ピクシブ百科事典

フロントスープレックス

ふろんとすーぷれっくす

フロントスープレックスは元々はレスリングの技。総合格闘技、プロレス等でも用いられる投げ技である。
目次[非表示]

概要

正面から相手の両腋に自らの両腕を差し込み、腰周りを両腕で抱え込んで後方にブリッジして投げる技。
反り投げ、サルト(ソルト、sault)、ベリー・トゥー・ベリー(belly to belly=腹と腹)などとも呼ばれる。
プロレスにおいてはレスリング出身の選手に使い手が多い。

普通は捻りを加えるが、永田裕志は真後ろに投げる「パワー・スープレックス」を使用。

派生技・類似技

スロイダー:相手の片腕を巻き込んだ状態で相手の胴を両腕で抱えて投げる。
ノーザンライトスープレックス馳浩が フロント・スープレックスを元に考案した技。
パワー・スープレックス
水車落とし(ダックアンダー・スープレックス):ダックアンダー(腋くぐりタックル)で相手に組み付き、相手を前方から抱え込んで担ぎ上げ、後方へ投げ落とすもの。
ダブルリスト・アームサルト:正面から相手の両手首を掴んだ状態で、相手の腋下に自らの頭を潜り込ませ、その状態のまま後方に反り返りながら相手を投げ、背面からマットへ落とす技でそのままブリッジして固めるホールド技、片手首のみの「ハーフリスト・アームサルト」もある。

主な使い手

ジャンボ鶴田 馳浩 金本浩二 ゲーリー・オブライト
カート・アングル 諏訪魔
リック・スタイナー・・・投げっ放し式を使用。
前田日明・・・ウンター・グルフ(捻りを加えたフロント・スープレックス)、スロイダー、ダブルリスト・アームサルト等も使用した。

pixivに投稿された作品 pixivで「フロントスープレックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10723

コメント