ピクシブ百科事典

カール・ゴッチ

かーるごっち

本名:カール・イスターツ。プロレスラー兼コーチ。人呼んで『プロレスの神様』、『無冠の帝王』。故人(1924年 - 2007年)。
目次[非表示]

概要

1924年6月3日にベルギーアントワープで産まれる。(なお、生年月日には諸説あり)
1950年代から80年代までプロレスラーとして活躍、コーチとして若手レスラーの育成に力を注いだ第一人者。
得意技であるジャーマンスープレックス原爆固め)は、その華麗なフォームから『プロレス芸術品』と称され、ヨーロッパ仕込みのレスリングで得た高度なテクニックから『プロレスの神様』と呼ばれている。
そのファイトスタイルに強く魅かれたアントニオ猪木は彼をと仰ぎ、藤波辰爾前田日明藤原喜明木戸修佐山聡(初代タイガーマスク)といった、多くの日本人レスラーが彼の指導を受けた。
一方で、実力こそトップクラスであったものの、特に見た目の派手さを重視するアメリカのプロレス界では「あまりにも地味」「すぐに試合が終わる」として一部のレスラー、プロモーターには煙たがられていた。
また、マイナー団体のタイトルは奪取をしている一方、主要タイトルを一度も獲得したことがないことから「無冠の帝王」ともいわれている。(もっともWWWF(現・WWE)世界タッグ王座を戴冠した事はある。)

逸話

1950年代、イギリスにあった『ビリー・ライレージム』(通称スネーク・ピット=蛇の穴)というレスリング道場で数年間トレーニングを積む。

梶原一騎原作の漫画『プロレススーパースター列伝』では画鋲をまいた床の上でブリッジしながらのバーベル上げ、コンクリート製のマットに叩きつけられる投げ技の受け身、手もしくは足を縛られてのグラウンドレスリングなど、過酷過ぎるというか、ありえないトレーニングを積み重ねた結果、ミイラのように痩せこけた場面が描写されていた(勿論フィクションである)。

因みに蛇の穴ことビリー・ライレージムは同じく梶原作品のタイガーマスクに登場した虎の穴のモデルになっている。

プロレスラーとしてのデビューは1951年(日付不明)にベルギーのフランドル地方で行われた興行でのフランク・セクストン戦である。

1959年に『カール・クラウザー』のリングネームでドイツヒールレスラーとして米国でデビューしている。(なお当時カナダで試合をする時はフランス人キャラだった。)

国際プロレスに参加し、アンドレ・ザ・ジャイアントにジャーマンスープレックスを決めている。

新日本プロレス旗揚げ時に持ち込んだフランク・ゴッチが所持していたと言う世界ヘビー級王座のチャンピオンベルトは、実はゴッチが所持していたインディアナ/オハイオ版AWA世界ヘビー級王座のベルトのレプリカのレプリカで、新日本プロレス側が作らされたものだった。

アントニオ猪木によるとかなり金にはがめつい。

カール・ゴッチと言うリングネームは、かつては上述のフランク・ゴッチに肖って名乗ったとされていたが、アメリカでの記録が見つからず日本だけの名乗りだと思われていた。その後アメリカでの記録が見つかり、その過程でゴッチが信頼していたプロモーターのアル・ハフトに頼まれてハフトの現役時代のリングネーム“ヤング・ゴッチ”から付けたのではとの説が浮上した。しかしその後ドイツでも名乗っていた記録が見つかり、ゴッチ自身が「母親の旧姓を付けた」と証言した事から由来に関しては解決を見た。

細かい反則技をレフェリーの死角を突いて使うので他のレスラーからは嫌がられていた。

1968年日本プロレスのコーチを引き受け若手・中堅レスラーを厳しく鍛える『ゴッチ教室』を開く。

彼にしごかれたレスラーの一人、山本小鉄は後に鬼軍曹と呼ばれ新日本プロレスの若手レスラーを育成している。

1984年に新日本プロレスから分派したUWFでは顧問を務め、彼の薫陶を受けた選手や鍛えた者たちは「U系」とも呼ばれる。

その指導方針

マシントレーニングによる「見せる筋肉づくり」を嫌い、コシティなどの古典的なウエート器具を除きセルフウエイトトレーニングを重視する。が、実際はバーベルやダンベルを多数所持、使用していたことが残っている映像や写真でわかっている。「人間の体に取っ手なんてついてない」とバーベルやダンベルの類いを使わないと公言していたが、コシティにもつかむところあるしね・・・。
いつ如何なる時でも全身の力をバランス良く発揮させるのが理想(猪木のキーロックを持ち上げてみせた動きなどはその典型)であり、休日には動物園ゴリラを見に行き、「あれこそ理想的な肉体」と飽きずに眺めていたそうである。
食事療法にもこだわりがあり、できるだけ収穫された形に近い食品から人間の消化力を向上するということも兼ねて「食べて大きくなる」ことを重視していた。プロテインやサプリメントについては誤った知識に基づいた偏見を持っており、この考えは新日本プロレスでも長らく支配的であった。
もちろん、ビリー・ライレー・ジム出身であるため技術も飛びぬけていたが、ルー・テーズは「動きはまるでロボットのようだった」と評し、また、UWFインターナショナルに所属した選手たちからは「ゴッチさんって実はパワーファイターなんじゃないですか?」という声が上がっていた。

関連タグ

神様
総合格闘技
岸本ありさ:「卓球界のカール・ゴッチ

関連記事

親記事

プロレス ぷろれす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カール・ゴッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2791

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました