かれておらず、それどころか明らかに意図的にぼかされているためである。
さらにコードトーカーの「ミラーに気を許すな」というセリフや、先述の相当量の自白剤を投与されても供述を覆さなかったこと(途中でヒューイ自身の行った自白は全て、オセロットによる命の危険すら伴う拷問の結果である)、声帯虫の放射線での変異は、一歩間違えば自身を含め世界中に変異型声帯虫が拡散しかけた事から方向性を狙ってできるものではないうえに手土産にできるようなものができない可能性がある、本作が情報統制・洗脳社会の恐怖を描いたディストピア小説『1984』を裏モチーフにしていること、最終エピソード「世界を売った男の真実」に意味深に現れるニーチェの「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである 」という言葉等から、ヒューイ自身は本当に無実で、オセロットとミラーによって組織内部の統制を図るために仕組まれた陰謀のスケープゴートにされたのではないかという考察もある。
その場合、たとえ完全に無実でなかったとしても実際に犯していた行為が全てDDに敵対目的であったかのように虚実織り交ぜて巧みに印象操作されていたということも考えられる。
マザーベースで行われた裁判で、ヒューイが嘘をついている証拠としてAIポッドに残されていたストレンジラブの音声記録をミラーが提示しているが、これも「ヒューイがストレンジラブをAIポッドに閉じ込めて衰弱死させた証拠」でしかなく、「ヒューイがスネーク達を裏切ろうとしていた証拠」にはなり得ない。すなわち、DDの兵士たち(及びプレイヤー)にヒューイへの悪印象を植え付けるための印象操作である。
但し、白であるとDD内で認められていたとしてもDDに対し自分を外に置いた発言、人を殺すための兵器を作った自分を無視して人殺しと言うなど、自分はDDの仲間ではないと言う発言をしてしまった以上は隊員と軋轢が生じていつかは出ていくことになっただろうと言う意見もある。

(一説には、「『TPP』のヒューイは別人だったのではないか?」という説もある)


ここからさらに発展し、MGSVのヒューイが途中から本作の産みの親である小島秀夫監督の愛用しているものと同モデルのメガネ(『J.F REY』)を身に着けることや、小島監督がメタネタを作品に盛り込む演出手法をたびたび用いることも併せて、「制作当時の小島監督がコナミ内部で置かれていた心情・状況をヒューイに自己投影したのでは?」という大胆な解釈も存在する(2015年当時のコナミと小島プロダクションにまつわる騒動については『コナミ』の記事にて)。
この解釈においては、ヒューイをリンチにかけようとするDDの兵士達を前に彼が呻いた「まともなのは僕だけか?」という台詞や、ヒューイにとって最大の屈辱が「自分の開発物が他人の手によって意図せぬ使われ方をすること」であることが、非常に意味深なものとなる。

またヒューイの経歴に繋がるヒントも散らばれていたりする。

  • スカルフェイスはヒューイを利用してマザーベースを崩壊へと導いた。ストレンジラブは不在。スカルフェイスとストレンジラブはどの様な関係か?
  • ハイブリッドAIで研究をしようとしたストレンジラブとヒューイ、スカルフェイスは何を思ったか?
  • XOFの管轄下で育てられた息子のハル、スカルフェイス達は何を思ったか?
  • ストレンジラブは、ハルを何処に身を預けたか?
  • DARPAから召集されたストレンジラブサイファーから離反したスカルフェイスヒューイと息子の三つ巴の関係は、どの様な環境下であったか?
  • ヒューイはストレンジラブをレプタイルポットへと閉じ込めた、その理由は?
  • ストレンジラブはDARPAに召集されたが、事故により主任を外される。”事故”とは何か?
  • DARPA”と”声帯虫や遺伝子技術に関心を抱いているATGC社”はヒューイと繋がっている。何故繋がっていたか?また遺伝子技術に関して全くの素人であるヒューイは、ATGC社と何を会話していたか?
  • 世界中で声帯虫が存在する(と思われている)のはマザーベースのみ。ヒューイは何を思い声帯虫に手を出したのか?目論見は何だったか?
  • ヒューイはどうやって息子と再会できたか?

これらのヒントに迫れば、真相に近い答え(解釈)が得られるかもしれない。
シロかクロか、明確な答えを示さぬままMGSVは物語の幕を下ろし、全てはプレイヤーの『解釈』に委ねられている。

その後

経緯は不詳だがハルと再び暮らし、別の女性と再婚し、連れ子のエマを新たな娘として迎えた。
しかし家庭は円満とはいかず、研究の行き詰まりなどでさらに精神状態を悪化させてしまう。
その末にエマを道連れにして入水自殺を図り、死亡している。

関連タグ

MGS MGSPW MGSV
科学者 ロボット
ピューパ クリサリス コクーン(メタルギア)
メタルギア ピースウォーカー メタルギアZEKE メタルギア・サヘラントロプス
ビッグ・ボス ハル・エメリッヒ ストレンジラブ

関連記事

親記事

MGSPW めたるぎあそりっどぴーすうぉーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒューイ(MGS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11201

コメント