ピクシブ百科事典

マイクロン

まいくろん

マイクロンとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場する種族である。 アメリカを始めとした英語圏ではミニコン(Minicons)と呼ばれている。 (『トランスフォーマープライム』に登場する金属を貪り食う害虫・ミニコンとは無関係)
目次[非表示]

概要

基本的には『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』『トランスフォーマースーパーリンク』『トランスフォーマーギャラクシーフォース』にて登場した小型トランスフォーマーを指し、これらのシリーズは日本では「マイクロン三部作」と呼ばれている。
通常のトランスフォーマーと同じく、乗り物からロボット変形し、中~大型トランスフォーマーと合体して強大なパワーを引き出す事が出来る。
彼らは言葉を話す事は出来ないが、代わりに電子音を発して相手とコミュニケーションを取っている。(ただし、ウィーリー等ごく一部のマイクロンは劇中で言葉を話しており、後年のシリーズやアメコミ等では普通に会話しているシーンも見られる)

また、これとは別に『Transformers: Classics』、『Transformers: Exodus』、『トランスフォーマープライム』『トランスフォーマーアドベンチャー』にも同名の種族が存在する。

サイズが小さく製作費も安く済んだ為、シリーズを通してアニメ未登場の玩具のみのキャラクターが多数存在し、玩具の販促キャンペーンの景品として無料配布される事もあった。

なお、pixivイラストを検索する際、「マイクロン」だけで検索すると「マイクロン伝説」もヒットするため、マイクロンのみの作品を検索したい場合はマイナス検索をしておこう。また、マイクロンタグがない場合もあるので、マイクロンの個体名で探してみるといいかもしれない。

設定

マイクロン伝説スーパーリンク

チームマイクロンドット


400万年以上前に誕生し、地球へやってきたトランスフォーマーで、マイクロンパネルと呼ばれる板状の物体に変化し眠りについていた。一部好戦的な者もいるものの、基本的には平和主義者である。彼らは中~大型トランスフォーマーと合体する事でエボリューション(パワーアップ)する能力を持っており、サイバトロン・デストロン両軍のトランスフォーマーのパートナーを務めた(メイン画像)。この他にも三体一組のマイクロンチームが登場し、各々の三体が合体して武器等に変形する事が可能である(上画像)。
その特異な能力故両軍の間でマイクロンの争奪戦が展開された。

その正体はユニクロンの細胞から誕生した存在であり、表向きは400万年前に戦場となったセイバートロン星から逃げてきたという経緯を持つが、実際はサイバトロンデストロンの争いを激化させ共倒れさせる為の駒に過ぎず、トランスフォーマーと合体するエボリューションも本来は合体した相手を乗っ取る為のものであった。
そしてストーリーの終盤で並行世界に迷い込んだラッド達は、マイクロン達に利用された挙句ユニクロンに吸収されるという末路を辿ったトランスフォーマー達を目の当たりにするが、地球人の子供達が時空を超えて生まれて間もないマイクロン達と接触した事で彼らに意志と平和を愛する心が芽生え、ユニクロンの目論見は崩れ去る事になる。
そしてマイクロン達はユニクロンに反旗を翻し、集まったおびただしい数のマイクロンは集合体として緑色に輝くユニクロンと化し、ユニクロンを抑える。長くはもたず最終的には散り散りになってしまったものの、サイバトロン・デストロン連合がユニクロンの体内に侵入するまでの時間を稼ぐことには成功した。

ユニクロンとの戦いが終結した後は、一部を除く殆どの個体が新天地を求めて宇宙へと散らばり、サイバトロンの元に残留したエネルゴンセイバーとクリフジャンパーの3体1組で構成された2チームのマイクロン達が続編の『スーパーリンク』に登場した。彼らは主人公キッカーの移動手段や武器として活躍したが、ストーリーが進むに連れて登場回数も次第に減っていった。

ギャラクシーフォース

惑星ギガロニア出身のトランスフォーマーの一種族であり、巨大サイズのトランスフォーマー達と協力し合っている。
第45話「大きな星の小さな町」に出てきた博物館の解説によると、元々ギガロニアのトランスフォーマー達は進化に伴い身体サイズが大きくなる傾向にあったが、巨大化の弊害に直面した結果、もう一つの進化の形として小型トランスフォーマーであるマイクロンが誕生したという経緯となっている。

登場したマイクロンのうち、ホップ(声:桑島法子)、ブリット、バンパー、ルーツ(下画像左の小さいTF)の4名はかくれんぼ中に誤って脱出ポッドの中に入ったまま宇宙で遭難していたところをベクタープライムに助け出され、彼と行動を共にするようになった。
因みに劇中で会話能力を持っているのはホップのみであり、彼は言葉を話せないマイクロン達の通訳に回る事もあった。

時の番人。



トランスフォーマープライム

最初の13人のプライムの一人として、マイクロンの先祖となる存在がいた。
日本版の玩具には、劇中でトランスフォーマーが使用している武器に変形する組み立て式の「アームズマイクロン」が付属したほか、アニメでも本編終了後のミニコーナーとして「アームズマイクロン劇場」が放送された。

アームズマイクロン劇場!!



トランスフォーマーアドベンチャー

小型のトランスフォーマーの総称で、様々な種類が存在する。
この作品におけるサイバトロン星の法律の一つとして、「マイクロンは単体で危険な現場に、無断では出てはいけない」というものがある。未成年者扱いに近いのだろうか。

  • 警備兵タイプ
タイプ下半身が2輪の動輪となったオレンジのヒューマノイド型で、フィクシットなどが該当する。基本は修理用のスパナや溶接トーチが腕から展開するが、赤いビーム上のケーブルや様々な銃火器を内蔵している。
  • ディスク型
オートボット陣営のマイクロンで、ディスク(円盤または手裏剣)に変形する。ジェットストームスリップストリーム、アンダートーンが該当する。
基本は上官のオートボットの腕に装着し、戦闘時に射出される。劇中ではドリフトラチェットサイドスワイプが射出していた。
  • ミサイル型
ディセプティコン陣営のマイクロンで、ミサイルに変形する。ダイブボムエアレイザー、グラシウス&スウェルター、スライスダイス、トーポー、アクシオン&セオレムが該当する。
基本は上官のディセプティコンの腕や肩に装着(クレイジーボルトは口内に収納)し、戦闘時に射出される。劇中ではフラクチャー、レザーパウ、クレイジーボルト、シマコアが射出していた。
  • サイクロン
ディセプティコン陣営のマイクロンで、球体に変形する。ランサック&バックトラック、ブラジオン&クラウト、ハンマー&アンヴィル、バック&フォースなどが該当する。
球体モードでもレーザー銃を展開することが出来、他のマイクロンよりも獰猛であるが、性格は子供並みに幼稚という短所もある。
基本は上官のディセプティコンの腕や肩に装着し、戦闘時に射出される。劇中ではオーバーロードビスククイルファイアが射出していた。
  • ハイパーマイクロン
第四期から登場するマイクロン。武器や防具に変形し、装備者を強化することができるほか、自由に操ることもできる。エアロボルト、バズストライク、ソートゥース、トリケラショット、バッシュブレイカー、ウインドストライク、ランスロンが該当する。
スタースクリーム達から逃れるために遺跡発掘に協力する事を条件にディセプティコンのスカベンジャーズに協力しているが、発掘のためには手段を選ばないスカベンジャーズ達に不満を抱いている。
  • マイクロナス
声:井上和彦
最初の13人のプライムの一人である原初のマイクロン。海外設定では聖遺物「キメラストーン」を使い、他の12人と合体して力を与えたとされている。
精神の世界でオプティマスに聖剣「プライムソード」を渡し、彼が復活するまでの間修行を行っていた。そしてかつての兄弟の一人メガトロナスの復活を感じ取ると、他のプライムたちと共にオプティマスに自分たちのスパークを注ぎ、シュプリームオプティマスプライムとして復活させた。
『マイクロンの章』では、メガトロナスという脅威が去ったことでもう力は不要と考え、オプティマスに注いだ自分たちのスパークの力を回収するも、結果としてオプティマスのパワーダウンを招いてしまった。

こぼれ話

2008年8月に展開された缶コーヒーBOSSコンビニ販売分)におまけとして付属したトランスフォーマーのフィギュアの中に、日本未発売のマイクロンのリカラー品2種が含まれていた。

イラスト

マイ伝アーシーちゃん




関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「マイクロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13839

コメント