ピクシブ百科事典

目次[非表示]

G1

建築兵スクラッパー


CV:/吹:石井敏郎ほか
初代アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』から始まるG1シリーズでは、ビルドロンに属するデストロンの一人。ホイールローダーに変形。
一応部隊のリーダー格で設計の名人だが、謙虚な性格である。頭脳労働に携わっており、ビークル後部にデバスターの胸部ウイングを取り付ける事で 「ジェットウイングドーザー」になる。デバスターに合体する際、右脚に変形。

吹替は同作でプロールなどを演じた石井氏が担当したが、初登場時などはサンダークラッカーを演じた島香裕も担当していた。

実写映画版

スクラッパーの休日


実写版2作目『リベンジ』に登場。
黄色のキャタピラー・992Gのホイールローダーに変形。
デバステーターに合体した時は右腕になる。

左腕の鉄球はチェーンで繋がっており、それを伸ばしハンマーのように振り回して戦う。
劇中では逃げるサムとミカエラに対して使用し、二人を追い詰めていた。
同型が複数存在し、デバステーターに合体した個体のほか、NEST部隊と戦う個体が登場。
エジプトでスタースクリームや他のコンストラクティコンと共に、マトリクスを持つサムの追跡に参加していたが、空軍の爆撃を受けて一掃された。
次回作『ダークサイドムーン』にもシカゴ戦にて同型個体が登場したが、他のディセプティコン共々オプティマスに瞬殺された。
ちなみに『最後の騎士王』ではスクラッパーそっくりのオートボット「トレンチ」が一瞬だけ登場するが、これはスクラッパーのCGを流用した別個体である。

アニメイテッド

スクラッパーさんの色気


CV:トム・ケニー/吹:遠藤雅
アニメイテッド』では、オールスパークの破片により誕生した地球製トランスフォーマーで、これまでのG1や実写版と異なりパワーショベルに変形する。

巨体と怪力の持ち主で腕をドリルに変形させることが可能。更にアームにはクレーンのワイヤーが内蔵されている。誕生してからすぐに知り合ったアイアンハイドと友達になるもオイルに釣られてディセプティコンに寝返る。同様にして誕生したミックスマスターに比べ気が弱く、あまり好戦的ではない。第33話のラストでミックスマスター達と離れ離れになった後は、漂流先のダイノボットアイランドで生活しており、オイルでスナールを手懐けペットにしていた。第38話ではサリの協力に応じ、スナールやレックガーと力を合わせてサウンドウェーブと戦った。

演じたケニー氏は同作でもスタースクリームなどを担当、吹替えには『ビーストウォーズ』でスコルポスを演じた遠藤氏が起用された。

関連タグ

関連記事

親記事

ビルドロン びるどろん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スクラッパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27198

コメント