ピクシブ百科事典

技の種類は多岐にわたるのだが、アメリカのプロレス中継などでは解説者がフロント、サイド、ダブルアーム、果てはパックドロップまでをもすべて「スープレックス」と一緒くたにして呼んでしまう光景が見られる。
(ただし決め技(フィニッシュホールド)の場合は、それがどんなに地味な技でも固有の名を叫んでくれる)

かつてはジャーマンスープレックスを簡略化した言葉として使われていたらしい。

  • カール・ゴッチ曰く、「スープレックスと呼ばれるものは、後ろから相手の胴をクラッチして反り投げ、ブリッジで固めるものだけだ。それ以外の投げ技は「サルト」であって、相手の腕を前から掴んで投げるものはスロイダー」「ブリッジして固める技をスープレックス」と答えている。
  • ビル・ロビンソン宮戸優光は、スープレックスとは「相手を自分の頭越しに投げるもの」、サルトは「肩越しにひねって投げるもの」と説明。

その他、背後から投げた相手をホールドする技として有名なものは、ダブルチキンウイングからのジャーマン(タイガー・スープレックス)やフルネルソンホールドからのジャーマン(ドラゴン・スープレックス)などがある。

格闘技やプロレスの技は総じて危険なので、絶対に遊びで使っちゃいけないよ!

主なスープレックス

藤波辰爾が元祖。

  • オースイスープレックス/タイガースープレックス
歴代タイガーマスクが使用。
馳浩が元祖。
ブリザードは飯塚高史、エクスプロイダーは秋山準が開発。
相手ごと一緒に倒れこんで背中を叩きつける方法のブレーンバスター
  • キャプチュード
前田日明が元祖。(後述)

関連タグ

レスリング アマレス プロレス 必殺技
ジャーマンスープレックス/ジャーマンスープレックスホールド/原爆固め 嫁の必殺技 嫁の原爆固め 

前田日明新日本プロレス時代に12種類のスープレックスを習得、後にオリジナルで「キャプチュード」(捕獲投げ)を編み出した。

関連記事

親記事

投げ技 なげわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スープレックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 387318

コメント