ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

カテゴリー関節技サブミッション)で、ネルソン・ホールドの一種。
相手の)とにダメージを与えてギブアップをとる技で、掛け手との体格差で概ねの勝敗が決まる大技

日本プロレス時代のジャイアント馬場猪木寛至の試合では16戦すべてに於いて馬場がこの技で勝利している。

派生技

フルネルソンの変型

以下はネルソン・ホールドのバリエーション。

ハーフネルソン
相手の後方から片腕のみを羽交い締めの形にした上で、相手の頭部を押し曲げ圧迫する。
この体勢から移行する技に小橋建太の『ハーフネルソン・スープレックス』、マイケル・モデストの『カリフォルニア・ロール』、柔道技の『片羽絞』がある。

クォーターネルソン
相手の後方から片腕を相手の首にあてて、もう一方の腕を相手の腋の下に通してから首を押さえた腕を掴み、相手の頭部を押し曲げたりして圧迫して攻撃する。

スリークォーターネルソン
ハーフネルソンと同様に背後から相手の脇に片腕を差し入れて、もう片方の手を相手の背中側から回して相手の首の後ろでクラッチする。

リバース・フルネルソン
相手と向かい合った状態で前屈みになった相手の両腕を相手の背中の上でクラッチして絞め上げる。
この体勢から移行する技に
『ダブルアーム・スープレックス』
三沢光晴の『タイガー・ドライバー』『リバース・ネルソン・デスロック』
HHHの『ペディグリー』
蝶野正洋の『羽根折り固め』(バタフライロック)
ウィル・オスプレイの『ストーム・ブレイカー』『ダブルアームDDT』『ダブルアーム・パイルドライバー
渡辺智子の『ヘルスマッシャー』がある。

関連タグ

プロレス 羽交い締め

関連記事

親記事

羽交い締め はがいじめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フルネルソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31220482

コメント