ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ジャーマンスープレックスから派生した投げ技の一つ。この技の発案者である藤波辰爾のニックネーム「ドラゴン」からネーミングされ、「飛龍原爆固め」とも呼ばれている。相手を羽交い締めにした状態から投げる為、フルネルソンスープレックスとも言われる(これについては後述)。


前述の通り、相手を羽交い締めにした状態から後方にブリッジして叩き付け、その体勢のままピンフォールするという大技。

相手は首と腕を極められた姿勢でマットに叩き付けられるので、頸椎を痛める恐れもあり、かなりの受け身の技能が要求されるが、それでも受け身を取るのは極めて難しい。もちろん投げる側も首・腰を故障するリスクがある諸刃の剣である。

若手時代にこの技を得意としていた武藤敬司が、対橋本真也戦でブリッジを支えきれずに前歯を折る怪我をして以来封印したほか、開発者の藤波本人も腰を痛めて以降は一度も使っておらず、藤波以外の使い手もビッグマッチのここ一番というところでしか使わない傾向が見られる。


絶対に素人がプロレスごっこなどで使ってはいけません。死にます。

実際、アメリカでこの技を初めて披露した際、ただでさえあの稀代の奇人シューターとして名高いカール・ゴッチ門下生ということで警戒されていた藤波は、試合後ロッカールームのレスラー達から「あんな危険な技を使いやがって‥‥」と冷たい目で見られてしまい、誤解を解くのに苦労している。



呼称について

かつて全日本プロレスではライバル団体である新日本プロレス発祥の技を敬遠する傾向にあったため、ドラゴンスープレックスを「フルネルソン・スープレックス」と呼んでいた。ただし2代目タイガーマスク三沢光晴)が、初代(新日本の佐山聡)の開発したタイガー・スープレックスを使用した時のみ、「スーパー・タイガー・スープレックス」と呼んだ。

その逆もあり、全日本プロレスの御大・ジャイアント馬場の必殺技であるネックブリーカー・ドロップ及びその派生技を新日本プロレスの選手が使う際は、別の名称になっていた。


近年は国内団体の増加と交流が盛んになったため、特に縛りもないようで、名称は使用するレスラーの任意となっている。


関連タグ

プロレス プロレス技 ジャーマンスープレックス 藤波辰爾

関連記事

親記事

プロレス技 ぷろれすわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 386087

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました