ピクシブ百科事典

ザ・ソロー

ざそろー

ザ・ソローとはメタルギアソリッドシリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「お前が殺めた死者の哀しみを知るがいい。」

概要

CV:堀之紀
MGS3で初登場。
コブラ部隊の元隊員で当時のコードネームは「深淵なる悲哀」
霊媒能力に長け、死者との会話による情報収集のほか、降霊によって死者の能力を獲得できる。
大戦中はザ・ボスの最高のパートナーであり、彼女との間に子供がいたが、出産直後に「賢者達」により奪われてしまう。
第二次世界大戦終結後は祖国のソ連に帰国し軍に復隊。1962年に所属の関係と「賢者達」の陰謀によりボスと敵対、彼女と息子を守るために自ら望んでボスに殺害される。
死してなおボスに寄り添っており、劇中でも度々亡霊として登場。
度々スネークにヒントやメッセージを与えたが、ボスの死後、彼女と共に去っていく。
ヴァーチャスミッション終盤でスネークが川に落ちた後のムービーで視線を左に移すと彼の死体と思われる白骨を見ることが出来る。

ザ・ソローと出会った際に最後までたどり着くとスピリット迷彩が入手できる。
敵兵を首締めした際にスタミナを奪うことが出来るだけでなく足音を消すことも出来る。
その際に、彼と出会うまでに殺害した兵士達とコブラ部隊隊員の霊と遭遇する(最大100体)。
殺害方法などにより、霊たちは様々な反応をする。

その後もバンドデシネやMGS4にもゲスト出演を果たしている。
MGS4では死者を操る「ソロー人形」なるものが存在。
ある人物から奪い取る事で、二週目以降から使う事が出来る。
死体に対して使用することで揺さぶってアイテムを落とさせる事が出来る。
また、装備中は心霊写真に映る幽霊を見る事が出来るようになる。

MGSPWではボスと敵対する経緯がEVAの口から詳しく語られる。

ノベライズでは

1919年、ソ連に生まれるもロシア内戦で白軍に故郷は焼かれ、赤ん坊だった彼は奇蹟的に生き残る。
この一件をきっかけとしてどこかへ歩いていく死者の列を幻視するようになり、いつしか死者たちと話が出来るようになっていった。
少年時代、死者と会話できるとして評判になった彼の元にNKVD(内務人民委員部)が訪れ、死者から情報が引き出す為に彼は働いた。
1936年、諜報員の仕事が与えられ、国外に派遣された。
生者の心を読み、死者と会話する彼の前では誰も嘘をつけないため、会見に同行することもあった。
そして彼は彼女と出会う。
出会いから二年後、時代の変化により口封じの為に殺されるはずだったが、ソ連側の賢者達に救われる。
コブラ部隊へと入り、家族を手に入れる。
そして運命は二人を対立へと導き、建造中のグロズニィグラードの下水道の絶壁でザ・ボスのためにその死を受け入れ、殺される。
最後に見た未来は彼女の息子が戦いに漕ぎ出し、息子から恐るべき子供たちへと受け継がれ、奪われた赤ん坊も加わって歴史が語り継がれていく光景だった。
その遺体は滝壷へと落下し、グロズニィグラード近くの森へと流れ着く。

NKVD時代は兵士としては未熟だった為、霊媒技術により死者の技術を得てそれを完全に使いこなす為に、西部開拓時代のリボルバーを愛用していた。
そのリボルバーはスネークへと渡る事になる。

関連イラスト

ソローさん



関連タグ

MGS3 コブラ部隊 ザ・ボス リボルバー・オセロット

pixivに投稿された作品 pixivで「ザ・ソロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66492

コメント