ピクシブ百科事典

エネルゴン

えねるごん

『トランスフォーマー』シリーズに登場する架空の物質。または『トランスフォーマースーパーリンク』の海外放送時のタイトル『Transformers Energon』を指す。
目次[非表示]

『Transformers Energon』についてはこちらの記事を参照。⇒トランスフォーマースーパーリンク

概要

トランスフォーマーの活動の源となるエネルギー体。物質の状態はシリーズや回によって様々であり、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』のように液体状のエネルゴンをエネルゴンキューブに注入して固体状の物質に変換するシーンも見られた。

ただし、火気には非常に敏感であり、発生する炎は小さいが炎上しやすく、サイバトロンデストロン両軍の戦闘中に流れ弾が被弾すると爆発することもあった。

ビーストウォーズ

「エネルゴンクリスタル」と呼ばれる青い半透明の鉱石状の物質が宇宙各地の星の鉱脈に存在している。土壌を潤す肥料のような効果があり、一定期間経過すると自然に安定したエネルゴンキューブに変質するが、そうなる前の不安定な物体であるため発するエネルギーはトランスフォーマーの肉体にすぐ吸収可能以上の過負荷を起こす。また、彼らの生命の本体ともいえるスパークに物理的な影響を与えられる模様。古代の地球エネルゴアには星全体に埋蔵されていたため惑星規模でこのエネルギー波の範囲内と化しており3分以上ロボットモードを維持するのはオーバーロードを起こし回路が機能不全、無理に活動すると死に至る(エネルゴン波の除去装置も存在しているので延長は出来なくもないが応急処置の範囲を出ない。登場人物達が乗ってきた宇宙船には遮断装置が組み込まれているため船内での時間制限は生じない)。それに加えて電波の類を阻害するので惑星外ばかりか通信機能に至っては半径100メートル以上の距離では上手く働かない有様である。一方有機生命体はエネルギー波の影響を受けないのでトランスフォーマー達は現地の生物の姿・性質を模したビーストモードを得て耐性を持てるようにした(他の乗組員であったプロトフォームは宇宙船が不時着した際にエネルゴン波が届かない軌道上に射出されたことにより何もスキャンしていないながら逃れることができた)。物語のラストで地球を実験場としていたエイリアンがトランスフォーマー達の戦いと星への干渉で彼らの目的を妨害する形になったことにより、エイリアンは星を破棄することを決定。衛星に偽装していた惑星破壊兵器を起動、エネルゴンを一気に起爆剤として使用し星を破壊し尽くそうとした。途中で惑星破壊兵器が破壊されメタルスでその余波により殆どのクリスタルは消滅・キューブに変化したのでエネルギー波は消滅、ロボットモードでの支障は殆ど起きなくなった。

なお、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第21話「二人のコンボイ」にも電気回路を持つものを破壊し、なおかつ爆発性のあるコロニアムクリスタルが登場しており、サウンドウェーブが送り込んだスカウトロボがアームで鉱石を掴んだ途端に爆発した他、この危険性に目を付けたメガトロンが偽のコンボイを造り上げサイバトロンを騙して鉱脈へとおびき寄せ、爆発に巻き込もうと企んでいた。

スーパーリンク

星が正常に活動するために必要とされ生命の再生を促す鉱石。宇宙の各地に埋蔵しており地球でも新たなエネルギー源として研究が進められるようになった。
有機生命体には無害だがトランスフォーマーには触れるだけで損傷しエネルギー波を浴び続けると肉体が崩壊してしまうため直接触れることができず回収・利用には捕食し変化させられるテラーコンか(そのテラーコンですらエネルゴン波にはたちまち破壊されてしまう)エネルゴンに完全に適応したトランスフォーマーオムニコンの協力が必要となる。加工したエネルゴンスターを装着すればそれぞれに合わせ調整したエネルゴン波への耐性を得られ、回復剤や武器の複製に使えるようになり提供したオムニコンとテラーコンの有する武装を召喚することが可能。このエネルゴンの有害性を利用したエネルゴン波を放出する「エネルゴングリッド」という兵器が存在する。また、サイバトロンは液体状にしたエネルゴンの治療カプセルも作りだしている。
プライマスはこのエネルギーで構成された肉体を有しておりセイバートロン星に設置されたグリッドのエネルギー源を務めている他、星の地下には液体状の「スーパーエネルゴン」が存在し浴びた者に強大な力を与えるが真の存在意義は宇宙にエネルゴンの恵みをもたらすためであったようでプライマスとユニクロンの創造の力と一体化しエネルゴンの太陽を作り出した。

実写版

2作目から言及されるようになったもの。恒星を破壊しそのエネルギーを吸収し精製されるとされており地球型の惑星を有する恒星がその対象とされる
ちゃんと摂取できれば1万年以上新たに補給せずとも生命を維持できる模様(後述参照)だがそれでも長期に渡って摂取できないと肉体は錆びつくように老朽化、やたら部品が溢れ落ちていき記憶障害が生じるようになり、死に至る。
キューブ状の状態で保存されそれに継ぎ足しされる形で保存される。それに加え膨大な知識を宿した彼らの種族の生命が誕生する源「オールスパーク」としてトランスフォーマー達に大切にされていた。紀元前1万7千年前頃7人のプライム達が新たに精製するため地球に訪れるも一定の生命体が存在する場合精製は見送るルールがあり、地球はその条件を満たしていたがプライムの一人メガトロナス・プライムは地球人の存在価値を認めず精製を強行しようとする。彼の兄弟のプライム達はそれを阻止しようと精製マシンの起動に必要なマトリクスを奪い取り自らの命と引き換えに封印した。メガトロナスはマトリクスを手にするため探索者「シーカー」を送り込み唯一自身の脅威となるプライムの血筋を消し去るためサイバトロン星の戦争を引き起こす。結果星は壊滅状態となりオールスパークは宇宙に消えマシンの設置された地球へ紀元前1万年前頃流れ着いた。行方を追って北極に墜落したメガトロンと共に地球人が発見・アメリカ政府が極秘に保管していたが1作目でオートボット・ディセプティコンが地球に探しに訪れ争奪戦となり、サムがメガトロンのスパークと融合させ双方の破壊された。宿っていた知識の一部はサムの脳を新たな器としその中にマトリクスの手がかりがあったため2作目の戦いが引き起こされ戦いの末マトリクスは発見・奪われマシンは起動されそうになるも復活したオプティマスによりメガトロナス達が撃退された地球は救われた。

プライム

長い戦争で減少し母星の壊滅で脱出することになった際に種族の存続のため、敵に利用されるのを防ぐために両軍により宇宙各地にばら撒かれたもの。青いクリスタル状の鉱石を液体状に加工して利用され初代とは違いトランスフォーマーの体はこれのみをエネルギーとして受けつけ通常の電源では生命活動の元とならない。また、テクノロジーの大半もこれをエネルギー源とする。それ以外にもユニクロンの血液の結晶と言われ、死んだトランスフォーマーをゾンビ化させる性質がある紫色の「ダークエネルゴン」、過去のオートボットが開発していた緑色の「人工的エネルゴン」、戦争中に開発された毒性のある緑色の「毒エネルゴン」、不安定だが精製すればより純度の高いエネルギーを得る事が出来る「レッドエネルゴン」が登場した。

ちなみに日本語での発音こそ「エネルゴン」だが、英語圏ではEnergyを「エナジー」と発音するため、厳密には「エナジョン」が正しい発音となる。

関連タグ

トランスフォーマー エネルギー エネルゴンキューブ

関連記事

親記事

トランスフォーマー とらんすふぉーまー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エネルゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6714

コメント