ピクシブ百科事典

実写バンブルビー

じっしゃばんのばんぶる

実写バンブルビーとは、『トランスフォーマー』の実写映画シリーズにおけるバンブルビーの通称である。
目次[非表示]

※現在タグとしては使用されていないため、「バンブルビーと実写でアンド検索」するのが望ましい。

概要

バンブルビー


CV:(第1作目)マーク・ライアン/吹き替え:加藤亮夫
(第5作目)エリック・アーダール、J・T・ウォルシュ/吹き替え:小原雅人長谷川敦央

実写映画におけるバンブルビー(日本でいうバンブル)。シボレーカマロに変形する若きオートボット戦士。

外見上の特徴は黒のストライプが入った黄色のボディと胸部に来るカマロのフロントとハチの翅のように背中に配されたドア。目は他のTF達に比べてつぶら。頭のヘルメット状の部分は戦闘時に顔面に移動してマスクになるほか、平たく短い角は少しだけ可動する。武装はプラズマキャノン、マシンガン、ロケット、ミサイルなど。第4作目『ロストエイジ』からは、ミサイルランチャーと一体化した蜂の針とカニバサミも追加。なお、第1作目では本来相手をスタンさせる格闘武器「スティンガー」を装備予定であった。その名前は『ロストエイジ』に登場するバンブルビーのコピー商品に受け継がれた。また、サイドスワイプボンクラよろしく、ローラースケートモードも予定されていた

人間の青年サム・ウィトウィッキーの相棒にして彼の親友。かつての戦いでメガトロンに発声器官を壊されてしまい、精神的ショックで喋る事が出来ず、カーラジオの音声によるコミュニケーションをとっている。

原語版でバンブルビーの声を担当したマーク・ライアンは、後の『リベンジ』にてジェットファイアーを、『ロストエイジ』ではロックダウンの吹き替えを担当している。そちらに関してはその渋い声がマッチしていたためか、はたまたどちらも1作限りのキャラなせいか、特に不評の声は聞かれない。

オプティマスプライムなど他のオートボットに比べて若いTFなので、性格が子供っぽく人間味に溢れており、G1バンブル同様愛嬌のあるマスコット的な存在。ムード作りに音楽を流したり、目からウォッシャー液を流して泣いてみせたりと、一番空気が読めるTFとも言える。しかし、ディセプティコン相手には容赦なく、戦闘時にはオプティマスに負けず劣らずのエグい殺戮を見せつける。

初代

他のオートボットに先行して地球に潜伏し、1974年型カマロに擬態していた。このころはチームの末っ子的な立場だった。

キーアイテムの在り処をサムに問い詰めるバリケードを迎え撃つ。華々しい活躍を終えたところで、ミカエラ・ベインズ「おんぼろカマロ」という何気ない一言でへそを曲げる。そこで偶然通りかかった最新モデルのカマロを再スキャンしお馴染みの姿となる。

その後セクター7に捕まって解剖されかけたり、敵に脚を吹き飛ばされたりと結構ひどい目に遭っている。街中での決戦ではミカエラが乗るレッカー車に牽引され、脚を破壊された状態でディセプティコンの大型TF、ブロウルの撃破に成功している。

戦いが終わった直後に発声機能が一時的に復旧し喋れるようになった。

リベンジ

2作目となる『リベンジ』では、再び発声器官を損傷し喋れなくなったという設定に。これは前日譚となるコミックでスタースクリームとの交戦した結果だと語られた。ちなみにこうなった理由は、第1作目のラストで発した声が見た目に反して渋すぎたために鑑賞者から顰蹙を買ったからである。

サムと同居していたが、サムの大学進学に伴い(大学3年生になるまでは自家用車での登校は校則で禁止されていたため)離れ離れに。しかし、サムが再び渦中の人となったことで、彼のボディガードとして様々な活躍を見せた。更に精神年齢の低いツインズが登場してからは彼らのお兄さん的な立場として先頭に立ち、喧嘩を諌めたりしている。ただし、その喧嘩の止め方は二人をひっ掴んで思いっきりぶつけるというなかなかに荒っぽい方法である。

エジプトでの決戦ではランページの両腕を引き千切ったり、ラヴィッジ背骨を引っこ抜いたりと、この辺りから残虐ファイトが目立ち始めた。

ダークサイド・ムーン

3作目の『ダークサイド・ムーン』では晴れてサムと同居することになったが、劇中ではイマイチ人間社会に馴染めていない様子が描かれていた。本作では他のオートボット達と同じく、ビークルモード状態で武装を露出させる形態(ステルスフォース)を披露している。

シカゴでの最終決戦ではキュー(ホイルジャック)と共に捕虜にされ、キューに続いてサウンドウェーブに処刑されかけており、サムに別れの挨拶をしていたが、ディセプティコンの戦艦の墜落に気を取られていた隙を突いて逆襲し、サウンドウェーブの胸にアッパーを叩き込み、そのまま腕のカノン砲を発射、下から頭を吹き飛ばし撃破している。

ロストエイジ

4作目『ロストエイジ』では主役の座をオプティマスに譲り、登場も中盤からと今までとは違う立ち位置を見せた。

人間社会においてオートボットと認識されているのはオプティマスとバンブルビーのみである。初めのうちはブラックカラーの初代カマロに変形していたが、後に2014年版の5代目後期型カマロ(カスタム)をスキャン。ドアが翅になる変形が廃され、代わりに背中にはスパイク付きの手裏剣のような車輪がついた。身体のデザインも全体的に変わり、パーツが細かく分かれる為判りづらいものの、車体のフロントが胸部にくるスタンスは変わっていない。ボディだけでなく頭部のデザインも変更され、バトルマスクがスズメバチの顔のようなデザインとなった。名前はマルハナバチなのに…

ロストエイジ・バンブルビー


オプティマスと連絡が取れない間はバンブルビーが指揮を取っていたが、ドリフトからはその指揮ぶりを酷評され、取っ組み合いの喧嘩になったことがある。相変わらず自分がコケにされるのは我慢ならないようで、長い潜伏生活が続いたせいかかなり短気になっており、ストーリー中盤にてKSIの本社に潜入した際、バンブルビーを元に建造された人造トランスフォーマーのスティンガーを見つけるが、「自身よりも高性能」とのPVの謳い文句を聞くや否や、我慢できずにシェーンの制止を振り切って機能停止状態で展示されていたスティンガーを張り倒した。

それでも人間に対して不信感を抱いている他のオートボットに比べると、人間に対する感情は穏やかで、今作でも相変わらず人間と距離の近いオートボットとして描かれている。

終盤、ガルヴァトロンに操られた人造トランスフォーマーで構成された新生ディセプティコンの一員となったスティンガーと対峙し、空を飛ぶストレイフの上で戦いを繰り広げた。ストレイフが地上に落ちた後、カノン砲をスティンガーの喉にゼロ距離で放ち撃破。PVでボロクソに言われていたことを相当腹に据えかねていたのか、ラジオの音声を借りて「コピー商品は嫌いでね」と言い放ち、スティンガーの頭をストレイフに噛み砕かせた。

最後の騎士王

5作目『最後の騎士王』では6代目カマロをスキャンしての登場となり、プロポーションも旧トリロジーで慣れ親しまれた体型に戻った。

また、第二次世界大戦においては連合国側に協力したという過去があり、メルセデスベンツ770らしき車両に偽装して「悪魔の旅団」と恐れられたアメリカカナダ共同のコマンド部隊・第1特殊任務部隊と共にナチスの拠点を襲撃した過去を持っている模様。戦時中の彼の異名は様々だが、「優しいとは程遠い」とされている。ホットロッド (それまでの作品におけるホットロッドとは別人)とはその当時も同僚だった。

地球来訪以前に発声機能を失って以来、声を取り戻すのはいつになるのかとファンをたびたびヤキモキさせてきた彼だが、本作で遂に自身の声を取り戻すに至った。序盤のシーンでデイトレーダーから手に入れた部品を取り付けた際はSiri(吹き替え:織部ゆかり)の女性的な合成音声となってしまい彼を落胆させたが、終盤でオプティマスの洗脳が解けたのを機に彼自身の声で喋れるようになった。オプティマス曰く彼の声を聴いたのは「サイバトロン星崩壊の時以来」とのことだが、だとしたら第1作目のラストは一体…。

声を取り戻したことでそれまで不明瞭だった彼の口調や性格がハッキリとしたが、一人称は「俺」で「クソ野郎」といった口汚い言葉も使うなど、本作の彼は初期の作品のような愛嬌や可愛さよりも『ロストエイジ』以降の粗暴な面がベースとなっているようだ。古代の龍の騎士団に対しても、目の前で仲間と共に無礼な発言をしている。

また、どのような経緯でその能力を持つに至ったかは不明だが、本作のバンブルビーは体をバラバラに吹き飛ばされても自力で元に戻る能力を持っており、予告編を観たファンを驚かせた。また、市街地でのバリケードとのカーチェイスではビークルモードの状態から部分的に変形して頭部と腕部を展開し、バリケードを退ける芸当も見せている。

武器はお馴染みの腕部のカノン砲の他にも両足の銃等や、ネメシス・プライムとの戦闘シーンでは大型のハンマーを用いて応戦していた。

BUMBLEBEE

スピンオフ映画『BUMBLEBEE』ではG1と同じくフォルクスワーゲンビートルに変形する。

関連タグ

トランスフォーマー 実写TF 実写オプティマス 実写メガトロン サム・ウィトウィッキー
シボレーカマロ) フォルクスワーゲンビートル

コメント