ピクシブ百科事典

キックバック

きっくばっく

キックバックとは、トランスフォーマーに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

G1

CV:クライヴ・レヴィル/吹替え:石井敏郎

デストロンの独立部隊インセクトロンの諜報工作兵で、バッタに変形する。一応はリーダーなのだがまともに活躍した回は殆どない。
バッタの跳躍力を生かしたキック攻撃とサブマシンガンを武器にする。頭にある触角からはサンダーアタックを発生させることができる。

同僚であるボンブシェルシャープネル同様雑食で、の木や穀物を食べることでエネルギーとして利用し、エネルゴンキューブを作ることができる。

トランスフォーマーザ・ムービーではサイバトロンシティの壁を食い破ろうとしたが、ホットロディマスチャーにひき潰された挙句サイバトロンとの戦闘で他のインセクトロンたちと共に負傷し、スタースクリーム達によって宇宙空間に放逐されたが、ユニクロンの手によって改造されスカージ(もしくはスウィープス)として復活した。
だがその後もクローンが生きているらしく、トランスフォーマー2010でも登場した。

『War For Cybertron』シリーズ

キックバック


CV:トロイ・ベイカー

近年では海外で発売されているゲームシリーズ『Fall Of Cybertron』『Rise Of The Dark S
park』にも登場している。他の2体とは異なり名前はG1シリーズと同じだが、『プライム』のビーコンに似た顔など、デザインが大きく変わっている。

インセクティコンの原種の一体で、元々は他のインセクティコン達と同様にセイバートロン星の地下深くに生息していたが、ディセプティコンによってセイバートロン星のコアがダークエネルゴンに汚染されてエネルゴン供給ができなくなったことにより、食糧を求めて地上まで這い出してきた。その後「ダークスパーク」を保管した施設を住処としていたが、ダークスパークを奪いに来たディセプティコン達との交戦の末、その能力を高評価したショックウェーブに勧誘され、他のインセクティコン共々ディセプティコンに加入した。以降はショックウェーブの護衛及び研究の助手として彼に仕えている。

マッドサイエンティストのショックウェーブからも「精神と思考プロセスが異常かつ予測不能」と評される狂戦士で、敵を散々挑発した末に嬲り殺しにするのを好む卑劣漢。また、語尾を繰り返して喋る癖がある。

改造の末に脱獄したグリムロックの戦闘能力を観察するようショックウェーブの命を受け、散々罵詈雑言をグリムロックに浴びせ挑発したが、逆にグリムロックの怒りを爆発させて制御させられていた変形能力を強制解除させるきっかけを作ってしまった。瞬く間にドローンたちを破壊され、慌てて逃げようとするも、反対方向からやって来たスラッグが突き破ったドアの下敷きになってしまった。

CVを担当したベイカー氏は、同作でもジャズなどを演じている。

トランスフォーマーアドベンチャー

キックバック


CV:リアム・オブライエン/吹:泰勇気
第21話に登場。従来のキックバック像とは異なり緑色で、バッタを彷彿させるロボットモードからドラッグカーに変形する。
かつては様々な犯罪に加担していた使いパシリで、そのためか相手に媚び諂う様な敬語で話す癖がある。

スチールジョーの一味に加入させてもらおうとするも、まだ追跡装置が壊されていなかったという理由から、彼ら7体がチームバンブルビーの基地に侵入するための囮にされてしまった。しかしチームバンブルビーが駆けつけると、一瞬の隙をついて脱走に成功した。

第29話にてスチールジョーと再会するも、捨て駒に利用された事を恨んで協力を拒否、代わりにグロウストライク率いる一団に加入するも、腰ぬけ扱いされて信頼は低い。

関連項目

ディセプティコン
インセクトロン

pixivに投稿された作品 pixivで「キックバック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15614

コメント